思い立ったら何でも全力でトライするよ

中国語の勉強②~勉強してるけど心配だよ。効率的で失敗のない勉強法は?

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

こんにちは、TOMOです。

相変わらず中国語の勉強を続けています。

楽天ブックスで購入した、「たったの72パターンでこんなに話せる中国語会話72」
こいつを携えて毎日戦っています。

 

 

この、「たったの72パターンで○○」という本、英会話版もあるんですが、
レビューがすこぶるいい。

全体の星の数も1~5にばらけていて、ちゃんと建設的なレビューが集まっています。

 

次、英会話を勉強するときはこのシリーズでもいいなと思っています。
サイズ感と、デザインと、ボリュームがちょうど良さそう。

 

で、まあ、今は中国語にしっかり集中しないといけないので中国語について書きます。
勉強している中での気持ちを吐露していきます。

 

 


 

勉強を開始してから1週間が経過した。
勉強が心配になった。

 

まだ難しい!というには早いけど
とりあえずスタートしてみたものの、結構難しくないか?という印象

 

本当にこのまま突っ走って大丈夫なのか?という心配を定期的に払しょくして
なんとか最後までやり遂げたい。

 

 

語学の習得順序

子供が言葉を操るようになるまでの仕組みというのを調べてみました。

 

 

基本の順番は

  • 聞く→話す→読む→書く
  • インプット→アウトプット
  • ソフト→ハード

という流れで習得していきます。

 

 

 

 

 

赤ちゃんの時、「泣く」と「笑う」でしか感情を表現できなかったのが
周りの大人が話している声をひたすら聞き続けることで、何となく認識します。

 

次に、何となく発生してみて、「あーあー」「うーうー」と言ったりしながら
「聞く&話す」で、発音を学んでいきます。

 

何とか発することのできた単語に感動して、
「子供が言葉を話した」と喜ばれ、周りからどんどん言葉のシャワーを浴びせられます。

 

そのうち単語の意味を理解し始めて
会話ができるようになっていきます。このあたりで幼稚園に入ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園に入ると、五十音の書いてあるおもちゃを渡され、
ボタンを押すことで音と文字をリンクさせます。

 

なんて読むわからないけど、「あ」と書いてある文字を押したら
「あ」という音声が出ます。
そこで、「これは”あ”と読むんだ」と認識します。

 

50音すべて覚えたら、絵本を読んだりして、
単語を文字で表すことを覚えます。
これは、「りんご」など。

 

最後に、文字を書き始めます。
「あ」ってどうやって書くのかな?っていうのを勉強します。
覚えたら、カタカナに入っていきます。

 

大体このレベルが終わるか終わらないかくらいのタイミングで
小学校に入ります。

 

 

 

 

これが最も自然な流れ。
生まれてからいきなりひらがなを書いたわけじゃない、
生まれてからいきなり話したわけじゃない

 

たくさん話しかけられて、
色んな単語を覚えて
話してみて、
周りが喜ぶのを見て、
それから文を話せるようになっていきました。

 

そしてそこからは早かったはず。
これが、「あ」なんだとか
「ネ」の書き方が難しいなとか
色々考えながら、小学生の時には割と自由に話せるようになっていきました。

 

基本寝てばっかりで
大人から話しかけられないと音を聞くことができなかった幼児時代と比べて
今は再生ボタンを自分で押して、必要な音を聴くことができる大人は
言語学習において圧倒的に有利な環境にいます。

 

赤ちゃんの場合、生後9か月~1年くらいで、言葉を理解し、発するようになるそうです。
それまでひたすら聞き続けていて、それからやっとです。

 

1週間同じ文章を聴き続けて内容が理解できないくらい問題ありません。
ビビらず聴き続けよう。

 

もう教材は買わなくて十分

今の教材すら聴けない、話せない状態で新しい教材を買ったところで
見た目が変わるだけで能力は上がりません。

 

「本当に理解できているのかな?」と心配になったら
今の時代、無料で何でも音声が聴けますよね。
無料ですよ、活用しない手はない。

 

YouTubeや映画や、アニメ、何でもいいでしょう。
それの中で、知っている単語が出てきたら儲けもの
理解し始めてるってことです。

 

ついでに、日本語で知っている内容のアニメ、映画だったら
日本語との対比ができるので
理解も早くなりやすいんじゃないかなと思います。
これは、2月になったら始めようと思っています。

 

youtubeで、「日本語アニメ 中国語」と検索すると
忍たま乱太郎の動画は見つかりました。
そのうち消されてしまうかもしれませんが。

 

ちゃんと探そうと思ったら、

 

  • ドラゴンボール
  • ちびまる子ちゃん
  • ドラえもん
  • クレヨンしんちゃん

なんかもあるにはあるみたい。

U-NEXTなんかの動画配信サービスなんかを使ったら見つかるかもしれませんね。

 


勉強時間=上達量じゃない

学校にもいましたよね。

めちゃくちゃ頑張って勉強しているのに、
全然成績が上がらない人。

 

昔は頭悪いなあと思っていたんですが、
彼らは頭が悪いわけじゃなくて、
勉強の仕方が上手くなかっただけでした。

 

ある日、突然開花して
大学受験の時にはものすごく成績が良くなっていたとか
ままあることです。

 

しかも、勉強自体は嫌いじゃないから、
一度理解し始めると楽しくてしょうがない!
どんどん勉強し始めます。

 

y=axという、一次関数的に語学力が伸びるわけではなくて、
停滞、開花、停滞、開花を繰り返します。

 

「勉強をこれだけの時間したのにわからない!」と言っているのは
停滞する時期なのか、勉強の仕方が間違っています。

 

ただ語学に関しては、
覚えたフレーズが物を言う世界だし、
言い換え力どれだけあるかの勝負なので
テキスト丸暗記→言い換えの練習をしていけば放っておいても伸びる気がします。

 

文字を読み書きするのは、まだこれからの話。
聞けて、発音できて、それからでいいかなと思ってます。
目標は2月中から。

 

今月はとにかく聞きまくる、
「この単語は○○という意味だ」という気づきと
「疑問文になるとこうなる、否定文はこうなる、時制が変わるとこうなる」というのを
わかるようになるまで頑張りまくる。

 

最初から瞬間中作文をしているので、
日本語を聞いた瞬間にすべて中国語に訳せるようになるのが目標。

 

語学の勉強は数の勝負。ダラダラ勉強をやめる

ちょろっと聞いたところで「聞こえない」
ちょろっと音読したところで「覚えられない」

 

当然です。

 

私もつい昨日までは
「俺は頭がいいから3回でも5回でも読めば覚えられるだろ」と思っていましたが
全然そんなことなかった。

 

初めて知ること、つまり「ゼロ→イチ」をするためには、
そんな回数じゃ足りませんでした。

 

赤ちゃんが9か月の間、しゃべらず聞き続けているんです。

何百回同じ単語を聞き続けたんでしょうね。

 

私たちも、意識して100回くらい音読してから、「覚えられない」と言う資格が獲得できます。
効率を考えると、ただ読むんじゃなくて
ガチで暗記するつもりで短時間でやり切ることが良いのかな。
例えば瞬間中作文をやるなら
「私は明日ご飯を食べません」と聞いたとして
「我明天不吃饭」(ウォー ミンティエン プー チーファン)みたいに言うのかな?と
予測してから聴いてみる。

 

これをずーっとやり続ければ、きっと忘れないと思うんだ。
人によっては、ほかの言語では、300回音読してやっとスタートラインと言っていました。
まあ、人生長いんだし、いつか300回発音するでしょ。とは思いますので、
とりあえず、連続でガガガっと詰め込むのが吉と思ってます。

 

72パターンのフレーズを全部聞くとすると大体1時間くらいかな?
なので、1日2周で2か月、1日3周で1か月で目標達成できますね。

 

 

とにかくやってみてから考えよう。

やり始めてみると、悩みなんて無限に出てきて、
本当に大丈夫かな?っていうのもあるんですが

 

ニュースピックスで記事を読んでいたら、勉強のコツに関する記事がありました。
最初にぶわーっと流しちゃう。
2回目からは、「聞いたことあるな」という感覚を大事にすると
アレルギーなく頭に入ってきます。
やろうとしていることは間違っていなかったなと、安心できました。

 

 

まずは100回音読してみる。
そのためにはまず1周通して音読してみる。
いまはまだ1周目を音読している状態。

 

まだまだこれから!頑張ろう。

 

 

私が使っている参考書はこれです。

一緒に勉強頑張りましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.