思い立ったら何でも全力でトライするよ

プロフィール

avatar

こんにちは、TOMOです。

 

 

はじめまして!

サラリーマン向けの記事を書いていたり、筋トレや健康の記事を書いたり、中国語勉強の記事を書いたり、「お前は一体誰なんだ」というのが掴めないかな?と思いましたので、今までの事をまとめてみました。

 

 

avatar

まずは自己紹介

名前:TOMO

趣味:野球(草野球では内野手)、野球観戦(プロ野球が大好き)、ダーツ(一時期プロを目指していました)、ボウリング(ハイゲームは280、最近は130くらいです。)

Twitter:

 

リムは後でもできます。とりあえずフォローしてください。

 

スポンサーリンク

社会人1年生~現在までの足あと

<2015年~2018年 11月まで>

愛知県の自動車関係メーカーで設計職をしていました。
図面を描いたり、「こういう形状が作りたい!」という構想を立てるのがメインのお仕事です。
日本のモノづくりの根幹に携わるような機械を作っていたりしていました。

 

「平日は早寝する」、「週末は趣味に思いっきり使う」を信条に、

手作業→自動化」、「自分の仕事→プロに任せる

を強力に推し進めていった結果、「あいつは骨がある」という謎の評価をいただきました。

その結果、社内の最も過酷な部署に突然異動になり、残業過多のため心が不安定に。

 

やりたい仕事をすき間時間にこっそり着手する暇すら与えられず、代わり映えのない毎日に退社を決意。今までの努力の過程などをブログに書くようになりました。

今でも結構読んでもらえる記事がこれ

 

働き方改革によって残業時間制限がされると、必ずオーバーフロー状態になります。対処法としてやるべき事は、「あなたがいなくても回る仕組みを作る事」です。

 

スポンサーリンク

 

 

<2018年 12月~2019年 2月まで>

地元の同級生から、「起業しよう」と持ち掛けられ、会社員時代に勉強したエクセルVBAにて雑魚プログラムを量産して、一つのシステムを構築していました。

 

たくさん勉強にはなったけれど、1円も報酬は貰えず経費はすべて持ち出し。最終的に動くソフトを完成させて、「これで終わりにします」と宣言。頑張れば月10万円くらいは貰えるという話だったので頑張っていましたが、最終的に報酬は0円でした。

 

同級生に期待することをやめて、趣味としてブログ記事を量産しました。冬は草野球が休みの季節なので、肩のリハビリトレーニングも始めました。

悩んでいる人のためにもなりたくて、自分を実験台にしてリハビリトレーニングをしました。

結果は、「ボールを軽く投げられるようになるまで3か月」、「8割の力まで半年」で回復できる事がわかりました。

 

 

 

<2019年3月~現在>

貯金も底を尽き始め、そろそろ仕事をしないとやばいなと思っています。

 

ずーっと紹介をお願いしていた知り合いから、中国で働かないか?と誘いを受けました。職種は設計とのことですが、スキルは全くないので、「わかりません」と中国語で伝え、教えてもらったことを理解できるレベルまで鍛えておかないと生きていける気がしません。

 

そのために中国語の勉強を急ピッチで開始。HSKの勉強を始めるため、教材をまとめて15,000円分くらい買いました。マッハで勉強します。

 

スポンサーリンク

考えていること

サラリーマン時代、副業解禁が叫ばれるようになって周りを見てみると、世の中には楽しそうなお仕事があふれていることに気が付きました。

  • ゲーセンでひたすらメダルゲームをやり続けるお仕事とか
  • 草野球をしながら、野球の普及に携わるお仕事とか
  • 美味しいものを食べまくるお仕事とか
  • ひたすら気になる商品を手に入れるお仕事とか

みなさんすごく楽しそうにお仕事をされています。

 

当時の自分の職場はどうなの?というと

 

  • 寝不足で体調悪そうに残業していたり
  • 電話口で怒鳴っていたり、
  • いつも反省文を書かされている人がいたり
  • 社内で転職の話題やら会社の悪口を言う人がいたり

とても楽しそうに仕事をしているようには見えません。

 

将来私たちの子供が、こんな状態の私たちを見た時に、「お父さんみたいになりたい」と言ってくれるでしょうか?きっとならないですよね。

2017年と、ちょっと古いデータですが、日本FP協会の発表している「小学生のなりたい職業ランキング」にあなたのお仕事はありますか?

日本FP協会より引用

 

これらのお仕事って、子供たちに笑顔や夢を与えてくれるお仕事だと思います。子供たちは、自分たちに笑顔をくれるお仕事や、単純に格好いいお仕事に憧れます。

「僕は将来○○になりたい」

この中に、私たちのお仕事を選んでもらうために、私たちは頑張るべきじゃないでしょうか。

 

 

人が起きてから寝るまでの間に、会社に拘束されている時間って10~15時間くらいあると思うんです。人生の2/3です。という事は、人間は起きている間仕事をしている。

そう、「人生=仕事」なんです。

人生を幸せにするためには、仕事で幸せを感じなくてはいけない。仕事をしていると幸せになれるという状況、これが本当の働き方改革です。

 

私の将来の夢は、
自分の影響力の及ぶ範囲の人みんなが、毎日笑顔で、人生って楽しい!って言っている世の中を作りたい。
私が何でも楽しそうに物事に挑戦することによって、みんなに勇気を与えたい。そういう大人になっていきたいと思っています。

 

 

見ていただいてありがとうございました。
どうぞゆっくりと時間を過ごしていってください。

 

2019年 某日 TOMO

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2018 All Rights Reserved.