ブログは何記事書けばいいですか?への回答【100日以上連続で更新したら分かる】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

「ブログで稼ぐにはまず100記事書きましょう。」

色んなサイトでも紹介されている、初心者向けの定番の回答です。

盲目的に続けてみた結果思う事。

「え、全然稼げないんだけど」

うん、そうなんです。ブログって100記事書いても稼げないんです。

 

ではなぜ、100記事書こうっていう話が一般的に言われているのかな?実際に300以上の記事を書き、120日を超える連続投稿をした私が、その理由を考察しました。実際に経験してからの考察ですので、ある程度の信頼性はあるかなと思っています。

 

ブログは何記事書けばいいですか?への回答【結論:100日以上連続で更新したら分かる。最低100記事】

こんばんは、TOMOです。
ブログ更新は連続120日くらい。総記事数は350記事くらいです。収益は月間5000円くらいです。

 

ブログで稼ぐには何記事書いたらいいですか?という質問の回答ですが、私の答えは、「100記事書くんじゃなくて、100日連続で更新するとわかるよ」というものです。

100記事は結果のための戦力じゃなくて、次の戦略を立てるためのデータです。

100記事書いたら即収益が上がるんじゃなくて、この後に立てた戦略に沿って記事を書いていくと、収益が出始めるという性格のもの。

そして、私が思うのは100記事じゃサンプルと時間が足りなすぎるけど、100日連続で更新してみると見えてくるものがあります。

それは、「自分はどんなジャンルに向いているか」ということ。

 

なぜ100記事じゃなくて、100日連続で更新なのか

「ブログを始めたら、まず100記事を投入してみましょう」とよく言われますが、ただ100記事を書いただけじゃ意味がないです。

 

じゃあ、どうやって100記事を投入するのか?それは、100記事に到達する期間を気にする事。可能な限り最短で100記事入れます。

100記事書くのに、人によっては3か月だけど、人によっては10年かかるかもしれません。10年かかって100記事しか投入できない人だと、おそらく一生かかっても時間の無駄にしかなりません。

 

しかし、100日連続更新だと、最低でも3か月は毎日ブログと向き合わなくてはいけません。そして、100日連続で更新していると、絞り出さないとネタが出てこなくなります。

この、搾りカスみたいなネタで書いた記事が、あなたのブロガーとしての資質を測れるものになります。

 

ブロガーとしての資質を測る、100日連続更新【得意なジャンルは何ですか?」

 

「100記事書いてください」と言われれば、100記事書くことがゴールになります。そして、収益が出なくて挫折します。

 

でも「100日連続で更新してください」といわれると、知恵を絞ります。

 

  • 休日に頑張って4記事書いて、翌週分をストックしたり
  • この飲み会はネタにならないかな?と思いながら参加したり
  • 勉強会は絶好の取材の場だと思ったり
何か頭を使ってブログ記事を書くようになります。

 

そして、楽しくなってきます。

 

もちろん、これだけじゃ結果は出ないんですが、成功するための秘訣の一つに「成功するまで続ける事」というのがあります。楽しいというプラスの感情のままにブログができれば、それは成功への一番の近道だと、私は思っています。

 

100日連続で更新していると、ネタに詰まる【これが成長への大きなチャンス】

残念なことに、100記事だけを目標にしてはいけません。あくまで目安。理由は、書けるネタが多い人は、単純に100記事書いても何も起こらないからです。

 

実際に私がそうでした。100記事書いても何も変化なしでした。

いくらでも記事が書けるので、100記事書いてみても何にも成長を感じませんでした。しかも低品質の記事を量産していました。

なのであと3倍継続してみました。若干だけど、変化が見えてきました。

総記事数で300を超えて、毎日更新が100記事連続を超えてくると、ネタを探さないと書けなくなりました。この時、やっとの思いで絞り出せたネタが、自分が最も得意なジャンルで、しかもライバルも少なく戦いやすいジャンルになります。

 

例えばブログを始めると最初に書きたくなるのが、「ブログ初心者向け講座」の記事。

サーバーやドメインの契約の方法から、ワードプレスでの記事の投稿について、覚え書きのような記事を書きます。でもこんな記事、探せばいくらでもあるので、価値は1ミクロンくらいしかありません。

 

でも、100日以上連続で記事を更新し続けていると、さすがに「ブログ初心者向け講座」のようなネタではなくなってきます。

ある人はプログラミングについて特化しているかもしれないし、ある人はトレンドに特化しているかもしれない。いかにしても、「ライバルが徐々に少ない市場」になっていきます。

 

そして専業アフィリエイターを目指すのでなければ、継続しやすいように、ストレスなく続けられる興味のある分野で記事を書きつつブログを伸ばすのが良いです。

だから、搾りカスみたいなネタで、100日以上連続更新してから方向性を考えよう。

自分の得意分野を探すための100日間です。

 

100記事くらい書かないと戦略が決められない【データ集めとしての意味合い】

「つべこべ言わずに100記事書きなさい」といわれる理由には、もう一つの意味合いがあります。

それは、データ集めとしての意味合い。

 

初心者が100記事くらい書くためには、大体3か月くらいかかります。そして、Googleの検索結果が安定してくるのにも、3か月くらいかかります。だから、「余計なことを考えずに、100個のデータを取りなさい」という意味合いでの100記事というのもあります。

 

そして100記事くらい書くと、1個や2個くらいはレギュラーを張れるコンテンツが出てきます。

 

  • なぜ、検索順位が上位なのか
  • どんな検索クエリでヒットしているのか
  • どんなジャンルがよく伸びているのか
この辺を考察できるデータがそろい始めてきます。

 

ここで初めて、記事のリライトに手を出してみたり、自分の進むべき方向性を決めていくのが良いんじゃないかなと思います。

 

 

私もここまでさんざん迷走しましたが、やっとのことで進む方向を決めました。

  • 今後仕事にしていきたい「中国語」
  • サラリーマンの悩みを解決したい「働き方改革」
  • そして、大好きな中華製品「ガジェット」

この3つをメインにして、今後記事を書いていきたいなと思っています。もちろん、全然関係ない記事も書きますが、とりあえず各コンテンツ100記事くらいは投入していきたいなと思っています。

 

 

SEOとか気にせずにまずかける数だけ記事をぶっこむ【100記事投稿のコツ】

100記事投稿のコツですが、最初のほうはどうせ書いても誰にも読まれないので、SEOとか気にせず書きたい記事をブッ込み続けると良いです。

最初からキーワードを選定して記事を書こうと思っても、思ったように筆が進まないし、どうせ書いても検索順位トップにはなれません。それよりは、まず適当に100記事くらいブッ込んどいて、後日記事を書き直す方が、早くブログの質を上げることができます。

 

検索キーワードを選定しようとすると、使うツールが大体同じなので、出てくる結果も人によって変わることがほとんどありません。となると、ドメインパワーが強い先輩方のほうが記事が上位に来るに決まってる。記事も読みやすいし。

それで頑張って挫折するくらいなら、以下の方法を試してみてください。

 

初心者が先輩方に勝つための方法【視点ずらし】

キーワードを狙って記事を書いても勝てないし、消耗するだけなので、弱者は弱者なりに戦いましょう。

  1. 記事をとにかく大量に投入します。
  2. 数か月後、読まれている記事をサーチコンソールで探します。
  3. 検索クエリをチェックして、それに沿うように記事をリライトします。

この3ステップだけです。本当にこれだけです。

 

もちろん、最初にきちんとキーワードを選定して、後で見直す方が質の良い記事はたくさん生まれますが、初心者にとって大切なのは質よりも量です。

まずデータ取りをして、そのあとに自分だけが得られる情報「検索クエリ」を使って記事を書き直すと、先輩と違う味の出た記事が書けるようになります。

これが、あなたが情報につけられる唯一の付加価値です。

 

検索クエリは人によって変わるので、それに対応してあげることで、あなたが唯一の情報提供者になれる確率が出てきます。これを繰り返していけば素敵なブログに仕上がると思いませんか?

是非やってみてください。お客様目線で常に改善マインドです

 

100日くらいブログと向き合っていると、コアアップデートに引っかかる【これも成長のチャンス】

毎日毎日、一生懸命にブログを更新していると、3か月に1度くらい行われる大きな検索エンジンのアップデートにぶち当たります。

で、運が悪いとPVが一気に落ちます。

これを経験すると、ブロガーの取る選択肢は2つ。書き直すか、辞めるか。

 

最近のトップブロガーたちは、このアップデートに振り回されたときにリライトする記事が多すぎて、「やってらんねーよ」ということで抜けていく人が増えました。

これがチャンス。弱者でも勝てるチャンスが出てきましたね。

 

そして、アップデートに引っかかってもめげずに質を上げていけば、いずれPVは戻るし、今までよりも強いブログに育ちます。例えていうなら不況に耐えた会社みたいなもんですね。

 

私も、9月末のアップデートによって、PVが半分に落ちました。

 

でも、めげずに更新したら、少しだけ回復しました。

まだ7割程度しか回復できていませんが、でも徐々に回復しているので、そのうち伸びるんじゃないかな。

そして、こういう経験があって初めて、記事のリライトの仕方を考えたり、noindexや301リダイレクトを勉強し始めます。

あきらめずに対応して、もう一度右肩上がりの軌道に乗せられれば、あなたのブログはさらに強くなるし、愛着も湧くようになるでしょう。

 

毎日連続更新が100日になると、ブログの方向性が見えてくる。【特化か、雑記か】

最後に、よく聞かれる質問のもう一つに「特化が良いですか?雑記が良いですか?」というものがあります。

結論を先に言うと、初心者は圧倒的に雑記が良いです。

 

どうせ上手に記事が書けないのに特化型にしても、結論のない記事になったり、薄い内容になったり記事自体が書けなかったりして、全然ブログが育ちません。とても継続しづらいです。
対して雑記でブログを書いていると、記事を書くこと自体はしやすいです。

そして、特化が良いのか雑記が良いのかを悩んでいるくらいなので、特化したい内容も決まっていないはず。

なら雑記の方が良いです。

 

雑記で記事を更新しづづけていると、あなたの得意分野が見えてきます。「書きたいジャンル」と「集客できるジャンル」の2つが見えてくるかな?

「書きたいジャンル」と「集客できるジャンル」の2つが見えてきてから、徐々に特化気味になっていけばいいんじゃないかな?と私は思っています。

 

過去の記事もあなたの大切な資産ですので、消さず残して、メニューの端っこにでも残しておけばOK。楽しいのはここからで、「どんなカテゴリに絞ろうかな」とか、「メニュー画面はどう作ろうかな?」とかワクワクしてきます。

 

 

そして、100万分の1の存在になるように、カテゴリは3つくらいに絞れればいいんじゃないでしょうか。

各カテゴリで検索結果1ページ目に表示できる黄金コンテンツをいくつ作れるかが、あなたの今後の集客の肝になります。

1日100PVの記事が5本あれば、全体ではたぶん1500PVくらいとれるようになりますので、アドセンスで月1万円を目指すならこの辺が目標になるんじゃないでしょうか。

 

ここまでくればもう、毎日連続更新に拘らなくても大丈夫です

あとは質を上げていけるように、1記事当たり2000~3000文字くらいだった人は、5000文字かけるくらいのコンテンツボリュームにできたら、今後あなたのブログはどんどん伸びます。

 

メインカテゴリで集客できるようになれば、あなたの専門性や権威性が強くなっていきます。

そして、1000PVの記事1本よりも100PVの記事を10本作るほうがポートフォリオ的にも良いし、初心者が狙いやすいので、まずは1日100PVとれる記事を量産できるように、コンテンツの質を上げていきましょう。

 

私もこれからも頑張ります。この記事が私の後を走っている人の参考になれば、幸いです。

 

 

<以下、おすすめ記事です>

今の時代を生き残れるのはレアな人間のみ。100万分の1の人材になれ

PVが急降下した時に思う事。【何のためにブログをやっていますか】

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.