HSK4級合格点までの標準勉強時間【基礎に2.5か月、テスト対策に2か月】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、TOMOです。
中国で仕事をするので、日々中国語をトレーニングしています。

 

現在の中国語レベルはHSK4級。
短文のチャットの返信を、ゆっくり単語を調べながら返信できるレベルです。

会話の方は、英語と中国語を混ぜながらそれなりに日常会話を楽しめる程度です。

 

先日無事にHSK4級に合格したので、合格発表のスクリーンショットを貼ります。

一生懸命勉強した听力(リスニング)が一番点数が高かったのが嬉しい。

 

こんな人に読んで欲しい
  • これから中国語を勉強する人
  • HSK4級合格までの勉強期間を知りたい人
  • 中国語の勉強にはどれくらい時間かかるの?という基準を知りたい人

 

HSK4級の合格点獲得までの勉強時間【基礎に2.5か月、テスト対策に2か月必要】

中国語知識ゼロからHSK4級を合格するために
勉強時間は平均で4~5か月くらい必要です。

早い人では1か月とか2か月という人もいましたが、恐らく優秀。
基本的には半年くらい見ておいた方が無難かなと思います。

 

一応参考記事。
お二方とも4か月~5か月で合格していますし、
私も彼らの記事を読んで勉強頑張れました。

HSK4級の勉強時間は?【私が4ヶ月で合格した勉強法】
4.5ヶ月で合格!HSK4級の難易度は過去問をやりこむだけ。単語数は1200程度

お二方とも共通しているのは、
とにかく量をこなせという事。私も完全に同意です。

 

とはいえ、量をこなすのが一番難しい。なんといっても難しいし、飽きるんですよね。

 

だから基礎に2.5か月かけて、シンプルな参考書を勉強する事をお勧めします。

思考停止で良いのでとにかく聴く、真似する、シャドウィング。
慣れてきたら日本語→自分で瞬間翻訳→シャドウィングをすると文を完全に覚えられます。

 

 

本の説明とかは一切読まなくてもOK。
例文と音声だけで勝手に文法知識が身に付きます。
これくらいなら、少しの根性で結構続けられると思います。

 

その後にHSK4級の問題集をいきなりやるか、
もしくは低位級から肩慣らしするか。
どちらにせよ4級は難しくて一週間くらい悶えます。

でも大丈夫。問題を覚えるくらい問題を解きまくって
出てきた知らない単語は覚えて
瞬間で訳せない文は中国語を暗記して
ってやってるうちに覚醒します。(本当)

 

HSK4級は、単語数が物凄く多い。耳慣らしと作文に時間がかかる

HSK4級では、単語数1200語程度の知識が必要です。
ちなみにHSK3級では、600語なので、語彙力が倍になりました。

知らない単語は地道に暗記していくしかありません。
よく使われる単語から順番に覚えていけば、無駄なくHSK用の単語が覚えられます。

 

HSKの一番の難所、听力(リスニング)

HSK4級の難所が听力試験。
マジで何言っているかわかりません…..。

問題文スクリプトを覚えたり、問題文を3回リピートしても解答ができません。

 

リーディング試験は漢字が使われているので
意味が半分くらいは分かります。

リスニング試験は聞いた事もない音が流れるので、
最初は雑音並に耳に残らない…..。

 

でも「これは言葉なんだよ」と脳に暗示をかける事で
本当に徐々に、一歩ずつ聞こえるようになっていきます。

 

目標は音声を1.1倍速~1.2倍速で再生しても8割程度正解できるレベル。
ここまで行けば、実際の試験も同じくらい点数が取れます。

 

 

そしてもう一つの難所が作文、书写

HSK4級には作文試験があります。
並べ替え問題と、自由作文です。

 

並べ替え問題は、把構文が必ず出るのでマスターしておくこと

とはいえ把が出てきたら
把+目的語+動詞っていう形にしておけば正解できるはずなので
そこまで気負う必要ないです。

自由作文は模範解答を丸暗記でOKです。

自由作文を採点してくれる友達がいれば別ですが
中々そうもいかないので、自己採点するだけ時間の無駄になります。

先に、正しい文法を使った文を覚えて、そこから単語を変えて派生していく勉強法をした方が早くて確実です。

 

試験勉強に必要なのは問題集だけ。出てきた単語を全て覚えよう。単語帳例をプレゼント

基礎の勉強は、前述のたったの72パターンでこんなに話せる中国語会話でOKです。

他に必要なのは、HSK4級用の問題集だけです。

私も単語帳を手に取ってみたりもしましたが、「問題集から離れる恐怖」の方が強くて、3日経たずに辞めました。

単語は、問題集からそのまま覚える方が精神衛生上も良かったです。

 

おすすめの問題集はこれ。

むしろ、「これ一冊で良かった」と思えるほど素晴らしい問題集でした。

一応、公式の問題集も買いましたが、
こちらの問題集の方が問題が難しいので、逆に良い。

 

HSK3級程度の実力があるならHSK4級の勉強は最短1か月で間に合いますが、
ゼロから勉強するとなると、2~3か月くらい見ておくのが無難かなと思います。

 

単語の勉強は、新HSK10回合格模試に出てきた知らない単語を丸暗記。
訳せない例文も丸暗記。

これだけで十分です。

単語集作ったので参考に使ってください。

HSK4級単語集(エクセル)

 

HSK4級の難易度はTOEICで言う300点レベル。勉強時間をかけずぎず、集中して合格しよう

HSK4級合格はゴールじゃなくてあくまで通過点です。
というのも、
HSK4級の会話レベルををTOEICに例えると300点くらいなので、
このままじゃ会話がままならないですよね。

 

大切なのはここからで、
HSK5級を勉強するか
会話に注力するか。

私は後者が良いかなと思います。

HSK4級は俗にいう「ゼロ→イチ」なので、
一旦中国語の楽しさに触れるのが、長続きするコツです。

 

HSK4級はまだ通過点です。ここからが楽しくなるところ。時間をかけすぎず、確実に合格しましょう。

アドバイス、相談など受け付けています。@try_tomoをフォローお願いします。

 

こちらのブログでは、他にも中国語の勉強について発信していますので、良かったら覗いてみてください。

中国語コラム

 

<以下、おすすめ記事です>

【ガチなら最短1か月】HSK4級の勉強法。おススメの問題集とその使い方

HSK4級で扱える中国語会話のレベルは、中学英語くらい【結構伝わる】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.