HSKの単語で悩まない。 スペシャルな単語帳

単語暗記の決定版!HSK各級対応PC用アプリ発売中

上位級は現在作成中です。2019年は4級まで公開予定!

単語は書いて覚えるべき?

答えは立場によります。
勉強に割ける時間が多かった過去の学生時代であれば、一つの正解でした。書くことによって、目と耳と、身体で覚える事ができると言われています。でもそれは、時間のある人向けの勉強法。

しかし忙しい現代人や、ましてや社会人であれば、書いて覚えるほど言葉の勉強に割く時間は多くありません。
言葉は伝えるための手段でしかなくて、言葉の勉強そのものを追求する物ではないのです。

 

書いて覚える勉強方法は、書くことによって身体の様々な場所に刺激を与えるから効果的と言われてきました。
しかし、時間のない現代人にとって、刺激が多いという理由で「質」ばかりに拘っていると肝心な使える技術を鍛える「量」が不足します。
私たちが英語を苦手なのは、一生懸命に単語帳や長文を読み込むのに時間を使った結果、アウトプットに掛ける時間が足りず、そのまま苦手意識を持ってしまったことにあります。

 

あくまで言葉は伝える手段、そして単語はそのための材料です。
中国語における単語の役割は、正確な漢字を書いて相手を喜ばせる芸術ではなくて、気持ちを伝える手段です。漢字の「とめ、はね」や線の本数は後に身に付くものであり、先に身に付けるべきは漢字の意味と、ピンインでの入力能力です。

現代であれば、物を伝える時に「手書き」という手段をあまりとりません。
基本はデジタル文字。パソコンのキーボードかスマホの入力です。そこに必要な能力はピンインと、単語の意味。伝えるためには日本語と中国語とピンインが分かれば事足りませんか?

HSK単語帳に込める思い

最終的に海外の人と心から通じ合うためには、文字を書いてのコミュニケーションも大きな効果があります。自国の字を丁寧に書いてくれる外国人がいたら、それは間違いなく嬉しいはずです。
よって、最後のゴールとして、手書きもできるレベルを目指すのは素晴らしいゴールです。

しかし言語学習者の当面の課題は「言いたい事を伝える」という能力なので、順番としては優先度低めで行きましょう。

 

 

今回提案する単語帳は、あくまでシンプルに。
いたってシンプルに、「表で単語を覚えて、テストで解答して、覚えるまで何度も繰り返す」という方法。中学1年生で初めて英語を勉強した時、単語は何度も小テストを繰り返して覚えたと思います。

書いて記憶するというよりも、テストでのアウトプットによって、記憶が定着します。そう、大切なのはアウトプットする事。

 

授業でもセミナーでも、一番勉強になるのは一番先頭に座っている生徒ではなく、実は教えている先生の側だと言われています。それくらい、アウトプットは勉強において必要な行為です。
(参考:StudyHacker 「記憶が強化される、知識が整理される! 確実に記憶に残す、2つの「アウトプット勉強法」」)

 

 

まずはお試し。体験版公開中

三原JAPANの中国語覚え歌を題材にした中国語暗記アプリも作りました。(無料です)

台湾に旅行に行くならこれを覚えるべし!
っていうのが歌になっています。

これを使った単語暗記アプリをこちらの記事の真ん中あたりで紹介しています。

サンエンJAPANの中国語覚え歌。台湾の観光で使える中国語は歌で完璧!

 

李姉妹chの単語聞き流し動画を使った中国語暗記アプリも作りました。(当然無料です)

中国語初心者はこれを覚えてマッハでゼロイチをすべし!小学校入学前~1年生レベルを教えてくれます。

アプリでは第1課の聞き流し動画を参考にしています。記事の下の方でDLできます。

中国語初心者向け。独学勉強方法の新しい形。YouTubeで李姉妹を見よう

 

ココナラでも販売しています

HSK1級

HSK1級のPC版単語帳アプリを販売します HSKの単語は書くんじゃない。テストでアウトプットして覚える

HSK4級

HSK4級のPC版単語帳アプリを販売します HSKの単語は書くんじゃない。テストでアウトプットして覚える

HSK2級

HSK2級のPC版単語帳アプリを販売します HSKの単語は書くんじゃない。テストでアウトプットして覚える

HSK3級

HSK3級のPC版単語帳アプリを販売します HSKの単語は書くんじゃない。テストでアウトプットして覚える

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.