中国で学ぶ新しい働き方

【保存版】中国語を話せるようになるためのロードマップ公開中【全部無料です】







中国語の独学勉強法【大切なのは、ゴール設定です】

WRITER
 




<最短で中国語を勉強したい人必見>

中国語にも、ライザップやPROGRITのように、「コーチング」があります。あなたの中国語にコミットする、最強のパートナーです。

中国語を最速で勉強する方法は「短期間で一気に自習すること」

中国語の最速勉強方法は「短期間で一気に自習すること」

私自身中国語コーチングの経験者ですが、

2020年6月現在HSK4級だったのが、2020年9月現在ではHSK6級合格ライン

たった4か月で中国語レベルが急成長しました。

 

この記事で紹介するMUTでは、「実用的な中国語」を学べるカリキュラムを提案してもらいました。また機会があれば、時間を見つけて受講したいなと思っています。

 




<最短で中国語を勉強したい人必見>

中国語にも、ライザップやPROGRITのように、「コーチング」があります。あなたの中国語にコミットする、最強のパートナーです。

中国語を最速で勉強する方法は「短期間で一気に自習すること」

中国語の最速勉強方法は「短期間で一気に自習すること」

私自身中国語コーチングの経験者ですが、

2020年6月現在HSK4級だったのが、2020年9月現在ではHSK6級合格ライン

たった4か月で中国語レベルが急成長しました。

 

この記事で紹介するMUTでは、「実用的な中国語」を学べるカリキュラムを提案してもらいました。また機会があれば、時間を見つけて受講したいなと思っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2020年は予期せぬ日本待機でくすぶりましたが、その間に中国語能力を大きく伸ばしました。 今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・中国語×働き方の組み合わせ をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

avatar

中国語の独学の勉強法を知りたい
独学してもきちんと中国語が身につく勉強法はないかな?

こんな疑問にお答えします。

 

この記事でわかる事
  • 中国語の独学の勉強法
  • 中国語発音の独学の勉強法
  • 中国語単語の独学の勉強法
  • 中国語文法の独学の勉強法
  • 中国語作文の独学の勉強法

目指すレベルは、HSK6級です。今私も独学で勉強しているので、いくつか参考になる部分があるはずだと思います。

なお、HSK6級合格までの道のりはTwitterにて発信しています。

Twitter(@try_to921mo)

 

結論から言うと、中国語を独学で勉強することはできます。

HSK6級でも、独学で受かることはできます、が、モチベーションの維持が課題になります。

中国語を勉強した先のゴールはどこか
何をどれだけ勉強したらいいのか
どの勉強をしたら何につながるのか

こういった、「目的」を強く意識しながら勉強すれば、モチベーションが枯れたときも何とか戻ってこれます。

 

中国語の独学の勉強法は、「自分との闘い」です。

 

中国語の独学勉強法【コア能力は4つ】

 

中国語の独学の勉強法について紹介します。

中国語を独学で勉強する時は、「いま、何の能力を鍛えているのかな?」というのを意識しながら勉強すると、何も意識しないときに比べて勉強に対する集中力が強くなります。

また、勉強時間の偏りを把握することで、自分の苦手なスキルを伸ばすために必要な時間を認識することができます。

 

中国語のコア能力

中国語のコア能力は4つあります。

独学する時に気を付けるべき中国語のコア能力
  1. 発音
  2. 単語
  3. 文法
  4. 作文

 

日常会話で言えば

日常会話で問われる中国語能力

作文力=単語+文法+作文経験
スピーキング力=発音+作文力
リスニング=発音+単語+文法

という感じで分解できます。この後最終的に「リスニングの経験」が不足していると感じたときにリスニングを集中的に鍛えるみたいな感じになっていきます。

 

また、HSKの能力で問われるのは

HSKで問われる中国語能力

リスニング
読解
ライティング

ですが、分解すれば結局上記4つのスキルに分解できます。

 

 

リスニング力=発音+単語+文法

読解力=単語+文法
ライティング力=単語+文法+作文経験

これらの能力をバランスよく鍛えれば、HSKの対策もできます。

 

 

中国語を独学で勉強する時に気を付ける事【毎週のゴール設定】

中国語を独学で勉強する時に気を付けることがあります。それは目的の設定です。

 

長期の目標、中期の目標、短期の目標っていう感じで分解していくと、最速最短を狙いながら勉強ができます。

言い換えれば、「目的」「目標」「計画」ですね。

 

目的は、「中国語を勉強した先に何を達成したいのか」という夢、野望みたいなもの。
目標は、「目標を達成するために必要なツール」、中国語でこれが言えるみたいなもの。
計画は、目標を分割して、週間、日々のタスクに分割したもの。

こんな感じです。

 

例えば私の場合は

目的:中国のトレンドを日本で仕込んで、日本の第一人者になる
目標:中国人の友達を作る、中国のニュースを素早く仕入れられるようになる
計画:2か月でHSK6級に手が届くように勉強する

こんな感じですかね。その後、日々のタスクとして「音読」「作文」「ディクテーション」なんかを勉強しています。

 

 

目的を決めることのメリットと目的がないことのデメリット

目的を持っていると、「これまでにこれが必要で、それまでにはこれが必要で…」と、逆算思考で物事を考えられます。問題解決思考やマーケティング思考ともいわれます。
特徴は「全体を知ったうえで、必要なスキルを身に付けていく」という考え方です。時間がない社会人にとって、勉強の助けになります。

 

逆に目的を持っていない勉強法だと、1+1+1+1+…と、小さな1を積み重ねていくやり方になります。この思考で勉強を始めると、ゴールが見えず、「いつまでこの苦痛を続けなきゃいけないのか」と挫折の原因になります。
ゲームやスポーツの習い事など、趣味にあたるものはこの考え方が良いですが、勉強には当てはめ辛いなと、個人的には感じています。

 

 

次の章からは、中国語のスキル別の勉強法を紹介します。

 

 

中国語発音の独学勉強法【1日30分が目安】

中国語の発音を独学で勉強すると、懸念点が一つあります。それは、「ゴールが見えない」事です。

「何が正しい発音かわからない」ので、つい時間をかけすぎてしまいます。

 

おすすめは1冊の教材を2週間だけしっかり練習して、その後文字起こしアプリを使って少しずつ直していくやり方です。

 

中国語の発音独学におすすめの教材

中国語発音の独学の勉強法で必要な教材は、3つです。

  1. 完全教本
  2. 百度翻译またはGoogle翻訳
  3. 搜狗输入法(音声入力対応のキーボードアプリ)

これだけ準備すれば、発音を独学する時に十分なツールがそろいます。

 

▼リンクを貼っておきます。

おすすめの文字起こしアプリ

 

 

勉強の仕方と設定するゴール

中国語発音の独学での勉強法を試すときの、ゴールを設定します。

 

1週間目:完全教本の動画を見ながら、母音と子音と声調の練習
2週間目:音節表を見ながらすべての音の発音を練習
3週間目:2音節単語、3音節単語の発音を文字起こしで練習
4週間目以降:短い文を文字起こしで練習

 

すべて、満点を目指す必要はありません。発音は永遠のテーマなので、最初の1か月~2か月は「6割程度の正解率」で合格にしてOKです。

私は4か月目でようやく、簡単な文の発音が8割程度で安定してきました。

 

発音についてのもう少し細かい勉強方法については別の記事で解説しているので、ぜひそちらも参考にしてください。

▶中国語発音の勉強方法

中国語発音の勉強方法【初心者から日常会話までレベル別で紹介】

 

 

 

中国語単語の独学勉強法【1日30分が目安】

中国語の単語の独学の勉強法を紹介します。

中国語の単語は「触れながら覚えられる」事が理想ではありますが、それだと時間がかかってしまうので、単語帳を使いながら一気に覚えきっちゃうと、後の勉強が楽になります。

 

必要な教材

必要な教材は2つです。

クイズレット
PC版中国語単語アプリ

 

本で勉強したい人はこの単語帳が人気です。

HSK単語帳(Amazonリンク)

 

他にもHSK公式単語アプリっていうのもあります。

HSK公式単語アプリ

 

あんまり他の人が紹介しないツールなので、「なぜ、おすすめなのか」を説明します。

 

クイズレットがおすすめな理由

単語の独学にクイズレットがお勧めな理由は、「見てわかる」勉強が超はかどるからです。

ぱっぱと見れるので、慣れてくると500単語を間違い問題の見直しを含めて30分くらいで終わります。このスピード感はフラッシュカード式の単語帳が最強なので、私が使っているクイズレットをお勧めにしました。

 

 

PC版中国語単語アプリがおすすめな理由

私がこのアプリを開発したという理由もありますが、このアプリを開発した理由は、「実用的な単語を覚えたい」からです。

単語を覚えるとなると、「書いて覚える」のが主流ですよね。
ですが日常生活で手書きする機会って少ないですよね。日本語でも、中国語でも、英語でも、基本はスマホかパソコンです。

また、HSKの試験もパソコン試験が増えてきたので、それに向けてパソコン打ちを慣れておくと強いなと思っています。単語のピンインを身体で覚えられるので、単語を聞いてわかるレベルを目指すときのワンクッションにもなります。

 

他の単語帳をおすすめしなかった理由

「これがお勧めだよ」と強く言い続けても何となく信用できないと思うので、逆にほかの単語帳をおすすめしない理由も紹介します。納得してもらえたら、私と同じ効率主義な人なのかなと思います。

 

市販のHSK単語帳をおすすめしない理由

市販の単語帳は、「とにかく無駄な情報が多い」です。

読まない例文、混乱させるだけの類語、聞かないCDなどなど、たくさんの余分な情報を詰め込んで分厚い単語帳を構成しています。

単語帳はあくまで単語帳でしかないので、例文や類語は、また別の機会に勉強するほうが効率がいいです。唯一CDはきれいな音声が聞けて良いですが、苦手な単語だけを抜き出すことができないので、効率を考えると最善ではないです。

 

 

HSK公式単語アプリをお勧めしない理由

私は一応4級~6級まですべて買いましたが、単語を暗記する為にほぼ使いませんでした。

理由は3つあります。

 

  1. アプリのバグが多く、よく落ちる
  2. アプリの動作が遅く、時間がもったいない
  3. 誤操作しやすいUIなので、使いづらい

HSK4級くらいまではまあ、何とか使えなくもないかな?くらいの感覚でしたが、HSK6級では、アプリの操作でもたつくなーっていう感想に変わりました。

唯一リスニングの勉強では便利な機能もあるので、単語のリスニングを勉強したいなら、買ってもいいかな?という感じです。

 

単語の独学の仕方と設定するゴール

中国語単語の独学の勉強法を紹介します。

単語の勉強法は次の3ステップです。

  1. クイズレットで「見てわかる」を目指す
  2. PC版HSK単語アプリで「ピンインが分かる」を目指す
  3. クイズレットで「聞いてわかる」を目指す

最後の「聞いてわかる」レベルはクイズレットだと機械的な音で聞きづらいので、もし不便を感じたらHSK公式単語アプリが次の選択肢かなと思います。

 

目指すゴールはともに、「正解率が60%を超えるくらい」です。

60%の正解率を超えたら、これ以上は勉強し過ぎです。単語としての単語を勉強するよりは、文の中で単語の使い方を確認するのに充てることがお勧めです。

 

 

単語の勉強法について、詳細は別の記事にまとめたのでよかったら参考にしてください。

▶中国語単語勉強法

中国語単語の勉強法【全部で3ステップあります】

 

中国語文法の独学勉強法【基本を2週間で終わらせる】

中国語文法の独学の勉強法を紹介します。

中国語の文法の勉強は大体2週間で終わります。

 

初心者からスタートする場合は、さらに2週間くらい見ておくといいです。初心者向けの文法の独学の勉強法はこちらの記事で紹介しています。

▶中国語初心者の勉強法について

中国語初心者の勉強法を解説します【最適な勉強法はレベルで変わる】

 

基礎が終わった後も、探せば文法はたくさんありますが、HSK6級レベルで必要な文法だけ見たら、参考書1冊で十分なくらいです。HSK4級以降は、実は新しい文法はあんまり出てきません。変わるのは単語の数です。

 

中国語文法の独学に必要な教材

中国語の文法を独学するのに必要な教材を2冊紹介します。

初心者からスタートする場合:「たったの72パターン」
中級者からスタートする場合:「7つの述語文」

どっちでもいいです。細かく勉強するなら7つの述語文のほうが文法の解説が丁寧なのと、例文が豊富で良いですが、その分勉強ボリュームが増えて辛いというデメリットもあります。

 

私は「たったの72パターン」で十分かなと思っています。身体で文法を覚えられるので、必要な文法はこの本で独学しました。その後文法に困れば、7つの述語文を買うかどうか悩めばいいです。

 

▼リンクを貼っておきます

たったの72パターンでこんなに話せる中国語会話

 

 

中国語文法の独学の仕方と設定するゴール

先に中国語文法の独学をする時に目指すゴールから説明します。

たったの72パターンの場合

1週間目:ユニット1~30までの例文すべてを「日⇔中瞬間翻訳できる」
2週間目:ユニット31~72までの例文すべてを「日⇔中瞬間翻訳できる」

 

7つの述語文の場合

1週間目:ステップ11~70の例文すべてを「日⇔中瞬間翻訳できる」
2週間目:ステップ71~100の例文すべてを「日⇔中瞬間翻訳できる」

これで終わりです。2週間に分けて、すべての例文を瞬間翻訳できればOKです。結果的に例文をすべて覚えることになると思いますが、それでOKです。あとは単語を入れ替えればいくらでも文が作れるようになります。

 

次に勉強方法についてです。

中国語文法の独学の勉強法は、とにかく「基本文を覚える」事です。インプットした基本文の数が、あなたの中国語の文法力を支えてくれます。

 

勉強方法の例は次の3ステップです。

中国語文法独学の方法3ステップ
  1. 全体を軽く1周読む「ふーんこんな感じね」
  2. すべての例文を聞きながら音読(口を慣らす)
  3. すべての例文の日本語を中国語に5秒以内に訳す

 

中国語文法独学スケジュール感
  • 月曜日:全体を一周読む、いくつか聞きながら音読
  • 火、水:すべての例文を聞きながら音読
  • 木金土:すべての例文を日→中翻訳
  • 日曜日:予備日

こんな感じでやれば、たぶん終わります。大変ですが、文法の勉強が辛いのはこの2週間の間だけなので頑張ってください。

 

文法の勉強法について詳しくまとめたページを作ったのでよかったら参考にしてください。

▶中国語文法の勉強法

中国語の文法は独学で勉強できる。お勧めの勉強法3つ

 

 

中国語ライティングの独学勉強法【毎日の継続が大切です】

中国語のライティングの勉強は、今後のスピーキングやHSKの作文問題の練習に大きくかかわる力です。

今までの文法と単語を総動員してアウトプットするので、苦手なものを見つける発券機としての役割もあります。

 

中国語ライティングの独学での勉強法で必要な教材

中国語ライティングの独学の勉強法としては、必要な教材は設定していません。しいて言うなら作文のテーマですかね。

もし作文で文法に悩んだら、その時は「7つの述語文」を参考にして文の公式を覚えてみてください。お勉強としての文法テキストとしては、7つの述語文は結構おススメです。

▼リンクを貼っておきます


 

最初は短文を作るのですらヒーヒーだと思います。
まずは2か月間毎日作文をしてみて、自分の変化を感じてみてください。

 

 

中国語ライティングの独学での勉強法と設定するゴール

 

中国語ライティングの独学のゴールと勉強法を紹介します。

 

中国語ライティングのゴールと勉強法

最初の2週間:苦手な文法を1単元5~10文くらい作文
次の2週間:70文字くらいでストーリー性を持たせて作文
次の1か月:200文字くらいで日記や説明文を書く

ゴールは単純に、「文を書ける事」です。書いていくうちに勝手にレベルが上がっていきますし、たまに優しい人が通りすがりに文を直してくれます。

 

参考に、私の過去の作文をお見せしますね。こんなレベルの作文で良いです。

▼例えばこんな感じです。

 

Twitterで毎日報告していると、結構中国人の友達ができます。日本語を使える中国人の友達ができたら、添削してもらうこともできます。(結構おススメ)

▼参考に、私は今でも毎日中国語の作文をやってます。

 

作文の勉強法は、会話の勉強のテーマでも触れているので、よかったら参考にしてみてください。

▶中国語会話の勉強法

中国語会話の勉強法【やるべき事だけをシンプルに絞りました】

 

 

中国語を体系的に学びたい人向けの記事

中国語の勉強法を体系的に学びたい人向けに、私の試行錯誤の結晶を残しています。

現在は先生の監修のもと勉強法を大幅に刷新して、「中国語勉強法ロードマップ」として無料で公開しています。

中国語勉強法ロードマップ

中国語勉強法のロードマップ【初心者から日常会話レベル】

 

初心者レベルで中国語の勉強をする事がすでに課題の人から日常会話レベルを目指す人向けに、勉強法を紹介しています。最終形態としては2万文字を超える大ボリュームになる事が予想されるので、ブックマーク推奨です。

もし中国語の勉強で困ったことがあれば、「お問い合わせフォーム」、「LINE」、「TwitterのDM」からお気軽に相談してください。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2020年は予期せぬ日本待機でくすぶりましたが、その間に中国語能力を大きく伸ばしました。 今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・中国語×働き方の組み合わせ をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Try!TOMO , 2020 All Rights Reserved.