中国で学ぶ新しい働き方

【保存版】中国語を話せるようになるためのロードマップ公開中【全部無料です】







中国語コーチングの体験談と感想まとめ【効果は出ますが、辛いです】

WRITER
 




<最短で中国語を勉強したい人必見>

中国語にも、ライザップやPROGRITのように、「コーチング」があります。あなたの中国語にコミットする、最強のパートナーです。

中国語を最速で勉強する方法は「短期間で一気に自習すること」

中国語の最速勉強方法は「短期間で一気に自習すること」

私自身中国語コーチングの経験者ですが、

2020年6月現在HSK4級だったのが、2020年9月現在ではHSK6級合格ライン

たった4か月で中国語レベルが急成長しました。

 

この記事で紹介するMUTでは、「実用的な中国語」を学べるカリキュラムを提案してもらいました。また機会があれば、時間を見つけて受講したいなと思っています。

 




<最短で中国語を勉強したい人必見>

中国語にも、ライザップやPROGRITのように、「コーチング」があります。あなたの中国語にコミットする、最強のパートナーです。

中国語を最速で勉強する方法は「短期間で一気に自習すること」

中国語の最速勉強方法は「短期間で一気に自習すること」

私自身中国語コーチングの経験者ですが、

2020年6月現在HSK4級だったのが、2020年9月現在ではHSK6級合格ライン

たった4か月で中国語レベルが急成長しました。

 

この記事で紹介するMUTでは、「実用的な中国語」を学べるカリキュラムを提案してもらいました。また機会があれば、時間を見つけて受講したいなと思っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2020年は予期せぬ日本待機でくすぶりましたが、その間に中国語能力を大きく伸ばしました。 今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・中国語×働き方の組み合わせ をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、TOMOです。
今日は、「中国語コーチング実践記」を紹介します。

 

avatar

中国語勉強にコミットしたい

そんなあなたに画期的な勉強法があります。それが、「中国語コーチング」

 

 

たとえば一人で勉強していると、伸び悩みを感じるタイミングで逃げ出したくなります。それを支えてくれるのが、「中国語コーチング」です。

 

以下のツイートは、中国語コーチングをされている先生のツイートです。

素敵なツイートですね。伸び悩みを感じて逃げ出したくなった時に支えてくれるのが、中国語コーチングです。

 

中国語コーチングでは、あなたの想定を超えるスピードで中国語力が伸びます。(はず!私の経験からの話です。)

  • 会話できない人が、ゆっくり~少し早めのペースで会話できるようになったり
  • HSK5級に挑戦しようと思っていた人がHSK6級を睨みつつ勉強するようになったり
  • 発音、リスニングなどの苦手な分野が克服できたり

払った金額以上の価値を体験できます。

 

参考に私のコーチングの成果を紹介します。

筆者のプロフィール

TOMOプロフィール画像

2020年現在、中国の会社で働いています。
社内に唯一いた日本語を話せる同僚は退職、中国語or英語での会話がマストになりました。

コーチング開始前の中国語能力はHSK4級レベル。会話は伝わらないので、単語での会話と英語がメインでした。

現在はチャットをはじめ、短文のキャッチボールは中国語でも十分可能です。もうあと少し勉強すれば、英語よりも自由に使えるようになるなという実感もあります。

 

上司との中国語チャット

今の実力はこれくらいです。まだまだ練習は必要ですが、一番大切な「勇気」が手に入りました。

 

<中国語コーチング4週間目の初めての発音練習>

中国語コーチング最初の3週間は、口の形や音節表の練習ばかりをしていたんですが、それだけでも「俺、発音超上手くなったわ」なんて思っていたころの練習音声です。

 

<中国語コーチング6週間目終了後>

中国語コーチング4週間目の頃と比べてみると、かなりレベルが違いますね。練習すればするほど発音が良くなっていくのが楽しいです。

 

現在の私はHSK6級の勉強に少し足を踏み入れつつ、足元のHSK5級の文法を完璧に理解することを目指しています。

 

 

Twitterをフォローしてくださっている方は思ったかもしれませんが、「こいつキモイくらい勉強してるな」ってくらい、中国語コーチング中の8週間は猛勉強していました。

気になる方はTwitterで、「#中国語勉強」で検索してみてください。正直、キモいと思います。

 

ここまで勉強できたのはひとえに、コーチの存在があったからです。それまでは独学メインだったので、伸び悩むし、偏るし、集中が苦手でした。ある程度中国語に興味が湧いてきたり、効率を求めるようになってきたタイミングで、検討することをお勧めします。マジで後悔しないです。

 

中国語コーチング0週間目の感想と実践記

中国語コーチング開始前の準備5つ。大切なのは「やらない事を決める事」

 

中国語コーチングを申し込む前の注意事項、先生の決め方から事前準備までの実践記です。

中国語コーチングでは、無料カウンセリングをやっているところが多いので、一旦色んな先生と話してみるのがおススメです。

私は悩んだ末にPRESENCE(プレゼンス)に入りましたが、続けるうちにMUTの「週二回のセッション」の方が必要だったんじゃないかと思ったし、courageの伊地知先生のYouTubeやTwitterを見て、やっぱ素敵だなと思いましたが、結局どこにも「全部入り!」のサービスは無いので、気に入った先生を選ぶのが正解です。

 

▶中国語コーチングの無料カウンセリングについて

 

 

コーチングの先生を決めて申し込みをしたら、初めてのセッションの前に、「全体像をつかむ」ための宿題が出ます。私の場合は時期が悪く、ヤマト運輸の物流パンクで教材が届かなかったので単語だけ先に勉強しておきました。

 

コーチング開始前にやるべきことは、「決断」だけです。

「あれもこれもやりたい」って思うと中途半端になるので、期間を決めて、「この期間は集中する」ってすれば時間ができて、結果が出せます。

 

▶中国語コーチング開始前にやる事、準備するものなど

 

中国語コーチング1週間目の感想と実践記

中国語の基礎の基礎は1週間で復習できる。1冊の本を使い倒そう

 

中国語コーチング初めてのセッションを受けた後の実践記です。

これからの勉強の進め方、到達予定の目標などを理解します。

 

「きちんと宿題を理解すると、到達予定よりも高いところに到達できる」ってことだけ覚えておけばOKです。

 

中国語の力は大きく分けたら「インプット力」と「アウトプット力」に分けられます。

もっと細かく砕けば、「単語」「文法」「作文」「発音」の4本柱で構成されていて、それぞれをインプットしたりアウトプットしたりすることで、全体の水準が高められます。

 

会話することがゴールの人はHSKを「教材」として活用して、HSKで勉強した文法や単語などの基礎知識の上に会話力と文の構成力を鍛えていきます。

 

中国語コーチング1週間目では、

  • 発音の口の形
  • 単語知識の詰め込み
  • 文法知識の総復習
  • 現状の能力把握のための作文

が宿題です。一見量は多いですが、やってみると簡単なので、自信もって取り組めばOKです。

 

▶中国語コーチング1週間目の感想。テーマは「基礎の基礎の完成」

 

中国語コーチング2週間目の感想と実践記

 

中国語の基礎を2週間で復習。足りない分は後で見直すと効率がいいです

 

中国語コーチング2週間目は、基礎の総まとめです。

このスピード感が、コーチングの効率の良さを表していると思います。たった2週間で、基礎を一通り完了ですからね。

 

当然まだ弱点は残るので、それは後の応用編で見つけ次第潰していきます。

 

中国語コーチング2週間目は個人的に発音に注力しました。音節表を使って発音練習しますが、発音の口の形を練習しただけでリスニングの時に聞ける音が明らかに増える経験をしました。

「中国語は発音が大事」と言いますが、まさにそういう事なんだなと思いました。

 

中国語コーチング2週間目は

  • 音節表で発音練習
  • 文法のテキストを3周分読破(例文を暗記するまで)
  • 作文2つに挑戦
  • HSK5級レベルの単語を全て「見てわかる」

っていう宿題でした。「100%」っていうのがプレッシャーで、何度も何度も始めから繰り返して勉強しました。今思えば効率悪かったですが、当時はもう、必死でした。

コツは、「1回見てわからないものだけ3回復習、最後にもう1周」って感じの進め方です。何度も同じところを復習したら、時間がいくらあっても足りません。

 

▶中国語コーチング2週間目の感想。テーマは「基礎の完成」

 

中国語コーチング3週間目の感想と実践記

 

中国語の基礎を勉強したら、大量にアウトプットしよう。【弱点探し】

 

中国語コーチング3週間目で、さっそく「アウトプット」に軸足を移し始めます。

文法の勉強に使っていたテキストはあくまで「基礎の基礎」なんですよね。これをいくら勉強しても話せるようにならないし会話の幅が広がるわけでもないので、もう復習はしません。

 

毎週の宿題は、それくらいの気持ちをもって勉強する事が大切です。でも頑張れば、振り返る必要もないくらい成長できます。

 

中国語コーチング3週間目は

  • 単語の発音を完璧にする
  • HSK5級単語の前半700個を「聞いて分かる」
  • 身近な単語を、カテゴリでまとめて覚える
  • 作文を2つ、自分の伝えたい事を伝えられるように書く

こんな目標のもとに各宿題が出ました。「本を読んで勉強する」時間が不要になったので、過去2週間よりもかなり余裕をもって勉強できました。

 

▶中国語コーチング3週間目の感想「知ってる基礎が、使える力に変わる」

 

中国語コーチング4週間目の感想と実践記

 

中国語の声調は、「ある程度勉強してから一気に叩き込む」と早い

 

中国語コーチング3週間目までに、基礎を完璧にマスターし、使えるようになりました。

中国語コーチング4週間目からのテーマは、「弱点を見つけて潰しながら全体の水準を上げる」です。

 

私の指摘された弱点は

  • 発音が下手(流ちょうには程遠い)
  • テキスト通りの作文しかできない
  • 知っている単語の数は多いけど、使える単語がすくない

こんな感じ。

 

弱点を潰すために、「文の中で発音を練習し、作文の個数をもっともっとこなし、単語はカテゴリ別に一気に覚え直す」っていう逆算思考で勉強を開始します。

 

一番つらかったのが発音練習で、一気に大量のアウトプットを求められました。「下手くそな発音を大量に録って披露するなんてどんなプレイだよ」とかなり恥ずかしかったんですが、今となってはビフォーアフターを感じられる良い思い出になりました。

 

当時の発音レベルはこんな感じでした。

 

2週間でこんな感じになりました。

 

たった2週間でここまで変わったので、今後も継続して、徹底的に発音を改善していきます。

 

▶中国語コーチング4週間目の感想「発音の弱点解消に挑戦」

 

さすがに発音練習だけじゃ足りないので、

  • HSKの問題に挑戦
  • 作文2つ
  • リスニング練習

などなど、相変わらずたくさんの課題を貰いました。

 

中国語コーチング5週間目の感想と実践記

 

中国語勉強のコツは「学ぶ→弱点の炙り出し→対策」。実践が大事です

 

中国語コーチング5週間目は、引き続き発音の弱点に挑戦します。

先生が「あなたの弱点」という動画を送ってくれて、難しい発音を練習しました。hとf、zhとjなど、一見簡単そうな言い分けも、高速の会話の中だと口の中が絡まります。

 

他にもHSKのスクリプトを音読したり、自分の作った作文を音読したり、色んな方面から色んな文を音読しました。

 

しかし音読課題の難しいところが、「達成できているか、視覚的に判断できない」ところです。

本当に上達しているのかな?無駄になってないかな?などなど心配しながら1週間を過ごしました。

 

幸い他にも宿題があって

  • HSKの問題の解きなおし
  • 作文
  • リスニング課題
  • 単語

これら宿題が積みあがっていたおかげで発音だけに拘って失敗することはありませんでした。

 

同じ課題に何時間もかけたら時間が足りなくなるので、「無理だ」と思ったら一旦飛ばして後で戻ってくる感じでもOKです。

 

▶中国語コーチング5週間目の感想「弱点の細かいところまで分かった」

 

中国語コーチング6週間目の感想と実践記

 

中国語勉強の方法を探ってみる1週間。「コーチ監修の独学」

 

中国語コーチング6週間目からは、「自分で考えて勉強する」事をナチュラルに求められます。

与えられた宿題だけだと、時間が余ります。
だから、精いっぱい時間を使うことを考えると、「自分が苦手と認識している」部分に時間を多くかける事になります。

中国語コーチング6週間目からHSK6級の単語勉強が始まったので、私は単語に力を入れました。当然その他分野もきちんと勉強したので、それなりに完成度高く勉強ができました。

 

そして最後は時間が余って暇だったので、中国ドラマを観て時間を潰しました。
このレベルまでくると、字幕が付いていれば大方内容が理解できるようになってきます。聞ける音も増えてきて、中国のポップカルチャーに触れるのが楽しくなってきます。

 

後はもうひたすらに作文して、音読して、「書ける文章=言える文章」というレベルを高めていきます。その中で少し背伸びをして、新しく知った文法を活用して作文すれば、自然にレベルが高くなっていきます。

 

HSK6級を勉強し始めると四字熟語が増えてくるので、こういうのを覚えておくとさらに会話の幅が広がっていきます。

先生とお別れするのも近いので、自分で課題を作って勉強する方法なんかも教えてもらえるようになりました。

 

▶中国語コーチング6週間目の感想「自分で自分をコーチングする」

 

中国語コーチング7週間目の感想と実践記

 

中国語コーチングの目的は「勉強の仕方を学ぶこと」。卒業後が大事です

 

中国語コーチング7週間目では、「自分で課題を作って勉強する」ためのヒントをいくつか紹介してもらいます。

そろそろ子離れの準備ですね。で、このやり方はあくまで一例で、1週間の中で試してみて、合わなければ調整っていう形で自分の勉強方法を確立していきます。

 

「会話力をメインに鍛えたい」と言っているのにHSKを勉強する理由、暗記するのが超つらいのに毎週作文を書く理由が7週間目にしてようやく理解できました。

 

中国語の基礎力は4本柱となっています。

  1. 発音
  2. 文法
  3. 単語
  4. 作文

最後は作文に集結され、作文を暗唱、音読することで「書ける文章=言える文章」のレベルを達成します。

 

全ての勉強の繋がりを感じつつ、自分の弱点を「作文→音読、暗唱」の過程の中で見つけることで、あなたが何を苦手にしていて、何を1週間かけて潰すべきなのかが分かります。

 

▶中国語コーチングでやる事は、自立した勉強法の習得。【7週目の感想】

 

中国語コーチング8週間目の感想と実践記

 

中国語の勉強は、「中国語で何かを学ぶレベル」がスタートライン

 

長く、辛かった中国語コーチングも8週間を完走しました。最初は全然喋れなかった中国語も、8週間完走したことで「結構伝わる」レベルを経験できました。

 

私が中国語で話したい内容の一つに、「将来について語り合う」というテーマがありますが、その取っ掛かりになる、自分の思いを伝えるレベルまでたどり着けました。

 

春節で日本に帰ってきて以降、全然中国に帰れる見込みは立ちませんが、目標の一部を達成しつつあることに感動を覚えました。

 

先生とはいい関係を築けているので、今後も「元生徒」でありながら何か先生に刺激を与える、一部では「モチベーター」として毎日の行動を続けていきたいと思います。

 

年齢も30目前になりましたが、この年で新しい事に挑戦して、全力で集中する経験をした人は少ないと思います。

この貴重な経験を生かして、中国語を使って何か仕事を作れるように、これから営業内容を考えていきたいと思います。

 

春節が明けて以降、一度も仕事をしていないので当然給料もありません。いくらか貯えがあるとはいえど限界はあります。なので今から、日本にいる間はオンラインで完結できる中国語関係のお仕事を、切り開いていきます!

 

▶中国語一人で勉強するための方法論【コーチング8週間完走しました】

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2020年は予期せぬ日本待機でくすぶりましたが、その間に中国語能力を大きく伸ばしました。 今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・中国語×働き方の組み合わせ をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Try!TOMO , 2020 All Rights Reserved.