中国で学ぶ新しい働き方

【保存版】中国語を話せるようになるためのロードマップ公開中【全部無料です】







中国語初心者の勉強法を解説します【最適な勉強法はレベルで変わる】

WRITER
 
中国語初心者の勉強法




<最短で中国語を勉強したい人必見>

中国語にも、ライザップやPROGRITのように、「コーチング」があります。あなたの中国語にコミットする、最強のパートナーです。

中国語を最速で勉強する方法は「短期間で一気に自習すること」

中国語の最速勉強方法は「短期間で一気に自習すること」

私自身中国語コーチングの経験者ですが、

2020年6月現在HSK4級だったのが、2020年9月現在ではHSK6級合格ライン

たった4か月で中国語レベルが急成長しました。

 

この記事で紹介するMUTでは、「実用的な中国語」を学べるカリキュラムを提案してもらいました。また機会があれば、時間を見つけて受講したいなと思っています。

 




<最短で中国語を勉強したい人必見>

中国語にも、ライザップやPROGRITのように、「コーチング」があります。あなたの中国語にコミットする、最強のパートナーです。

中国語を最速で勉強する方法は「短期間で一気に自習すること」

中国語の最速勉強方法は「短期間で一気に自習すること」

私自身中国語コーチングの経験者ですが、

2020年6月現在HSK4級だったのが、2020年9月現在ではHSK6級合格ライン

たった4か月で中国語レベルが急成長しました。

 

この記事で紹介するMUTでは、「実用的な中国語」を学べるカリキュラムを提案してもらいました。また機会があれば、時間を見つけて受講したいなと思っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2020年は予期せぬ日本待機でくすぶりましたが、その間に中国語能力を大きく伸ばしました。 今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・中国語×働き方の組み合わせ をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

avatar

中国語初心者向けの勉強法を知りたい

こんな疑問に答えます。

 

中国語初心者にとって、一番の壁は「勉強する事」です。

世の中には「オススメの勉強法」が色々載っているので、「後はやるだけ」状態に持っていくことは簡単なんですが、実はそれが一番難しいですよね。

中国語初心者には「勉強する事」自体が壁なので、勉強できるように、まず頭の中を整理しましょう。

 

 

本記事では中国語初心者向けの勉強法だけにフォーカスして紹介します。「何から始めたらいいか分からない」中国語初心者は、この順番に勉強していけばOKです。

 

中国語の勉強順番
  1. 初心者向けのシンプルな参考書をサクッと読む
  2. 音声を聞いて、真似をする
  3. 日⇔中翻訳を一瞬でできるように暗記する

 

結論:初心者は1冊の本の例文を覚えるだけでOKです。

 

筆者のプロフィール

 

TOMOプロフィール画像

 

2020年現在、HSK6級の勉強をしています。

現在は中国の会社に所属していますが、同じ職場に日本語を話せるスタッフはいません。公用語は中国語です。

中国語初心者の状態で入社し、そこから高速で中国語を勉強してきました。現在は学生向けに中国語翻訳サービスと、中国語の学習支援として、HSK単語帳の販売を始めました。中国語勉強で困っている初心者の力になりたいと思っています。

HSK単語帳

Twitter

 

中国語初心者の勉強法を解説します【最適な勉強法はレベル毎に変わる】

いきなり結論から話します。

中国語初心者は、「1冊の教材を1か月かけて暗記する」だけでOKです。

というか、これだけで中級の入口まではOKです。

 

次に理由です。

中国語の基礎力は大きく4つに分類されます。

中国語の基礎力4つ
  • 単語力
  • 発音
  • 文法
  • 作文力

どれもが大切で、最終的にはどれもバランスよく鍛えないといけませんが、中国語初心者がいきなり作文や発音を練習しても、「断片的な知識」だけで成果を感じずに挫折します。

 

解決方法は、まず最初に基本事項を一気に詰め込んで、そこから使える力に変換していく勉強法を実践することです。

 

次に勉強法について。

中国語初心者の勉強法は、「1冊の本を1ヶ月かけて暗唱できるようにする」だけです。

▼オススメの本はこちら。「たったの72パターンでこんなに話せる中国語会話」

たったの72パターンでこんなに話せる中国語会話

▼リンク貼っておきます。

勉強の仕方は以下の5ステップです。

初心者向けの勉強法5ステップ
  1. 1~2時間くらいで全体を把握する
  2. CDを流しながらカタカナを読む
  3. CDを流しながらカタカナと漢字をリンクさせる
  4. カタカナを消して、ピンインと漢字をリンクさせる
  5. CDの音声に合わせて音読できるようにする
  6. CDの合間に瞬間作文できる(初級者の課題)

途中数字の読み方とか、曜日、月の読み方とかが載っていますが、これらはオール無視でOKです。また別の機会にまとめて覚えます。

 

この勉強法で得られる効果は3つです。

  1. 中国語を勉強する事に慣れる
  2. 中国語を雑音と感じるステップを乗り越えられる
  3. 本に載っている文章は何となく発音できる

→身体で中国語を感じるので、「何となく使える」文法が自然に身に付きます。

初心者の段階ではこれで十分です。とはいえまだこの段階では会話は成立しません。なので2週間くらいでサッと終わる事を目標にします。1日2時間勉強すれば十分です。

 

また、この勉強法の際に後回しにしている能力が3つあります。

  1. 声調
  2. 発音(発声方法)
  3. 漢字を書くスキル

初心者の段階で「あれもこれも」と欲張ると挫折の原因になるので、実際に会話を練習するまで後回しです。漢字を書くスキルは、現代ではほぼ必要なし(日常生活では日本語すら、手書きする機会が少ないので)必要になったときに、一気に練習すればOKです。

 

CDのスピードに合わせて音読できるようになる頃には、「中国語を勉強する」事は間違いなく習慣化されているし、「中国語を雑音に感じる」レベルはとうにクリアしているはずです。

達成していれば、このまま初級者の勉強に進めばOKです。達成していなければ、初級者の勉強の時に理解度に気を付けて勉強すればOKです。

 

なお、中国語の勉強法の全体像を知りたい場合は、初心者から日常会話レベルまでの勉強ステップをこちらの記事で紹介しています。

▶中国語勉強法(初心者から日常会話レベルまで)

中国語勉強法のロードマップ【初心者から日常会話レベル】

最終形では、2万字を超える大ボリューム(無料)になる予定なので、ブックマーク推奨です。

 

中国語初心者の勉強の壁

 

中国語初心者にとって、一番の壁は「中国語を勉強する事」ですよね。

試しに「中国語 勉強」とネットで検索すると

  • ディクテーションが良いらしい
  • 発音から勉強しないとダメだ
  • いや文法からでしょ
  • まず単語からだよ
  • そんなん現地で1年も過ごせば余裕だろ

色んな情報があるので、どれを信じたらいいか迷います。結果、挫折します。

 

一番大切なのは「中国語を勉強する事」を継続することです。

 

ネット上で紹介されている勉強法はどれも大切だし、正解ですが一番大切な観点が抜けています。

それは、「継続できる勉強法」、つまり「レベルに合わせた最適な勉強法」です。

 

 

▼先に、「オススメ」とされている中国語勉強法をずらっと紹介します。

  1. ディクテーション
  2. シャドウィング
  3. ドラマ、映画
  4. 音楽
  5. HSKの勉強
  6. 発音練習の徹底
  7. 単語から勉強する
  8. 何も持たずに留学する
  9. 赤ちゃんの言語習得順に勉強する
  10. ネイティブの友達を作る

 

ざっと10個挙げました。一つずつ、簡単に解説します。

 

ディクテーションの勉強法(中級者向け)

中国語のディクテーションはとにかく時間がかかります。漢字を書かないといけないし、文章は長いし、大変です。更に初心者の段階でディクテーションに取り組むと、待っているのは挫折です。

  • 「何言ってるのか聞こえない」
  • 「早くて何度聞いても雑音にしか聞こえない」
  • 「そもそも聞けるレベルの単語や文が少ない」

 

将来的には有効ですが、早めから取り組むことはおススメしません。効果を感じづらいので継続が難しく、初心者の段階では時間の無駄になりやすいです。

 

ディクテーションに挑戦していいレベルは、中級者(HSK5級に合格するレベル)からです。

中級者になると、一般的な文法を殆ど理解しているので、たとえ聞けない単語があっても文法力を活かして内容を推測することができます。

また、日常の音声ではHSK5級レベルくらいから徐々に聞き取れるものも増えてくるので、このレベル以降からのスタートなら、ディクテーションをすると目に見えてリスニングの実力アップを感じられるようになります。

 

シャドウィングの勉強法(初級者~中級者向け)

シャドウィングはディクテーションと違って、「書く必要がない」分だけハードルが下がります。

普段から勉強している教材を「楽勝で音読できる」レベルになったときに一旦閉じて、シャドウィングしてみると、耳と口を同時に鍛える事ができます。

 

とはいえ「何も見ない」勉強法は眠くなりやすいので、優先度は低めです。確実に、丁寧にはっきりと音読したり、CDを聞きながらスピードを合わせて音読する方が、初心者の内は勉強の効果が出やすいです。

※ちなみに私は中級者ですが、相変わらずシャドウィングよりも音読を重視しています。

 

 

ドラマ、映画を見る勉強法(中級者向け)

「ドラマや映画を観てたら自然と覚えた」なんていう勉強方法も人気で、いかにも簡単そうに聞こえますが、実はめちゃくちゃ難しいです。

 

▼一応私もドラマで勉強していますが、ぶっちゃけ中級者でもかなり難しいです。

 

ドラマや映画での勉強は、言葉も分からない早口の音声を映像をもとに想像して意味を理解する必要があります。

一度やってみると分かりますが、最初はかなりつまらないです。

とはいえ将来的にはいい勉強になるはずなので、方法だけ紹介します。

 

  1. 「豌豆影视」「月亮播放器」などで検索すると、中国の動画が見られます。
  2. 話題になっているドラマ、映画を見ながら、理解した内容や感想をノートにメモ

これを繰り返すだけです。中文字幕が載っているので、速読できる中国語力があればギリ理解できるかなという感じです。(HSK4級~5級程度)

 

とはいえ見るだけじゃもったいないので、見た後に感想文やまとめを作文できると、いい勉強になります。如何にしても勉強法としては中級レベル以上です。

 

音楽での勉強方法(初級者~OK)

発音の練習をするなら、音楽から入るのは一つの良い方法です。

理由は、単語の発音だけ覚えても会話での発音力には繋がらないですが、歌で覚えるといい感じの発音を覚えられるからです。(とはいえわざと声調をずらしてる事もあるので注意は必要)

普段一生懸命する勉強はきっちり時間をとるのがベストですが、歌は聞くだけで良いので、電車や運転中などの時間でリラックスがてら勉強できます。

 

オススメは日本の歌を中国語カバーした曲です。
今私が勉強している物をYouTubeのプレイリストに入れておきました(▶YouTubeプレイリスト)。個人的には「さくら(独唱)のカバー曲」が一番好きです。

 

中国人とカラオケ行って思ったんですが、彼らは同じ歌を何回も歌うので、10曲くらい覚えて行けば中国のカラオケは何も怖くないですよ。

 

HSKの勉強(初級者~スタート)

中国語勉強法ロードマップでも紹介していますが、HSKの勉強の目的は、「今の自分の弱点を知る事」がメインテーマです

なので各級ごとに受検して、都度対策や燃えつきを感じるよりは、必要な級を一発で受ける方が良いです。それまでは勉強はするけど対策はしないでOK。

HSKは世界標準の試験とはいえ、やはり受験テクがあります。ここを磨いても中国語力とは関係ないので、必要なときにサクッと身に付ければOKです。

 

HSKの勉強の仕方はまた別の記事で紹介する予定ですが、基本的には「解きっぱなし」ではなく、「すべての問題を解説できる」レベルにすると、良い教材として勉強ができます。

一回解説できたら二度とその問題を間違えないですよね。そうやって、苦手な文法や単語を一つずつ潰していきます。

 

 

発音練習の徹底(会話勉強をし始めるときから、オススメは中級から)

統計を取った事は無いですが、おそらく中国語挫折の原因で一番多いのは「発音が難しくて」ですよね。

聞いたことありませんか?「中国語の声調が壁だ」って。でもこれってまだあんまり本気で勉強してない人が言う事なので、気にしなくてOKです。後々一気に勉強できます。

実は私も中国語の発音は下手です。英語も下手です。でも通じます。これは「壁だと思ってたものはそこまで高い物じゃない」事の証拠だと思います。

 

しかし何も予備知識がない状態からいきなり口の動きを練習すると途方もなくて挫折します。さらに4声+軽声が入ってきたら絶望です。

 

なら先に、コミュニケーションをとるうえで優先的に必要な能力を鍛えてから、あとで一気に習得したほうが効率よさそうじゃないですか?

 

実際、私も3週間くらいで一気に詰め込みました。今は音声認識でもいくらか聞き取ってもらえます。(YouTube動画)

 

単語から勉強する(初級~中級の入口あたりでスタート)

中国語の基礎能力には

  • 単語
  • 発音
  • 文法
  • 作文

の4本柱があります。これらの能力を組み合わせて総合力を作り上げますが、このイメージは、「点を線に、線から面に」っていう感じです。

 

しかし単語は点の最たる例で、単語だけ覚えても中国語能力としては一切進歩しません。

 

単語は必要なときに一気に覚えるべきで、「単語を知らなくて困った」時が一番吸収出来るタイミングです。となると、HSKを受け始めるときか、実際に人と交流し始めるときが一番いいタイミングなんじゃないかなと思います。

 

ちなみに、当サイトでは単語アプリを提供しています。良かったらのぞいてみてください。
(あなただけの単語帳作成サービスの提供と無料体験版のDLもできます)

HSKの単語アプリ(PC版)

 

何も持たずに留学する(おススメしない)

 

「語学なんてとりあえず留学行っとけば何とかなるだろ」

 

これは私の父がいつも言っていることです。(ちなみに私の父は日本語以外何もしゃべれません。というか高齢者なので最近は日本語すら怪しくなり始めました。)

気合と気持ち的には確かにそうなんですが、自分の経験と性格にあてはめると、おそらく何も持たずに中国に行ったら、寮から一歩も出ずに引きこもりをしていると思います。

 

なので最低限生活できるレベルの知識(電車に乗れるとか、レストランでオーダーできるとか)くらいは身に付けておくべきだと思いますよ。

 

赤ちゃんの言語習得順に勉強する(時間がかかります)

「言語は赤ちゃんでもできるようになるんだから、赤ちゃんと同じように習得するのが理想的だ」という意見もありますね。

確かに理想的ではありますが現実的ではありません。

 

赤ちゃんは母語以外の言葉を知りません。なので考えるときも、一生懸命母語で考えようとします。

しかし私たち大人は「日本語」という母語を持っています。中国語を勉強しようとすると、まず先に日本語で考える癖があります。結果、中国語が出てこなくて上手く行きません。

 

他にも、赤ちゃんには文法解説をする言語がありません。したがって長い期間をかけて体で覚えていくしかありません。まともに会話できるようになるまでに、何年もかかります。

しかし私たちは中国語の文法解説を日本語で受けられます。このメリットを捨てて赤ちゃんのように勉強するのは、有名人が匿名でブランディングしていくようなものです。時間がもったいないですよね。

なので、理想的ではあるけど最適解ではないというのが答えです。

 

ネイティブの友達を作る(中級者の入口~)

中国語ネイティブの友達は、色んな方法で作れます。

私もTwitter経由でLINEを交換したり、マッチングアプリで知り合ったり、仕事関係で出会ったり、勇気を出して声をかけたりしました。

しかし自分が言いたいことが無ければ、相手と会話ができないですよね。

 

ネイティブの友達と会話するためには

  • 話題を振る
  • 返ってきたことに対して反応する
  • 自分の意見を述べる
  • 話を展開する
  • 他の話題を振る

 

こんな感じで、話が途切れないようにしなくてはいけません。2020年は世界共通の話題として「そっちの国の状況はどう?」でもなんとか会話を始められますが、それ以降の展開は、ちょっと厳しいです。

 

というか、たとえ日本語でも話題の展開って難しいと思います。中国語ならなおさらですよね。

 

ネイティブの友達と会話するために必要な勉強のステップとしては

  • 基本的な文法を知っておく
  • HSK4級~5級レベルの単語を覚えておく
  • 言い回しをたくさん練習する
  • 日常の事を中国語で表現する練習をする

こんな感じで話題展開が上手になります。現在私は日常を作文する練習をしていて、他にもニュースを中国語でまとめたり、ドラマの感想を中国語で書いたり、シチュエーション別の会話シミュレーションをしたりして勉強しています。

 

慣れてくるとネイティブとの会話が一番の勉強になります。最初は辛いですが何とか乗り越えましょう。「伝えられなくてもどかしい」経験があなたの中国語力を強化してくれます。

 

中国語初心者は勉強法に拘るよりも、まず勉強する事に慣れよう

中国語初心者ができる勉強法は限られています。何かをやろうとしても基礎力が足りず、苦痛に感じるだけです。

中国語初心者にオススメの勉強法は、「一冊の本を覚えるまで慣れる」これだけです。

たとえ1か月かかっちゃったとしても、覚えた例文はあなたの力になります。そして、その例文があなたの中国語力の取っ掛かりになります。

 

実際に一冊の本を覚える頃には、あなたは中級レベルの入口まで成長しています。
ぜひ試してみてください。

 

本記事では中国語初心者の勉強法について解説しました。以降の勉強法については、ロードマップとして紹介(無料)しているので、参考にしてください。最終的に2万字をこえるボリュームになる予定なので、ブックマーク推奨です。

▶中国語勉強法(初心者から日常会話レベルまで)

中国語勉強法のロードマップ【初心者から日常会話レベル】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2020年は予期せぬ日本待機でくすぶりましたが、その間に中国語能力を大きく伸ばしました。 今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・中国語×働き方の組み合わせ をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Try!TOMO , 2020 All Rights Reserved.