HSK1級のレベルは簡単!過去問の勉強時間は3日くらいかな

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、今日から中国語のプロに向けて勉強開始 TOMOです。

 

中国への留学が現実になろうとしてきていますので、猛スピードで中国語の勉強をしようと思ったときに、実力を計りながらモチベーションを維持するなら検定が一番都合がいいなという判断から、HSKの勉強を決意しました。

 

現在はHSK5級のために勉強をしていますが、当時勉強していた時の記録があったので、それをそのまま記事で残しておきます。

HSK1級に挑戦する人が、必要な勉強時間、勉強方法を把握するための手助けになると思います。

 

HSK受験のために準備した教材【簡単な参考書1冊と過去問でOK】

楽天ブックスにて、中国語の参考書を購入(2019年1月ごろ)

 

これを使って勉強していた時の心の葛藤やら勉強の作戦などについてはこちらの記事に残しています。

 

 

 

そして同じく楽天ブックスで、HSKの過去問を購入(2019年3月末)

 

定価が3000円くらいですので、1~4級分の4冊を一気に購入したら結構な金額になってしまいました。メルカリも探したんですが、あまり安くなっていない+1級2級ばかりが出品されているので、あまり便利ではなかったです。

 

おそらく3級以降はレベルが一気に上がるのかな?と想像。だから受験者数が少ないんじゃないかな。もしくは大学の単位振替に関係がないのか。

 

 

さて、HSKの教材が届いたぞ

先日、HSKの過去問が届きました。

 

 

いざ、開封の儀!

 

 

 

Amazon同様に、フィルムでくるんで段ボールに入れられていました。Amazonも楽天も、梱包の方法は同じですね、最近Amazonから楽天に乗り換えつつあるので、楽天の便利さやクオリティがAmazon並み、もしくはそれ以上だと本当にほっとします。次も使おうと思います。

 

 

段ボールには楽天のパンダさんもこんにちはしています。可愛くて癒されました。

 

1~4級全て並べてみました。まあまあ分厚さがあるので恐怖ですね。

とりあえず頑張ろうかという気にさせてくれます。

 

HSK1級の過去問を見ながら勉強日程を立ててみる【必要な勉強時間は3日ちょっと】

 

今回勉強するのがこちら。HSK1級です。レベルとしては、大学の教養課程でやる中国語の1年前期で勉強するレベルのようです。大学生は半年かけてこれを勉強するんだなあという感じ。大人になると、期限が短くなるから大変ですね。(まあ私は無職なので大学生よりも時間をたくさん持っていますが)

 

正誤表が入っていました。丁寧ですね。

 

試験概要はこんな感じ。リスニングが4パート、文法やら読解の問題が4パートあります。全部で40問なので、一瞬で試験が終わってしまいますね。

 

 

勉強日程を立ててみました。4日あれば復習も込みで3周ちょいくらいできるかなと思います。

 

ちょろっと問題を見た感じ、たぶん一瞬で勉強が終わります。1級は楽勝です。漢字が読めればそのまま合格できそう。なので、印象としては、ったの72パターンでこんなに話せる中国語会話」を勉強したらそのまま合格できるだろうなと、察しました。時間をかける事はやめて、サクッと終わらせようと思います。

 

ちなみに阅读(リーディング)の問題を一通りやってみたところ、全5回分でミスは1問だけでした。1問は、椅子と桌子の違いがわからなかったのでミスしました。字の雰囲気を覚えたのでもう大丈夫。

 

明日はリスニングやります。スピードはめちゃくちゃゆっくり+2回だか3回だか読み直してくれるので、聞き取りをミスっても何とかなりそうな予感。頑張ります。

 

とりあえずHSK1級に関しては、今の参考書で余裕で立ち向かえることがわかりました。HSK1級を取得して単位の振り替えをしたいとか、とりあえず中国語の検定を受けてみたい人、おススメです。

 

 

<以下、おすすめ記事です>

中国語を楽しく勉強する方法。塾に行っても楽しさは得られません

「中国語の勉強が嫌い」を克服。楽しく学びながら成果を出す方法

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら


スポンサーリンク


スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.