オンライン中国語会話レッスンの感想【忙しいサラリーマンにおすすめ】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんばんは、TOMOです。
今日は、中国語会話レッスンの感想をお話します。

今回はオンライン中国語会話レッスンの感想です。

 

私も中国語会話の勉強中でして、
かれこれ7校くらい、レッスンを経験してきました。

その中で一つを選び、環境と時間的な余裕から通い型の塾を選びました。

▶中国語会話の勉強のために、塾に通うことに決めた話

 

 

しかし、忙しいサラリーマンにとっては、
通いの塾に行く時間的な余裕がない!!!という人も多いでしょう。

私も日本で会社員をやっていた時は、
毎日帰宅が22時過ぎだったので、塾なんてとっくに営業時間外です。

 

そんな場合、唯一の選択肢が、オンラインレッスンですね。

オンライン中国語会話レッスンでは、
時間帯の制限がないスクールが多いです。

たとえばITALKIというオンラインスクールでは、
先生によっては24時間いつでも授業を受けられたりします。

(ITALKIのHPはこちら▶ITALKI

画像はITALKIよりキャプチャ

 

 

私も中国に戻った際にはオンラインスクールの受講を希望しているので、
調べたことと、実際に経験したことを踏まえて、解説していきます。

 

独学でも、旅行会話くらいの中国語(HSK4級)は勉強できるので、
個人的にはその後に入塾を検討するのが良いんじゃないかなと、感じています。

▶中国語会話の実力と、選ぶべき中国語会話教室の種類

 

ゆっくり時間を追って勉強する時間がない人向けには、
サラリーマンが独学で中国語を勉強するための戦略紹介しています。

▶サラリーマンが独学で中国語を勉強する戦略

 

 

今回はオンライン型(Skype型)中国語会話教室ってなに?という内容を簡単に紹介して、スクールの上手な活用戦略を考えたいと思います。

 

中国語会話レッスン塾の基本知識

中国語会話塾には、
通い型、カフェ型、オンライン型の3種類があります。

 

今回紹介するオンライン型中国語会話レッスンの特徴は二点。

  • レッスン代が安いこと
  • 授業の時間帯に融通が利くこと
忙しいサラリーマンに向いています。

 

 

 

しかし中国語会話スクールは、「安かろう悪かろう」なので注意も必要です。

通い型と塾に比べると

  • 体系的なレッスンカリキュラムの設定
  • 先生の経験値と熱意

この二点に少しの心配はあります。
解決方法は、「きちんと要望を伝えること」です。

 

つまり、「こういう授業をしてほしい」と具体的に希望を伝えることです。
すると先生も楽なので
質を担保しながらリーズナブルな授業を受けることができます。

 

希望を明確にするためには授業の流れを自分で組み立てる力が必要なので、
先に短期間、カリキュラムの整った塾に通うと成長が早いなと感じています。

私が通い型の中国語会話教室を先に選んだのはその理由からです。
短期間で授業の受け方を学んで、その後、オンライン型に転校します。

▶通い型中国語会話教室の活用方法

 

 

オンライン型の中国語会話教室をおススメする人は、

  • 忙しいサラリーマン
  • たくさん話したい中国語会話中級~上級者
です。

「とにかく話して鍛える」を希望する人にとって、一気に経験値を獲得できる強みがあります。

時間的なメリットが大きいので、
忙しいサラリーマンに、強く薦めたいと思っています。

 

オンライン中国語会話レッスンの感想。【安さと手軽さが最高】

 

オンライン中国語会話レッスンを受講して

  • 値段が比較的安い事
  • 時間帯の縛りがない事
この二点が非常に魅力的だと感じました。

 

特に時間帯を選ぶのが難しいサラリーマンにとっては
夜中や朝にレッスンを受けられるのは非常に助かりますよね。

 

「たくさん話したい」という中級レベル以上の人にとっても
単価を比較的安く抑えることができるのが利点です。

 

オンライン中国語会話は、忙しいサラリーマンに最適

 

オンライン中国語会話レッスンを一番にオススメしたい人は
間違いなく、忙しいサラリーマンです。

 

日々の仕事も頑張らなきゃいけないし
自分の中国語を鍛えたい気持ちもある。

 

時間帯を自由に選べないのが、サラリーマンの唯一の弱点で
せっかく意欲があるのに、悔しい思いをしていたでしょう。

 

しかし、オンラインレッスンでは、
人によっては夜中にレッスンを開講したり
朝にレッスンを開講したりする先生がいます。

 

助かりますね。通い型の塾では100%あり得ないことが、オンラインではできます。

 

オンライン型中国語会話レッスンは、忙しいサラリーマンの味方です。

 

中国語会話レッスンが、お得に受けられる

 

もう一つ、オンライン型中国語会話レッスンの強みがありますよね。

 

授業料が比較的安いことです。

 

通い型の塾では、安いところで1レッスン4,000円~5,000円くらい
高いところだと10,000円を超えてくるところもあります。

 

でも、オンライン型中国語会話レッスンは安いですよ。

画像はITALKIよりキャプチャ、顔の部分は編集しています。

たとえば、私が次受けようと思っているITALKIでは
プロの先生と、コミュニティー・チューターがいます。

プロの先生でも1時間2,000円しないくらいが相場です。
(ちなみにITALKIはオンライン中国語会話レッスンの中でも高め)

 

 

中国語をある程度話せる人向けの、コミュニティー・チューターは

画像はITALKIよりキャプチャ。顔の部分は編集しています。

最安で500円しないくらいで1時間当たりの授業を受けられます。
凄いですよね。

 

世界向けのサービスなので、日本語を話せる先生は別途探す必要がありますが
値段を見たら、比較的高めのスクールでも、通い型の塾とは比べ物にならないくらい安いです。

 

 

寝起きの顔でも中国語会話レッスンができる

全然関係ないですが、オンライン型中国語会話レッスンなら
「身だしなみを整える必要」すらありません。

 

こちらがビデオ会話モードにしなければ
寝起きの顔でもOKだし、
部屋を掃除していなくてもOK

 

この点も、気軽に受けられる大きな要因の一つです。

 

オンライン中国語会話塾のメリットとデメリット

 

オンライン型中国語会話レッスンのメリットとデメリットを紹介します。

 

オンライン型中国語会話レッスンのメリットは多くて
挙げたらキリがないので少しだけ。

オンライン型中国語会話レッスンのメリット
  • 通い型の塾に比べて、授業料が安い
  • 時間帯の縛りが無いので、気軽にレッスンを受けられる
  • 移動時間が無いので、残りの時間を有意義に使える
こんな感じのものが挙げられます。

 

逆にデメリットを探してみると

オンライン型中国語会話レッスンのデメリット
  • 始めるのも辞めるのも気軽なので、継続するには根性が必要
  • マイクの付いたPCか、スマホを用意する必要がある
  • 先生の選択肢が多すぎて、合う先生を探すのに時間が掛かる
便利すぎる反面、取捨選択には自分の気合が必要になります。

 

とはいえ一度機材を準備して、良い先生が見つけられれば
安くて質の良い授業を受けられる、最高の選択肢になります。

 

忙しくても、時間を見つければ中国語会話レッスンができる


サラリーマンの大変なところは、忙しい事ですよね。

 

仕事が終わるのが遅いので、
ちょっと気を抜くとすぐ寝る時間になるし
塾に通おうと思っても塾がもう終わってることも多いし….。

 

さらに、時間に余裕のある週末は料金が高額になってるなんて事もありますよね。

 

しかし、1日の中にたった1時間、空いた時間を見つけられれば
中国語会話レッスンは受けられるんです。
その時刻が何時だってOK、都合がいいですよね。

塾によっては30分単位で授業を展開しているところも多いので、
ハードルはさらに下がります。

 

中国語会話のスキルが伸びるかは、自分次第

 

中国語会話のスキルを伸ばそうと思ったら

  • 独学
  • 塾に通う
  • オンラインレッスン
の3つの選択肢があります。

どの選択肢を選んでも、中国語会話のスキルが伸びるかどうかは、自分次第です。

 

私も初期は独学していたし、
今も半分以上の時間は独学ですが
慣れてきたらスクールに入るのは良いですよ。

理由は
良い意味で自分のペースを崩して、強制的に勉強できるようにしてくれるから。

 

 

中国語会話を勉強するなら
最初は独学、その後は塾、慣れてきたor時間がない場合はオンライン

こんな感じのステップが、効率が良いと思います。

▶中国語会話の塾の選び方

 

オンラインレッスンも、自分で時間を選んで先生を予約しないといけないですが
予約さえできれば、確実に勉強できます。

 

中国語会話のスキルが伸びるかどうかは自分次第ですが
自分次第な部分を極力減らすのが、勉強における投資の意味です。

 

夜中も早朝も、中国語会話レッスンができる

 

忙しいサラリーマンが通い型の塾に入ると

  • 「今週は時間が遅いから無理」
  • 「今日は接待があるから無理」
  • 「今日は体調が悪いから無理」
塾を休む理由がいくらでも浮かんできます。
塾では振り替えを用意してくれますが、

振り替えが溜まり過ぎて、消化できない

なんていう状態の人も多々います。

 

例えば4日分振り替えたとして
1週間毎日塾に通う事は可能ですか?

たぶん、現実的に不可能だと思います。

 

でも、塾に通って帰る時間があるなら
オンラインレッスンなら1日に詰め込むことだってできます。

 

「時間がない」が言い訳にならなくなります。

 

理由は、
オンラインレッスンでは、24時間いつでも授業が受けられるから。

 

24時間絶え間なく忙しい人は、めったにいません。
「受けよう」と思えば即授業を受けられる。

オンラインレッスンの強みです。

 

忙しさに合わせて、授業の量を調整できる

 

オンラインレッスンでは、忙しさに合わせて、授業の量を調整できる強みがあります。

例をだします。

 

たとえば年末や年度末の繁忙期
残業が続くので授業を丸々一か月お休みしたい。

塾→可能ですが、授業の回数分は振り替えという形になります。(月謝は払ってね)

オンライン→可能です。授業の頻度はご自由に選びください(月謝がない)

※場所によりますが、だいたい共通していると思います。

 

 

つまり、お金の無駄なく、レッスンの頻度を調整できます。

 

もちろん通い型の塾でも、「回数券制」のプランであれば好きに頻度を変えられます。
当然オンラインレッスンでも、定期プランであれば好きに頻度を変えるのは難しいです。

けど、回数券制にすれば元々高い料金がさらに割高になるし
オンラインレッスンでの定期プランは、元が安いのでたいして割安になりません。

 

自由度を考えると、サラリーマンにはオンラインレッスンが向いてるんじゃないかなと思う理由は、こういう柔軟性にあります。

 

私も本来はサラリーマンなので、
仕事が始まればオンラインレッスンを受講します。

中国に戻れば、当然オンラインです。

 

 

オンライン中国語会話レッスンを受けた感想


実際にオンライン中国語会話レッスン を受けた感想をお話します。

オンライン中国語会話レッスンでは

  • SkypeやWeChatなどのチャットアプリを使うタイプ
  • WebEXなどの、馴染みのない独自サービスを使うタイプ

の2種類があります。

 

Skype型のオンライン中国語会話レッスンでは
先生の顔や口を見れるので、より対面に近いレッスンが受けられます。

独自サービスを使うタイプのオンライン中国語会話レッスンでは
授業用のスライドを見ながら、授業を受けることができます。

 

私の個人的な意見では、
SkypeやWeChatを使ったレッスンの方がおススメですが
体験して気に入ったものを選ぶと良いと思います。

 

オンライン中国語会話レッスンは、現在2校、体験しました。
体験授業を受けたときの記事を貼っておきます。
参考になると嬉しいです。

 

まず一つ目がCCレッスンです。
料金も手ごろで、授業の予約も簡単です。
Skypeを使って授業をするので、特別な機材なしでOKです。

▶CCレッスンの体験授業を受けた感想

 

次にSpeakMandarin。
最近HPがリニューアルして、日本語が見れなくなりました。
日本人向けのサービスじゃなくなったのかな?
という訳でおススメしません。

Webex(Web会議サービス)の設定が面倒くさい割に使い物にならず
最終的にSkype授業に変更になりました。

▶SpeakMandarinの体験授業を受けた感想

 

スカイプでできるオンライン中国語会話レッスン

 

CCレッスンITALKIでは、
スカイプを使って中国語会話のレッスンができます。

 

もしSkypeがダメならWeChatとか、そんな切り替えも容易です。
使うツールに制約がありません。

お互いに使っていればZoomでもOKだし、
ツールに選択肢があるのが非常に便利です。。

 

最も一般的で、イメージは「オンラインの家庭教師がいる」くらいの感じです。

特に違和感もなく授業が受けられます。
そして、ツールコストが無いのが最大のメリットです。

 

先生はテレビ通話にしてくれるので、
発音練習は先生の口を見ながら練習OKです。
筆談はSkypeやWeChatのチャット機能を使います。

 

「教科書のここ」みたいな話をする時は、
カメラをONにすれば対応可能です。

 

オンライン中国語会話レッスンには料金の安さと手軽さを求めたいので
使いやすくて安い、Skype型のオンライン中国語会話レッスンが一番おススメです。

 

▶ITALKIのHP

▶CCレッスンのHP

 

スライドを使いながら勉強できる中国語会話レッスン

 

たとえばSpeak Mandarinというサービスでは
WebEXというWeb会議用のシステムを利用します。

 

 

利点は、授業用のスライドが見れる事ですが、
それはSkypeの画面共有で十分です。

しかもこれが音質が悪くて、
結局「音声はSkypeでお願いします」となりました。

特に大きな売りではないかなと思います。

 

 

2019年にサイトがリニューアルされて、
日本語ページが無くなりました。
そして2020年に確認したら、HPが無くなっていました。

サービスが停止したようです。

 

オンライン型中国語会話レッスンは、数をこなして鍛える

オンライン型中国語会話レッスンには、一つ弱点があります。

それは、「自分で勉強する環境を作らなきゃいけない」という点。

 

逆に強みは何かというと、「レッスン料金が比較的安い」という点

通い型の塾に比べて環境が劣ることが多いので
そこを補うためには「回数を大量にこなす」という作戦がベストです。

 

 

物凄く回数をこなしたとしても、トータルのレッスン料金が通い型の塾に比べて安いのが普通なので、オンライン中国語会話レッスンの正しい使い方は、「数をこなして鍛える」でOKです。

 

最初に基礎ができていると習得が早い

 

効率的に中国語を勉強するなら
独学→通いの塾→オンラインという流れが鉄板です。

 

簡単な文法や声調の勉強は、独学でも十分です。
YouTubeや本で独学できるし、一番気軽で一番安いです。

中国語基礎の勉強法は、こちらの記事で紹介しています。
いま少しずつ追記しているので、今後さらに内容が充実していきます。

▶中国語勉強の初心者用ロードマップ

 

 

  1. 最初に独学で中国語の基礎を勉強
  2. 次に通いの塾でアウトプットの基礎練習
  3. 最後にオンラインで数多くの実践試合

みたいなイメージです。

 

最初に基礎ができていると、
実践練習の時に立ち止まらず、サラサラと場数を踏めるので
これが一番効率的です。

 

忙しいサラリーマンも、
連休の時や仕事の閑散期を活かして
1週間だけでも2週間でもいい、一通り経験しておくことをおススメします。

もし最後まで終わらなくても勉強の方法が分かるので、そっちの方が絶対に早いです。

 

中国語会話を効率的に勉強するための塾の選び方は以下の記事で解説しています。

▶中国語会話塾の選び方について

 

弱点を自分で見つけて重点的に鍛える

 

オンライン中国語会話レッスンは環境の都合上、「実戦形式での勉強」がメインになります。

塾に通えないにしても、先に自分で弱点を見つけておくと
レッスンの成果が出やすくなります。

 

要望がない場合、一通りサラーっと流して終わるので
同じ部分を何度も復習してしまう時間的リスクがあります。

 

授業の予習は、こういう弱点を探しておくことが大事ですね。

 

中国語会話の基礎を身に付けるためには

 

中国語会話の勉強は、一生終わりがありません。
しかし、基礎さえ分かれば結構伝えられる内容も増えます。

私たちも、正しい文法で会話していることが少ないです。
それでも伝わりますよね。

語彙が足りなくても、気持ちで通じます。

 

若い人なんて、「あーね」だけで会話してたりします。
「ヤバい」だけで会話してることもありますね。
「わかるー!」だけでも会話が成立します。

 

それでも伝わるんだから、全然ビビらなくてOK。

 

会話の基礎を丁寧に勉強しましょう。

最初は独学、次は塾、そしてたくさん話して定着

この順番を守ればOKです。

 

最初に独学をする理由は
勉強にかかる余計なコストを減らし、無理なく継続するためです。

 

もし時間とお金に余裕があるなら最初からスクールに入るのも良いですが
声調をゼロから学んだり文法をゼロから学ぶなら、YouTubeと本で独学したほうが早いです。

▶中国語を楽しく勉強する方法を紹介している記事

 

これらの基礎を復習するタイミングから、スクールに入ると早いです。

 

色々試行錯誤しながら、私も中国語の勉強を続けています。

全然話せなくても中国の会社で働けます。
大丈夫、心配は要りません。

 

そのうち話せるようになります。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2020 All Rights Reserved.