中国語の勉強⑥~オンライン中国語会話の体験レッスンを受けてみた

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、中国語スクール評論家のTOMOです。

 

中国語を勉強し続けて2か月、そろそろ飽きてきたので実践編へ移ろうかと思い、思い切ってオンライン中国語会話の体験レッスンを申し込んでみました。

 

 

 

Speak Mandarinというところが良さそう!という事で早速体験レッスンを申し込みしてみたのでやり方を紹介します。

 

レッスン申し込みの流れ

Speak Mandarin のHPに移動します。

 

名前、メールアドレス、希望のレッスン日などを記入して、申し込みボタンを押します。

 

 

必要事項を記入して、利用規約のを読んで同意にチェック、オレンジ色のボタンをクリック。

 

 

 

この画面が出たら申し込み完了。

 

 

ここからはメールでやり取りをします。

申し込み時に登録したメールアドレス宛に、申し込み完了のメールが届きます。
これは返信不要。ただの確認メールです。数時間後くらいに再度来るメールからやり取りが始まります。

 

  1. 中国語のレベル(初心者~上級者)
  2. 中国語を勉強したい理由
  3. 日本語が話せる先生が良いか、話せなくても良いか
  4. 当日ウェブ会議システムが不調だった場合に備えてのスカイプID

についての質問のメールが来ました。この間3時間くらいだった気がします。割と早い。

 

 

返信した内容はこんな感じ。日本相手に先生をしてくれるなら多少は日本語喋れるでしょと思い、希望無しと伝えてみました。

メールの文面はこれがすべてなんですが、もうちょっと挨拶とか入れたほうが良かったかもしれないですね。

 

とはいえ、ちゃんとメッセージが返ってきました。これで予約完了です。1回のフォーム入力と、1通のメール送信で予約が完了。簡単ですね。

想定外なのが、先生が、「日本語が話せる」と書いてない。。。。

 

本当に大丈夫かな?受ける前から心配です。

 

 

 

とりあえず時間より少し前に指定されたURLに飛んでログインしてみました。

「ユーザーガイド」を読んでねって書いてありますが、説明書みたいに簡単にWeb会議用の拡張機能が入れられません。10分で準備できる人も多いと思いますが、私みたいにすぐ焦る人だとちょっとてんやわんやになる可能性が。

 

 

ユーザーガイドに書いてある、Webexは、この画面で適当にユーザー名と、メールアドレスを入れることで追加できます。Google Chromeじゃなかったら間に合わなかったかも。圧倒的にchrome推奨です。

 

 

何も考えずに一番下の「Add Webex to Chrome」をクリックします。(ここは説明書通り)

 

 

 

Googleウェブストアに飛ぶので、「chromeに追加」をクリック

 

 

 

ダウンロードが終わると、左下にダウンロードしたやつが出てきますよね。それをクリックすると完了。

 

 

 

 

 

時間10分前になれば、ボタンの名前が「ENTER」に代わるので、クリックして入室します。

 

 

 

 

 

この画面に来たらOK!いやー結構緊張しました。入室から開始までの制限時間が10分しかないのでドキドキしますね。

前もって準備しておいてよかった。

 

 

 

 

 

ちゃんと日本語の話せる先生にしておけばよかったと非常に後悔。結局、中国語を題材にした英会話レッスンみたいになってしまいました(笑)

けどまあ、先生は頑張って理解しようとしてくれるし、褒めてくれるし楽しかった。

 

 

 

 

音質は、昔のLINEとかよりも悪くて、ラグもひどかったです。だから開始数分後からはSkypeを使ってレッスンを継続しました。私がWiMAXで通信していたから速度が遅かった可能性も大いにあるので、普通の人はwebexで十分なのかもしれません。まあ、Skypeに変えてから物凄く音質がクリアになったし、その辺の臨機応変さが非常に良かったかなと。

 

楽しかったので他の体験講座も受けたりしようかな!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.