CHUWIさんお疲れさまでした。UBookの発送が完了。到着はいつ?

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは、TOMOです。

 

CHUWI UBookに出資したのが2月、現在7月。
およそ5か月くらい待望していたあいつが!なんと!

無事に発送されました!!!!!

 

 

本当におめでとうございます。
そしてCHUWIさん、お疲れさまでした。

 

数々の困難を乗り越えてきましたが、
こうやって出荷の日を迎えられて、
出資者の私もとても嬉しく思います。

 

今まで乗り越えてきた壁たちを振り返ってみましょう。
CHUWIから新しいメールが届いたので、それについては最後に読んでいきたいと思います。

 

CHUWIが素晴らしい2in1 PCを発表。その名もUBook

AndroidとWindowsのデュアルブート機を開発したり、
イケてるメーカーだなと思っていたCHUWIが
素敵な2in1タブレットPCを発表しました。

 

CHUWI UBookは
11.6インチの小さめの画面サイズで
重さ1kg以下の2in1タブレットPCです。

 

最近のタブレットらしく、タッチペンにも対応しています。
商談の際に手書きのメモを残したり、
持ち運びが容易なのでテレワークするときにも非常に便利です。

 

こういう人におススメ

  • 価格が5万円以下
  • CPUはCoreシリーズが良い
  • メモリは8GBあると安心
  • SSD搭載
  • 画面サイズは小さめ、10インチ程度

 

こういう条件でPCを探していたら
100%UBookにたどり着きます。

価格が安い+性能が良いという背反する希望を
上手に叶えてくれました。

 

今後UBookに似た製品も出てくると思いますが
パイオニアはCHUWIだと、私は思っています。

 

CHUWIも当初は順調に開発を進めていた

UBook開発当初は、本当に順調に開発が進んでいました。
プロトタイプも良い感じに出来上がり、
「量産体制に入ります」という連絡もスムーズに来ました。

4月末発送予定だったので、最初の2か月は順調そのものでした。

 

発送の目途も立ったところで、住所や電源タップの形状などの
質問票が送られてきました。
この時は到着まであと2週間くらいかなー?なんて
ウキウキしていました。

 

CHUWIが直面した最初のトラブル。キーボードのダウングレード

kickstarterというクラウドファンディングサイトで、
出資者がたくさん集まれば機能が豪華になる
「ストレッチゴール」というものがあります。

UBookは信じられないくらいたくさんの出資者に恵まれて
非常に多くのストレッチゴールを解禁してきました。

そのうちの一つが、キーボードのアップグレード。

「キーボード無し」から始まって、「キーボード付き」が解除され
「キーボードの縁が小さくなる」=キーが大きくなる
というストレッチゴールも達成したはずでした。

 

「1000個の新しいキーボードを2か月で作りなさい。しかも品質よく」
と注文を受けた工場が、「さすがに無理」と音を上げたのか
「短期に解決できない内部的な問題があります」
という発表。キーボードのアップグレードは無しに。

 

代わりにスタイラスペンホルダーがキーボードの横に付くことになりました。

 

CHUWIからの連絡が滞り、雲行きが怪しくなる。「完成が遅れます」

今まで何も問題なく製作が進んでいたはずで、
問題と言えばキーボードがダウングレードする程度だったのですが、
発送予定の4月末を過ぎても、発送の連絡が来ませんでした。

まあ遅くともGW中に発送連絡くらいくるかな?
もしくは製品が到着するかな?と考えていましたが
どちらもなく、GWが終わりました。

 

その時から急に、CHUWIからの連絡が滞るようになりました。
4月末の発送予定なのに、GW明け一発目にやっとメールが。
「完成が遅れました。SSDが届かないんです。」

もっと早く連絡してよ!楽しみにしてたのに。

 

この辺りから、「UBookはいつ届くのか?」という
予想についての話題で読者さんとたくさんお話ができたので
楽しかったですけどね。

 

ピンチが迫るCHUWI。発送日をごまかし始める

本来、SSDなんて掃いて捨てるほど余っているはずなのに
「SSDの到着待ちです」と言ってしまうあたりから怪しさ満点でした。

「SSD到着待ちです」と言ってから何日経っても情報は更新されず、
kickstarterのコメント欄に、主体的に情報を取りに行くようにしました。

もうすぐ発送するよ!という軽快なコメントが並んでいましたが、
これもまた暗黒の日々の序章でした。

 

積み重なるトラブル。CHUWIはとうとう返金不可能にし始める

製作しているのはCHUWIじゃなくて、外注の工場なんですが
製作の遅れに伴って泊まり込み作業を始めたそうです。

結果、制作に失敗

SSD到着遅れの連絡の時は、
「今なら返金受け付けるよ。ただし手数料だけはください」
っていう対応だったんですが、
このタイミングになって返金を求める人が続出。
一切取り合ってもらえなくなりました。

 

「返金したいんだけど」というコメントには一切無視。
唯一の連絡手段であるメールに対しても、数週間音沙汰無し。

 

この頃が一番暗黒期でした。
「もう、CHUWIに出資したのは失敗だったと諦めよう」
世界のみんながそう思っていた時期なんじゃないかと想像しています。

 

MiniBookを発表したり、CHUWIはまだ元気だった。

私たち出資者は、本当に心配していました。
CHUWIが期限を切ると、だいたいその1週間後に
「やっぱできませんでした。もう少し時間を頂戴」と
待ち合わせ時間に遅刻しながら「ごめん、遅れる」って連絡してくる
時間にルーズな人のような対応ばかりだったので

もしかしたら、製作していないんじゃないか?
なんて疑い始めていました。

 

SSDが届かないやら、製作に失敗したやら。
あとは、工場の人の残業過多で1週間生産が止まるという
訳の分からない理由もありました。

 

そして最後の壁、品質試験。

 

ぶっちゃけ、もう製作していないと思っていたので
品質試験の話が出た時は感動すら覚えました。
まあ、これも失敗して完成延期になるんですけどね。

 

暑い部屋、寒い部屋にそれぞれ丸一日置いておくという試験らしいんですが
温度耐久性を保証したいんでしょうね。

 

-20度~60度の環境に耐えられるなら、大体どこ行っても壊れることなく持ち運べそうですね。

 

結局、”weeks”遅れます。との連絡が来ました。
2週間でも100週間でも、数えれば”weeks”なので
年内に届いたらラッキーなんじゃないかな?と
考えるようになりました。

 

CHUWIの力が凄いのか。すぐ改良して品質試験もパス。近場から発送された

改良版の製品がCHUWIに到着したので、
「品質試験始めますよ」という連絡が入ってきました。

 

その後すぐに、「到着しました。簡単にレビューします」というコメントがいくつか出てくるようになりました。

 

全部で1000台近い製品があるので、最初の400個は中国近郊の国向け
残りの600個が世界向けという感じだったんでしょうかね。

 

香港の人がレビューを書いていました。

長所と短所に分けて、物凄く細かくレビューを書いてくれています。
が、私が一番気にしている画面タッチについてはコメントなしでした。

 

あんまり需要がない部分なのかもしれませんが、
個人的には一番楽しみにしている機能で、
CHUWIの苦手な分野でもあるために凄く興味があります。

 

とにもかくにも、
製品は無事完成しているようなので、発送はもうすぐなのかな?
と凄く楽しみにしていました。

そしたらついに、7月1日、

発送についてのメールが届きました!!!!おめでとう。

本当に皆さん、お疲れさまでした。そして、CHUWIのスタッフの方たちも、
物凄く辛い思いをされていたと思いますが、
無事に完成したようで本当に良かったです。お疲れさまでした。

 

CHUWIから、発送についての最新情報が届いた。

UBookの発送について、やっとCHUWIから連絡が来ましたね。
本当に待ちくたびれました。
昨日の夜中にメールを見たので、
一瞬目が完全に覚めました。

 

さて、メール本文を読んでいきましょう。

発送についての情報アップデート

出資者の皆様
大きなご支援と、さらに辛抱を、本当にありがとうございました。
私たちはちょうどいま、出荷に全力を挙げて取り掛かっているところです。

 

発送についての情報のアップデート

今のところ、ほとんどのオーダーが出荷されています。

フルスイングって、「全力を出す」っていう意味があるんですね。面白い。
メールでは、出荷が完了したよっていう感じのニュアンスですね。
あとは海を渡って日本の倉庫に入り、チェックを経て家まで届くのかな?

出荷用のパレットにUBookたちが積まれています。
でもなんか、箱が大きいような気もします。

謎の別の化粧箱。
こちらも、サイズが大きく見えます。
本当にUbookの写真なのかな?

 

まあ、ちゃんと送ってくれてるなら何にも問題ありません。

 

次は地域ごとの情報アップデートのお話です。

北アメリカ、アジアおよびロシア

いくつかのアジア、アメリカ、ロシアの出資者について
最新の追跡情報です。
下のリンクをクリックして、あなたの追跡番号をチェックしてください。
Tracking Number-Some Asia, America and Russia(追跡番号チェック)

 

ヨーロッパ

EU用の付属品が先週届きました。
予定としては、税関で何にもトラブルが無ければドイツの倉庫に来週届くかと。

日本とイギリス

日本とイギリスは、VAT問題のせいで、
現時点で発送することができません。
輸送会社と解決策を探しています。
そして、今週に解決できることを期待しています。
遅れてしまって申し訳ございません。

日本にはしばらく送られない!!!!!
えっ!?ってなりますね。
VAT問題とか、聞いた事ないよ。

 

VAT問題について、別記事で解説していきたいと思います。

簡単に言うと、付加価値税(Value Added Tax)というもので、
日本で使う目的の物を海外で購入したら、
海外で購入した時にかかる税金が返ってくる仕組みのようです。

 

出資した4万円くらいのお金の一部が、返ってきたりするのかな?
たぶんないと思いますが、まあ、無事に終わる事を祈りましょう。

 

VATについて、勉強した内容を記事にしておきました。
CHUWIには私から「何かできないか?」とメールで聞いてみたので、
必要な手続きがあるなど、情報が入り次第また記事にて報告したいと思います。

 



後日追記
こちら側での対応は不要と、CHUWIから回答いただけました。

ただ発送を待っていればOKです。

 

<関連情報>

UBook関連の今までの全部の記事はこちらで確認できます。

 

以下おすすめ記事です。

UBook 到着!!!早速開封して少し使ってレビューしてみます。

UBookの動画レビューが出てきた。日本に届くまでに予習をしておこう。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.