UBookの動画レビューが出てきた。日本に届くまでに予習をしておこう。

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、TOMOです。
気づいたらCHUWI UBookに関する記事も20記事を超えていました。
UBookについて圧倒的に記事数を書いたら、
「UBook」とか「UBook レビュー」とかの検索ワードで
検索上位に上がっていました。

 

UBook関連で出会って、そのまま私の色んな発信に興味を持ってくれる人がいると嬉しいなって思います。

さて今回は、とうとうYouTubeにUBookのレビューが上がり始めたので
それを紹介していきたいと思います。

動画を見る事でサイズ感や質などのイメージが湧いてきますね。

 

 

7/14追記 私の元にも届きました!!
レビュー記事書いてます。

UBook 到着!!!早速開封して少し使ってレビューしてみます。

UBookの開封動画レビューが出てきた。日本に届くまでに予習をしておこう。

たまたまYouTubeで「ubook unboxing」と検索し続けていたら
本日になって一つ動画が上がっていました。

 

kickstarterのコメント欄上でも「動画撮ったよー」って宣伝していました。

動画の投稿主さんはニュージーランドの方とのことです。

 

UBookの開封動画レビューを見て、気になる点を挙げておきます

UBookの開封レビュー動画が投稿されているので
せっかくですので感想を書いておこうと思います。

 

電源ケーブルが化粧箱外に付属している

一番に驚いたのが、電源ケーブルが完全なおまけとして同梱されていました。
UBookの付属品なのか、単なるスペーサー代わりなのかイマイチわかりませんね。
「化粧箱内に入りきらない構成にしてしまった!」っていうドジを踏んだんだと思いますけどね。

そもそもUSB-Cで充電できるので、充電用のケーブルはどう扱ったらいいか悩みますね。

 

緩衝関係はバッチリに梱包されている

UBookの入っている箱のサイズよりも大きめの紙の袋に梱包されています。
動画を見ても難しいですが、プチプチのついた袋に入っていそうな感じです。

出てきた化粧箱を見ると非常にきれいなので、衝撃対策はバッチリとされているみたいです。

 

箱の開封が難しそう

UBookが入っている肌色?っぽい色の箱に白いスリーブがついているんですが
めちゃくちゃピチピチのサイズになっていて、開封が難しそうです。

動画の子供が箱を破ろうかという勢いで頑張っています。

 

箱を綺麗にとっておきたい人にとっては、上手にスリーブを戻すのが難しいかもしれませんね。
それくらい、綺麗に見せるための工夫がなされていると思えば好印象です。

 

パッケージが興奮する

箱が開きました。

中身には、タブレット本体とスタイラスペンが見えます。
もうこの時点でワクワクですね。早く開封したい。

 

UBook本体の外観レビューもありました。もう少しチェックしよう

動画は開封している姿だけなので、残り時間はそう長くありません。
少しだけ外観について見れる部分があるので、そこもチェックしていきましょう。

 

画面が少し大きい?

子供の手と画面です。
スクリーンサイズは11.6インチですが、
ベゼル(縁)がめちゃくちゃ太いので、実質13インチのパソコンくらい大きく見えますね。

 

もう少しスタイリッシュな感じを想像していたので、ここは非常に残念です。
サーフェスGOもそうですが、価格抑えめのタブレットPCになるとベゼルが太い傾向にありそうです。
何となく一世代前感があるので、ちょっとダサい。

 

ペンの筆圧が2048に対応

キャプチャを撮ったはいい物の、全然見えないですね。
Pen Tipと書いてある下に、2048筆圧対応と書いてあります。
ペン先は柔らかいやつ、硬いやつに交換ができるらしいです。方法は不明です。

 

キーボードは簡単に壊れそうなので、おまけだと思おう

到着段階で、すでにキーボードが破損しています。
実際はキーが外れているだけなので問題はありませんが、
簡単に取れちゃうことは覚悟したほうが良いです。

 

そして厚み。相当ぺらぺらしています。下敷きくらいの厚みに見えますね。
よくこれでキーボードとして成り立ってるなと感動しました。
薄型軽量化の技術って凄いなあ。

 

タッチパネルは指でも反応する

これは素敵ですね。
指でも反応するのでタブレットとして使う事もできます。
スタイラスペンが無くても、操作だけなら指だけで何とかなると思います。

 

キーボードの打ち心地は悪そう

キーボードの打ち心地は悪そうです。
トントン叩くと、ブルブル震えます。
薄くて軽量なので仕方ないかな。
机にべったりと置いてしまえばその不快さは解決できそうです。

 

スタイラスペンホルダーは、思った感じと違う

スタイラスペンホルダーは思った感じと違います。
写真の様に収納しようとすると入らないっぽい。

正解はこう。
これならもう、タブレットケースを購入してしまって
そこについてるスタイラスペンホルダー入れに収納したほうが破損がなさそうですね。

 

<簡単な訳>
横に付いてる小さいクルっとしたやつは解せないね。ペン用にしては小さすぎます。
だから小さいクリップのほうを引っかけているんですね。

 

というツッコミ。まあそうですよね。「そっち入れるんかーい!」っていう感じです。

 

UBookの日本、イギリス向けの発送はまだまだ遅れる

今週末には送るかな?って勝手に想像していましたが
実際はそんなに甘くなく。

一応、予定としては月曜日の発送になるみたいですが、どうも歯切れが悪いので
まだまだ遅れる可能性も大いにあります。

これですね。質問者さん、ありがとうございます。
この質問が無ければ日本人全員が心配なまま日々を過ごすことになるところでした。

CHUWIのsoonとexpectと期限はまだ確信が持てないので、あと1週間待ってみたら良い事あるかもしれないですね。

 

7月中に到着する事をただただ祈るのみです。

 

UBook関連記事はこちら

 

なぜ日本に送られないか?についての記事はこちら

CHUWIさんお疲れさまでした。UBookの発送が完了。到着はいつ?

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら


スポンサーリンク


スポンサーリンク




Comment

  1. rgb400 より:

    納期の質問者です。
    今週末に日本の倉庫に届くそうなので 楽しみですね。

    • TOMO より:

      コメントありがとうございます。

      kickstarterのコメント見ました。
      楽しみですね!

      The first batch of Japanese package has been sent out already
      最初のグループが送られたっていう意味だと思いますが、順番なのかな?

      とにかく、週末の連絡を楽しみにしたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.