思い立ったら何でも全力でトライするよ

個室ありシャワーありタオル無料。快活クラブのリラックスルームが最高

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

 

こんにちは、TOMOです。

先日、一週間飲みまくりの旅をしてきたので
全く家に帰れませんでした。

 

 

その際にヘビーユーズしたのがネットカフェ。
まだ収入のある仕事をしていないので、コストを極限までそぎ落としていったら
泊まる場所はネカフェかサウナばかりになりました。

 

その中でも一番快適だったのが快活クラブ。
是非皆さんも、終電を逃したりしたら使ってみてください。

 

個室ありシャワーありタオル無料。快活クラブのリラックスルームが最高

飲みに行って、夜中に解散するとなると、
ビジネスホテルに泊まると結構勿体ないです。

10時なり11時なりにチェックアウトが決まっているので、
例えば5時にホテルに帰ってきたら、5時間で6000円ぐらいかかってしまいます。

 

快活クラブであれば、地域によって恐らく値段が変わると思うんですが、
24時間で6000円くらいです。
3時間なら1500円くらい。圧倒的に安いですね。

 

快活クラブの受付は、自動でもできます。
予約をしておいて、のちに自動受付の機械でチェックインという形で、
気軽に入店できます。
※そのため、店員さんが受付にいない事も多々あります。

私はよくわからなかったので、受付の人にお願いして入店しました。

 

快活と言えば豊富なドリンクバーですよね。
最近はエスプレッソマシーンっていうんですかね、豆からコーヒーを入れてくれる機械があるんですね。ソフトクリームマシンも当然あります。

 

キーコーヒーと快活クラブのコラボで作られた機械のようです。同じ機械でなぜかコーンポタージュが飲めるという不思議な機械。

 

ソフトドリンク、コーヒーのほかにも各種お茶や、中華スープの素なんてのもあったりします。
面白いですね。

 

快活の美味しいカレーとかの載っているメニューが無かったので、
もしかしたら料理の提供をやめたのかもしれません。

代わりにカップ麺が豊富に取り揃えられていました。
他にも日用品として、髭剃りや化粧落とし、マスクなんかも売っていました。
簡単に一泊できる施設ですよね。

 

オフィスにおいてあるような複合コピー機も置いてありました。
最近はネカフェで仕事をして、書類の印刷までするっていう使い方があるそうなので、
結構マストな存在ですよね。

 

料金表はこんな感じ。
白黒の印刷で20円。
カラーだと50円~80円なので、割高です。

 

リニューアルしている快活クラブは全席個室になっています。
カードキーをドアノブの上の読み取り部にかざすとロックが解除されるようになっています。

 

もう少し散策すると、まさかの洗濯機と乾燥機がありました。
両方とも100円くらいで使えたはずなので、一般的なコインランドリーと同じような料金でしょう。
結構利用者が多かったです。

 

 

シャワーを浴びるとなると、普通はタオルにレンタル料金がかかるもんなのですが
快活クラブはレンタル無料、使い放題でした。

 

そしてシャワー。
利用料は何と無料。
「次の人のために15分を目安に利用してね」という注意書きくらいでした。
まあ、シャワーだけで30分も40分も使う人はいないので、
普通に利用し放題の感覚でOKでしょう。

 

洗面台には性能の良いドライヤーが置いてありました。
シャワーを浴びて、髪を乾かして、そのままヘアセットも可能です。

 

一番素敵だと思ったのが、喫煙所。
普通の漫画喫茶、ネットカフェだと「喫煙ブース」という一帯があるんですが
そこから結構臭いが漏れるんですよね。
快活クラブは全席禁煙なので、喫煙室にさえ近寄らなければ臭いは感じません。
この場所の前に立った時も別に臭いを感じなかったので、換気扇の性能が良いのかもしれません。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#関内駅 の#快活club 。 #終電 の後とか、#始発 の時とか 簡易的に#ホテル 代わりに使うの良いな。 #セルフレジ が素敵すぎる。便利だ

TOMOさん(@try_tomo)がシェアした投稿 –

 

 

 

調べてみると快活クラブ以外にも

  • マンボー
  • カスタマカフェ
  • アプレシオ
  • DICE

などなど、たくさんの漫画喫茶・ネットカフェが
完全個室を提供しているそうです。

 

これからもしばらくは裕福な生活はできそうにないので、
経費で落ちない出張(つまり、ひとり旅行)では
こういう快適なネカフェを利用しようと思います。

 

素敵な点は、予約しなくても、「あ、終電のがした」っていうタイミングで利用できる事。
東京、神奈川、愛知、大阪、京都あたりの都会であれば比較的利用しやすいのではないかな?

 

これで飲み会もばっちり!

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.