中華人民共和国査証申請表の書き方。【中国就労ビザ取得まであと1週間】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんばんは、TOMOです。
やっと、やっともうすぐビザ発行です。

現在のステージは、
中国の政府から、「外国人来华工作许可通知」をもらっている状態です。

 

もし、まだこのステップでない場合は
まとめ記事を作っているので、そこから必要な情報を持っていってもらえればと思います。

 

では、ビザ申請の最後の手順について、解説していきます。

 

ビザの発給前の準備

私の現在のステップは、
中国の政府から「外国人来华工作许可通知」を発行されて
現地の会社から私宛に送られてきて手元にある状態。

次のステップは、ビザの申請です。

 

ビザ発給前の準備

手続きに関するまとめは、以下の記事で紹介しています。

まず最初に

  • 卒業証明書
  • 健康診断書
  • 履歴書
  • パスポートのコピー(カラー)
  • 証明写真のデータ
を中国の会社に送ります。

卒業証明書と健康診断書は公印確認が必要。
卒業証明書はさらに領事認証が必要です。

 

書類を発送するときは、
EMSを利用すると到着の連絡もあるので安心できます。

 

 

次に無犯罪証明の申請。

 

その後、外国人来华许可申请表の作成中のデータをメールで送ってもらい、
印刷して大きい警察(都道府県警)に持っていきます。

持ち物や注意なども、同じくこちらの記事参考で。

 

指紋を取られたり、必要事項のチェックが行われたりします。
粗相をすると逮捕されるかもという緊張感があります。

 

2週間後に無犯罪証明がもらえるので、
外務省に送付して公印確認をもらい、査証サービスセンターにて領事認証を貰います。

参考記事はこちら

次のステップは、中国で働くためのビザ発行です。

 

ビザ申請の仕方

中国政府から「外国人来华工作许可通知」をもらったら、
再び査証サービスセンターでビザの申請をします。

中国査証サービスセンターのHPで申請書類を印刷

必要事項を記入して持っていきます。

 

1枚目は特に大きな注意事項無し。
例に沿って書いて行きます。
記入の言語は日本語でOKです。

空欄は禁止。なしの場合は「なし」と記入するのが注意点です。

 

2枚目は、未婚・既婚について正確に記入する事と
就労ビザの場合は「予定入国回数」は一番上にチェックします。
居留許可をもらうと、無制限に行ったり来たりできるようになるみたい。
今回のビザは、中国で居留許可をもらうための滞在許可みたいなもんですね。

 

3枚目が一番注意事項が多くて、

  • 滞在日数は「0000」と記入
  • 出発日を記入、帰国日は記入しない
  • 滞在費の負担は、「現地会社」と記入
  • 受け入れ先については、受け入れの担当者の名前を書いて、関係は「勤め先」と書く
  • 行った事のある国について、台湾は「中国」扱い。恐らく香港もそう。

 

4枚目はほとんど「なし」と記入すればOKです。
例では中国語で「无」と書いてありますが、日本語でOKです。

 

この書類が、ビザの申請用紙になります。
証明写真を持っていくことを忘れずに!!!

サイズは33mm x 48mmです。
こちらの記事で、証明写真の作り方について解説しています。

 

貼り付けは書類のミスチェックの後に担当者が代わりに行ってくれます。

写真自体が無い場合、写真撮影からやり直しです。
一応中にスピード写真の機械があるので、それでもOKなのかもしれませんが。

 

中国ビザ申請に必要な持ち物

持ち物は以下(参考:中国査証サービスセンター

  • 証明写真
  • 査証申請表(先ほど記入した紙)
  • 外国人就業許可通知の紙
  • パスポートの原本とそのコピー

これらをもって領事館に行きます。

 

ちょっと細かく解説

証明写真と査証申請表については前項の通りです。

 

外国人就業許可通知は、中华人民共和国外国人工作许可通知という正式名称です。PDFファイルでもらえるので、カラーコピーして持っていきました。中国語と英語版をもらったので、両方とも渡しました。コンビニで印刷したので150円かかりました。

 

パスポートのコピーはどこが必要か分からないので、コピーせず持っていきました。2か所くらいコピーされたかな?たぶん、写真のページと、スタンプ欄の最後のページだと思います。

 

これらをもって、査証サービスセンターに行きます。

査証申請表を提出すると、必要事項のチェックが行われ、OKの場合はまた1週間後に受け取りが可能になります。

 

必要な日数が多くて焦りますが、
ひとつひとつ丁寧に済ませていきましょう。

 

もしビザの発給が遅れた場合は、先方に「ごめんね」って言えば
事情も分かっているので意外と許してくれます。

一応、心配かけないように逐次連絡する事は忘れずに!

 

それでは楽しい中国駐在を!

 

中国の就労ビザを取得できました

2019年12月、やっと就労ビザが取得できました。
7月から準備していましたが、様々なトラブルが重なったために5か月かかりました。

 

起きたトラブルは3つ
  • 最初は無犯罪証明が不要と言われていた
  • 外国人来华工作许可申请表の記載内容が間違っていた
  • 人材ポイントが足りなかった

加えて外国人とのやり取りなので、日本人みたいにテキパキと動いてくれないという問題もありました。

「手続き順調に進んでる?」と聞くと、その日にやっと進捗するという感じ。定期的な確認は有効ですね

 

人材ポイントについては、「中国就労ビザが取れない。スコア制と工作許可【HSKは取ったほうが良い】」にて解説しています。

HSKは受けておいたほうが良い。マジで。2級程度でも人生が変わります。(就業許可が出るので)

 

とはいえ、当時は探しても情報がなかったので、これだけの時間が掛かっただけです。
今は、私が記録を残したので、これによって救われる人が増えてほしい。

ちなみに、私がまたゼロからやり直すとしたら、3か月もあれば余裕で終わります。
情報って、それくらい大切ですね。

 

今までお付き合いありがとうございました。
中国でも頑張りましょう!

 

関連記事の紹介

<中国の就労ビザ取得のための準備まとめ>

中国ビザ申請についてのまとめを書いています。
進捗があるたびにこちらの記事が更新されていきます。
全体を知りたい方はこちらをご確認ください。

 

<予防接種を打ちましたか?>

海外なので、日本では流行っていない病気があったりします。
中国に行く前に打つと良いといわれているワクチンは8種類。
予防接種の受け方について解説しています。

 

その他もし足りない点、不明な点があれば、Twitterにて聞いてもらえれば、知っている範囲でお答えしますのでお気軽にどうぞ(Twitter:@try_to921mo

そのままフォローしてもらえると嬉しいです。

 

中国の就労ビザの準備をしつつ、中国語の勉強をする方は、HSKの受検がおススメです。

中国の就業許可が下りるor下りないの判断にも使われる検定なので、もしHSKを持っていないと中国の就労ビザが取れないとか、手続きが遅れるなどのトラブルもあります。(経験談)

時間があるならHSK4級(合格まで4か月~半年)、無い場合は最低でもHSK2級(合格まで2週間~1か月)を持っておくと、今後安心です。HSKの相談も、Twitterにて受けております。お気軽にどうぞ。

(Twitter:@try_to921mo

HSKのお供。単語帳販売中です(300円~)

 

 

工作許可申請の際の写真サイズに困ったら

外国人来华工作许可申请表の申請時、写真はデータにて送付します。
画像の容量が小さいと申請できないので、
写真のデータ容量を大きくする工夫について解説しています。

画像の容量(ファイルサイズ)を大きくする変更方法【特殊なソフトは不要です】

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.