思い立ったら何でも全力でトライするよ

就労ビザ取得のために中国に必要書類を送った。あとは現地の手続き

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

 

こんにちは、TOMOです。
やっと先日、就労ビザ取得のために日本で準備しておく書類を
中国に発送しました。

 

必要な書類はこいつらです。
作業量自体は多く無いですが、手待ち時間が長いのが
就労ビザ取得の辛いところですね。

 

あとは外務省の公印確認やら領事認証やらの手続きが大変なので
精神的なエネルギー消耗が激しいです。

 

今回は、必要な書類の準備が終わったので、
現地への発送の仕方について解説をします。

 

就労ビザ取得のために中国に必要書類を送った。あとは現地の手続き

中国の就労ビザ取得のためには
中国政府による許可が必要になります。

  • 卒業証明書(領事認証)
  • 健康診断書(公印確認)
  • 履歴書(中国語、または和英など求められた言語)
  • パスポートのコピー(白黒でOK、写真のところ)
  • 中国ビザ用サイズの証明写真5枚(33×48サイズ)

色々調べていると、もっと必要な書類は多そうなんですが、とりあえずこれだけ送りました。
更に必要な書類があれば、また追って送ればいいだけの話なので
とりあえず優雅に構えていましょう。

必要な書類が増えたら追記します。

 

 

心配な方は、最近更新されたこちらの記事を参考にして集めてみても良いかもしれません。
中国で働く 工作許可証延長手続きから居留許可更新まで ※2019年5月追記修正しました」―しゃんさく.com

 

EMSを使って外国人就業許可証申請に必要な書類を中国に送ろう

書類を準備し終わったら、EMSという発送方法で現地の会社に書類を送ります。
日本郵便のHPで詳しい送り方が説明されています。(次項で簡単に説明をします。)

中国に書類を送る選択肢はいくつかあるんですが、
ことビザの関係においては早ければ早いほど嬉しいです。

 

日本でも、普通郵便だと届いたか心配にならないように
クリックポストを使ったり、レターパックを使って発送するのと同じ感覚で
外国に書類を送るときは、「確実に届いた」という証拠が分かるように
EMSを使って書類を送る事を推奨します。

 

調べると2~3日くらいで届くみたい。
追跡も可能なので安心です。

 

到着したらメールでお知らせをくれるサービスもあるみたいです。

 

EMSを使って外国人就業許可証申請に必要な書類を中国に送ろう

まず最初にEMS封筒を手に入れます。

郵便局で手に入れる事ができます。
50円のやつと70円のやつがあります。
書類の分厚さで選べばOKです。

 

次に、ラベルを記入します。(画像は日本郵便HPより借りました。
例は英語で書いていますが、日本語と中国語で記入してもOKです。
中国向けなので、私はあて先は簡体字で記入しました。

日本の住所は日本語で書きました。一応、基本は英語のようですが、、、
まあ、送れれば良いでしょう。現地の人も簡体字のほうがわかりやすいだろうし。

 

あとはEMS封筒に封をして、
郵便局の窓口に提出します。

 

普通に、「郵便」の窓口で発送ができます。
初めてなのでドキドキしました。

 

料金は1400円。高いけど、必要経費です。

後は届くのを待つのみ。

 

中国の会社のほうで、外国人就業許可証を申請してもらう

現地での手続きは恐らく、インターネットを使ったオンライン手続きになると思うので
まあ1か月も待てばビザ取得のための書類が新たにもらえるんじゃないかなと。
そしたら現地の会社から、いくつか書類がもらえるはずです。

※調べたところによると、現在はビザ発行許可通知みたいな通知書は不要になったとのこと(「被授権者単位答証通知表」というらしい。日本橋夢屋より)

 

ビザ発給に必要な、現地から貰うべき書類は「外国人就業許可通知」ですね。
(外国人工作許可通知見たいな書き方なんじゃないかなと予想していますが、貰ってから考えます。とりあえず、そんな感じの名前のやつ)

中国査証サービスセンターのHPによると

これだけの書類があればビザの発給申請ができそうです。

 

  • パスポート原本+コピー
  • 証明写真
  • 申請用のフォーム(査証サービスセンターのHPでDL可能です。)
  • 外国人就業許可証またはそれに準ずるもの

 

先日行った、査証サービスセンターに行って、必要書類と共に申請します。

 

ドキドキしながら次のイベントを待ちます。

 

<以下、おすすめ記事です。>

中国の就労ビザを取るために、日本で最初にやっておくべきこと

中国語を楽しく勉強する方法。塾に行っても楽しさは得られません

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.