思い立ったら何でも全力でトライするよ

海外赴任が決まった。中国を例にして準備する物を解説します。

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

こんにちは、海外赴任サポーターのTOMOです。

 

私自身も、今年から海外で働くことが決定しました!!!

 

というわけで、海外にて働く予定のあなたへ、役立つ情報をお届けします。

 

何かのヒントになりますように。

 

海外での勤務が決まった!準備する物は何?

海外での長期間滞在が決まった場合、短期出張や旅行と違って準備すべきものがいくつかあります。

大きく分けたらこんな感じ。

  • 手続き関係
  • 税金、保険関係
  • 携帯電話関係

  • 日常生活関係
  • 連絡手段
  • 衛生関係

これから、各項目について解説していきます。

手続き関係

手続き関係には、以下のような物があります。

 

  • パスポート
  • 就労ビザ
  • 入国許可証

海外で働くわけですから、これらをミスると入国すら許されず、「今までお疲れさまでした」となります。

 

 

一つずつ注意点を見ていきましょう。

パスポート

パスポートを持っていないと、飛行機に乗る事すらできませんし、航空会社や旅行サイトによっては飛行機の予約すらできません。

パスポートの取得には時間がかかります。申請をしてから受け取れるまでおよそ2週間くらいです。

申請までも様々書類を手に入れないといけないので、合計すると3週間~1か月くらいかかります。

 

注意すべきことは一つ。

 

パスポートの有効期限は足りていますか?

 

もし、現地にいる間にパスポートの有効期限が切れてしまうは、外務省のHPを参考にして、現地で新しいパスポートを申請することができます。

 

また、パスポートの有効期限が短すぎるとそもそもビザ自体が下りない場合もあります。

その場合は先に切り替え手続きを行う事で、もう一回パスポートの取得をすれば乗り越えられます。その場合はパスポート番号も変わるので注意しましょう。

就労ビザ

海外で働くためにはビザが必要です。

ビザの取得方法についてはこちらの記事が凄くわかりやすかったので参考にしてください。

外国人就労ビザの申請流れ?在留資格の有効期間?

 

居留許可証

私は中国にて就職しますが、その際には中国に住んで仕事をするための、「居留許可証」というものが必要になります。

これなしに中国に滞在した場合は重い罰を受ける事になりますので気をつけてください。

 

基本的にどこの国でもそうですが、決められた期間以上の旅行には入国ビザが必要で、長い期間海外に住む場合には居留許可証が必要です。

例として中国の場合の説明のサイトを載せておきます。

在中国日本国大使館

こちらのサイトを参考にして準備をします。

税金、保健関係

海外に長い間滞在する場合には、保険や税金の関係の手続きをしておくと支払いが免除になってお得になったり、物理的に支払いが困難で無駄に未払いになるのを防いだりすることができます。

 

健康保険

社会保険は、日本企業に勤めている場合は会社と本人が折半して払っています。

 

日本企業からの出向扱いの場合、日本の会社の社会保険に加入したまま海外に行くことになります。当然日本に帰国した場合は日本で病院にかかれますので心配は要りません。

 

 

もう一つのパターンとして、日本の会社に全く籍がなく、個人で海外の会社に就職した場合、日本の保険制度を利用することができません。日本の病院にかかったら自費です。普段は3割負担ですが、全額負担になります。超高額です。

 

救済措置として、会社の社会保険から抜けた後に、最大2年間、任意継続できる制度を利用すれば、保険証を使って日本の病院にかかる事ができます。

もう一つの策として、国民保険に加入する方法。国保に入って保険料を納め続ければ、日本の病院にかかれます。日本に帰ってくる予定がある場合はどちらかをしておくといいでしょう。私は社会保険を継続していこうかと思っています。

 

 

住民税と所得税

所得税については、国外に居住し始めた日から日本への納付義務がなくなります。

会社の給与が日本から払われる、海外から払われるに関わらず、日本への支払いは不要となります。出国前までが支払い対象になるので、そこまでの分で年末調整をしてもらいましょう。(お願いしなくても会社の方からやっておいてくれます)

 

住民税については、日本に住んでいないのであれば納付しなくてよくなります。

ここは難しいですが、12月31日までに日本を発てば翌年6月の納付は不要になります。詳しくは会社に相談するか、お世話になっている先生に聞いてみる事をお勧めします。

携帯電話関係

携帯電話、海外にいる間は電話番号は不要ですよね。

海外でもSIMを契約するので使いもしないのに重複で契約して、高額なお金を払わされてしまいます。

 

大手3キャリアであれば、海外赴任中の基本使用料を超安くして番号を保存しておいてくれます。窓口で相談してみてください。

 

 

問題はMVNO業者の場合。数が多すぎて調べきれないので、私の契約している楽天モバイルについて調べてみました。

が、現在電話番号預かりサービスについては行っていないようでした。

元々の使用量がdocomoの8000円から楽天モバイルの1500円に抑えられたのでまあしょうがないと諦めます。電話番号を変えると不便が多いので。

 

日常生活関係

日常生活において必要なのは以下です。

 

  • 自家用車の処分
  • 予防接種
  • クレジットカードの作成

 

自家用車の処分

海外に出てしばらく車に乗らないのであれば、自家用車は処分してしまいましょう。

自動車税やら車検やら、高額になってしまうのと、しばらく車に乗らないと車が傷んでしまうので、代わりに誰かが乗る場合以外は手放してしまったほうが良いです。

 

車は中古車屋さんを使ってサクッと終わらせちゃいましょう。やらなきゃいけない作業がたくさんあるので。

中古販売屋さんのリンクを貼っておきます。

 

 

 

予防接種

小さい時にたくさん打ってきた予防接種ですが、年代によって受けている種類が違うのと同様に、住んでいる国によっても必要な種類が違います。

海外赴任となると海外にいる時間は非常に長い期間になりますので、重い症状になるリスクを考えたら受けておいた方が良いでしょう。

今後海外赴任と言えば東南アジアも増えてくると思うので、そういう場合は特に必要です。

厚生労働省検疫所のサイトにて詳しい内容が調べられますので参考にしてください。

 

クレジットカードの作成

「クレジットカードなんて既に持ってるよ」っていう人が大半だと思いますが、あなたの作ったクレジットカードは、あなたが日本で生活するうえで便利なクレジットカードだと思います。

海外にて長い事生活するのであれば海外で生活するのに便利なクレジットカードを作るのが、流れとしては良さそうですよね。

 

中国であれば銀聯カードが便利とのこと。

 

連絡手段

海外赴任をしたら家族と連絡が取れなくなった!となってしまっては不幸極まりないですよね。

若い家族であれば心配になってしまうし、長い間連れ添った家族であれば、「いなくても何とかなるじゃん」と思われてしまうかもしれません。

 

今の時代は会えなくても通話やテレビ通話が無料でできるようになったので、そのための手段は複数用意しておいた方が良いです。

有名なのは中国でLINE、Twitter、Facebookなどが使えない事。

ロシアでもLINEは使えません。

 

今までLINEに完全に依存してしまった日本人の私たちですので、逃げ道を用意する訓練として良い機会ですね。

手段をいくつかご紹介します。

 

  • Viber(楽天)
  • チャットワーク
  • Skype
  • Zoom
  • WeChat(微信)
  • 最後の手段にeメール

一番便利なのはSkypeでしょうか。使い慣れた人が多い、操作方法が簡単、中国でも使用できるという強みがあります。

Zoomは通話に特化したサービス。テレビ通話も可能で非常に音質が良いです。

WeChatは中国で使用するのに100%安心ですが、認証するのに友人の協力が必要だったりして面倒です。

 

 

衛生関係

掃除、洗濯、あとはお風呂関係において、海外ですと合わないものがたくさんあります。

海外だと日本の様におしぼりが無料で出てくる事も少ないので、アルコール消毒やティッシュなどがあると非常に便利です。洗濯は、海外に行くと「どれがいいのかわからない」とか、「いつもの香りで落ち着きたい」などあると思うのであると便利。

お風呂関係は本当に対策が必要です。肌に直接触れますので、合わないとかなり肌がボツボツします。痒みも出ます。普段使いの物か低刺激のシャンプー、ボディーソープを持っていくと良いかもしれません。

 

私はカウブランドの牛乳石鹸を持っていきます。全身洗えてオススメ。あとは中和のためにクエン酸リンスも持っていきます。

 

 

 

最後に

日本から離れて非常に不安と恐怖でいっぱいだと思います。

私も不安です。怖いです。みんなと離れるのも寂しくてしょうがないです。

 

いつもと同じ生活をできるようにしておくことと、もしものための準備、あとは基本的な渡航の準備だけしておけば何とかなります。

一緒に頑張りましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.