思い立ったら何でも全力でトライするよ

野球肩の本当の原因は股関節?可動域を広げて肩の負担を減らそう

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

こんにちは、野球肩からの奇跡の復活!TOMOです。

 

10年以上苦しんでいた野球肩を、たった3か月で回復傾向に劇的回復!今では普通にキャッチボールや、少し遠めの距離での軽い遠投が可能になりました。

 

ここまでの道のりは凄く長かった。けど同じ悩みを抱えている方がたくさんいるのを私は知っていたので、自分を実験台にして頑張ってきましたよ。

詳しくはこちらの記事に残しています。

 

肩の痛みがなくなったからと言って、これで野球肩のリハビリは終了ではありません。むしろここからがスタートライン。

昔みたいに思いっきり投げたり、バリバリ活躍したいのであればこの後の肩の使い方の方が大切です。

 

野球肩が治った?ここからがスタート

 

<野球肩過去記事一覧>

 

たくさんの過去記事の様に、私自身を実験台にして色んなトレーニングをやってきました。

特別な器具は不要」「気を詰めたキツイ運動不要」「続けやすい」をモットーに、思いついたときに始めやすい、挫折しない、気楽に続けられる方法を模索しました。

 

結果、3か月でキャッチボールしても痛みが出ないようになり、半年たった今では、少々思いっきり投げても肩が抜けるような痛み、だるくなる感じ、次の日に残る嫌な痛みは完全になくなりました。

 

もうあと3か月も続ければ、恐らくバッティングピッチャーくらいはできるようになるんじゃないかな?と予想しています。

 

さて、肩の痛みは取れましたが、野球肩の原因は肩の筋力の弱さだけではありません。無理のあるフォームで、肩に負荷がかかるから痛くなります。

プロ野球選手も、肩を痛めたり違和感が出たら休息、治療、トレーニング、最後にフォーム修正をします。

 

綺麗なフォームで投げていれば、再発の可能性は今より確実に減ります。この方法を考えていきましょう。

 

もう野球肩とお別れしたい!身体の使い方について

ボールを投げる時、どんなフォームで投げますか?

両足を揃えて、相手に正対して肩の力だけで踏ん張って投げませんよね。そんな投げ方をしたら肩に負担がかかるのも想像できますよね。

でも肩を痛めた私たちは、似たような事をして肩に負担をかけています。

 

正しいフォームを文字で説明しても難しいので動画を探してきました。個人的にはあんまり納得しない理論も多いJBS武蔵さんですが、プロの指導者として教えているところなので私よりもしっかりした理論があるんじゃないでしょうか。

 

動画のコメントにもあるように、肘から抜いてくるフォーム(横から見るとM字になるフォーム)はケガの元になるのでお勧めしませんが、阪神の藤川投手や西投手もこういう抜き方をしているので人によって向き不向きがあるのかもしれません。冒頭の2分30秒くらいまでを参考に身体の後ろ側の使い方を見直しましょう。これは私も同じ意見なので自信を持ってお勧めします。

 

野球肩と関係があるの?股関節の動き

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集さんの記事が凄くわかりやすいのでシェア。

投球だろうが送球だろうが基本は同じです。

軸足(右利きなら右足)にしっかり体重を乗せてから踏み出します。

その時に、体重を踏み出した方の足に乗せるんですが、体重を感じる場所が上手くないと肩の痛みにつながります。

 

例えば私の場合、足首~膝あたりで体重を受けることが多いです。そうすると身体にブロックがかかってしまうので自然な腰の回転が起こりません。体重移動自体はしているのである程度の距離は投げられますが、無理すると痛みにつながります。結果私は10年以上の肩痛に悩まされました。

 

正解はどうなのか?

 

同じく中学校野球部!絶対に強くなるヒント集さんの動画で、しかもこの方はイップスらしく上手に動けていませんが、意識している部分はわかりますでしょうか。

できるだけ股関節あたりで体重を受けようとしているのはわかりますか?人間の身体は骨盤を中心に動きを構成しているので、股関節を上手に使う事が、ケガをしにくいフォームにつながってきます。

 

バッティングも同じです。股関節の動きがよくなれば腰が回るようになりますよね。意識してみてください。

 

肩に負担をかけないように、股関節の動きを出そう

股関節の動き、股関節の使い方が大切だというのはおわかりいただけたでしょうか。

肩を痛める人って、実は腰が悪い人も多いです。

股関節の動きが硬くなっているんですよね。

 

肩を壊した後はまず肩周りのトレーニング(一番時間がかかるので)

その次に股関節のトレーニングです。

股関節の動きが悪くてもボール自体は投げられるので、地道に続けたいですね。

 

ちょうど調べていたらわかりやすい動画があったのでご紹介します。今の世の中は便利ですね。キーワードさえ知っていれば答えを手に入れられます。あとはこのキーワードをどうやって組み合わせるか、っていうのがこれからの時代の情報スキルになっていくのでしょうね。

 

私は左足が上手に上がらないんですが、つまりを感じるのは右の股関節です。動きが悪いと感じる方の足とは違う方の足が原因で股関節が固くなっているんですね。同様の体操を、昨日から始めました。今後の経過に期待してください。

 

 

まとめ

肩の筋トレを繰り返したおかげで野球肩の痛み自体はほとんどなくなりました。

次は思いっきり投げても肩に負担のかからないフォームを作るために、身体の可動域を広げていくという課題があります。

股関節が動くようになったら送球もバッティングも向上すると思いますし、もっと野球が楽しくなると思います。

 

野球肩と股関節。一見関係の内容に見える組み合わせですが、動きを出やすくすると肩の負担が圧倒的に違います。整体に行った次の日に野球をやるとよくわかると思います。

 

(後日追記)

YouTubeの動画を探していたら、とてもわかりやすい物を見つけました。もり鍼灸整骨院さん、素敵です。

 

私は股関節で体重を受けるのが正しいと言っていますが、この動画では、膝に注目をしています。

膝が逃げるような形になってしまうと身体が突っ込んでしまい、強いボールが投げられなくなります。逆に、どんな膝の形をしていようと、踝(くるぶし)よりも膝が前に出なければOK!力が上体に伝わりやすくなります。想像してみると、確かにそうだな。

 

面白いですね、結果同じ形になると思うんですが、意識をする場所が違う。人によってその身体の使い方をするための意識の使い方が違うっていうのが、スポーツの難しさであり、奥深さに繋がりますよね。

 

是非参考にしてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.