思い立ったら何でも全力でトライするよ

CHUWIのMiniBookがコンパクトで性能が良さそう。気になるのでまとめました

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

 

こんにちは、TOMOです。
先日はCHUWIのUBookのクラウドファンディング、
お疲れさまでした。

無事に製品も届いて、一安心ですね。
タッチペンの反応が若干怪しいところはありますが
モバイル向けのPCとして見たら優秀だし
超便利に使っています。

 

UBookはメインPCとしてもサブPCとしても
それなりに便利に使えましたが、
今度は完全にサブPC用途に特化したウルトラマイクロPCがCHUWIから発表されました。

 

INDIEGOGOで出資しようか迷いましたが
UBookが届いたばっかりなのでとりあえず様子見。

 

でも気になるので、スペックなどなど、チェックしていきましょう。

 

CHUWI MiniBookが発表された

CHUWIがとうとう、現在超絶人気のUMPCに挑戦しました。
製造会社のILIFEのUMPCをスペックアップして
このたびMiniBookとして発表。

 

8インチのウルトラマイクロPCです。
小さめのタブレットサイズといった感じですね。
オフィス業務と言うよりは、現場作業で
ちょっとしたデータ収集や進捗管理、
計測機器のPCでの操作コントローラとしての用途が捗りそうです。

 

CHUWI MiniBookのスペック

それではスペックを確認してみましょう。

 

基本情報
商品名 CHUWI MiniBook
発売日 2019/06
OS Windows 10
ベンチマーク  Celeron:1008/2305(シングル/マルチ)

Core-m3:1407/3562(シングル/マルチ)

デザイン
本体サイズ 128.6x201x19.3mm
重量 662g
材質 アルミニウム合金
カラー スペースグレイ
画面サイズ 8インチ
解像度 1920×1200
比率 16:10
パネル IPS液晶
ハードウェア
CPU Celeron N4100

Core-m3 8100Y

周波数 1.10GHz
コア数 4コア4スレッド(Celeron)

2コア4スレッド(Core-m3)

GPU Intel UHD Graphics600(Celeron)

Intel UHD Graphics615(Core-m3)

RAM 8GB
ROM 128GB eMMC
認証センサー 指紋認証
インターフェイス USB2.0/3.0/Type-C miniHDMI microSDスロット イヤホンジャック
SSD拡張スロット
カメラ
アウトカメラ
インカメラ 2M
通信
対応バンド
SIMタイプ
Wi-Fi 802.11 ac
Intel AC3165
Bluetooth 4.0
GPS
バッテリー
バッテリー容量 26.6WH(機内持ち込み可)
稼働時間 8.0時間
その他
付属品 本体、充電器、
特徴 USB PD対応 キーボードバックライト
発売価格 424ドル(Celeron N4100モデル)

524ドル(Core-m3 8100Yモデル)

 

CHUWI MiniBookの特徴

CHUWI MiniBookは性能違いの2も出る展開。
外観は同じなので、上位モデル下位モデルを見た目で判断できないのが嬉しい点。

左右にUSBポートがついていたり、SSD拡張スロットがついていたり、
便利な配置になっています。

 

アルミ合金で、MacBookのような色というレビューもあるので、
見た目はカッコよさそうですね。

 

10点タッチ対応のタッチディスプレイなので
スマホライクに使えるのも強みです。

 

しっかり技適マークもついているので、日本でも使用可能ですよ。

 

CHUWI MiniBookに関する動画

MiniBookは既に色んな動画レビューが出回っています。
UBookの時よりも盛り上がっているので、
人気はMiniBookの勝ちかもしれません。

小ささと計量が強み。
IPSスクリーンと高解像度の画面が綺麗。
ヨガタイプで360度回転できるので、スマホみたいに使う事もできるし、動画専用機としても便利そうです。

 

安さと性能の良さのバランスが強いみたいですね。
アルファベット部分は普通のキーボードの大きさと同じなので、
基本的な文字入力はしやすそうです。

キーボードバックライト付きなのが地味に嬉しくて、
UMPCは夜のスマホ代わりにも使えるので、文字入力しやすくなると超便利ですね。

 

CHUWI MiniBookの使用用途

CHUWI MiniBookの使用用途について考察してみましょう。

メインPCとしての使用用途には向きません。
小型すぎるのでバリバリ作業するのには少々厳しいかなと。

 

サブPCとしての使用が基本になります。
出張時のお供や、通勤途中にちょっとした作業をする場合
工場や測定室の機械を動かすときのマシン
遠隔から状況をモニタリングしたり、コントロールしたりする。

こんな使い方ができると思います。
お子様がいる家庭では、子供にYouTubeなどの動画を見せたり
お絵かきして遊ばせたりという使い方もできます。

 

CHUWIからサブPCとしての用途に特化したUMPCが発売されました。
MiniBook、いかがでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.