仕事が多いから混乱してしんどい。終わらない仕事でパニックになる前に

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、TOMOです。
働き方改革のために、仕事の手数は減らないのに作業時間だけ減らされて
終わらない仕事にパニック状態になっている人が多いですね。

 

ちょっと会社の調子が良くなれば、残業時間はそのままに
仕事の量が増えます。仕事が多いから混乱してしんどい感じになって
退職を考える人が増えます。

 

今、ここから逃げ出したい!と、何も次の案が思いつかないままに思っているとしたら
その状態は危険信号です。パニックになっています。

今回は、そのパニック状態に陥らない仕事の仕方についてを解説して
退職するならもっと前向きな気持ちで辞められるようにしていきたいと思います。

 

仕事が多いから混乱してしんどい。終わらない仕事でパニックになる前に

今回お話する内容は、「仕事量が多すぎて頭が混乱している」とか
「毎日帰らされてしまい、時間的にに終わらないのでどうしたら良いかパニック」とか
そういう悩みの解決のヒントになります。

 

仕事がこなせなくてパニックになっている状態は、
自分のこなせる仕事量のキャパシティをオーバーしているという事なので
解決するためには自分のこなせる適切な仕事量に分割するとか、
自分の仕事の仕方を変えてスピードアップするなどの工夫が必要です。

自分の作業を効率化させたいのであれば
集中力を高める方法をとるのが最も効果的です。
時間を意識すると集中しやすいです。

 

何でもかんでも自部署、自分で解決しようとするのではなくて
餅は餅屋マインドで、他部署に仕事の仕方を変えてもらうという方法もアリです。

 

仕事が多いと感じるなら、自分が仕事をしなくても良い環境を作る

仕事が多いと考えている人は、何でもかんでも自分の力でやろうとしすぎているという事です。

わだっしーさんの手帳術の記事を読んで欲しいんですが、徹底的に自分のやるべき仕事だけをこなすように日々のタスクを整理しています。
参考記事はこちら
努力至上主義者だった僕が日々の業務計画で努力せず同じ結果を出せるようになった手帳術

 

その日の仕事は何があってもその日の内に仕上げるという意識を持つと、「明日やればいいや」思考は無くなって明日の自分を追い込むことが無くなります。

 

どうしてもその日に仕事を終わらせないといけないので、自分じゃなくてもできる仕事はとにかく他人に振るという思考法ができるようになります。

 

社内のリソースでは足りない場合、外注も視野に入れると解決しやすいです。
以下、参考記事。

 

仕事で大事なのは、過程ではなく結果を出し続ける事

仕事で大切なのは、「どうやって仕事をしたのか」ではなくて「いかにして結果を出し続けるか」です。

あなたが100時間残業をして一生懸命自分の手で作業をやったとしても
間違いだらけのアウトプットでは評価されません。

それどころか、残業ゼロでも、すべて外注に任しちゃって
間違いゼロのアウトプットであれば、そちらのほうが褒められます。

 

掛けた手間暇なんて何の価値もありません。
要求されたクオリティと期日を守るだけで評価されます。

 

先のオンラインアシスタントは素敵な例で、
あまり外注になじみのない人でも気軽に外注を頼めるサービスです。
慣れてくればクラウドワークスやランサーズなどのフリーランス案件として外注も可能です。
まずは信頼のできる企業対企業の取引で外注化をやってみましょう。

 

混乱しやすい仕事は仕組み化して共有or外注化

あなたが難しいなと思う仕事はだいたい他の人も「難しいな」とか、「厄介だな」と思っています。

その仕事を仕組み化する事で、皆にかかるストレスが相当減らされて生産性向上が期待できるようになります。

 

 

例えば手順書の整備であったり、
ツールの開発であったり、
仕事ができる人を基準にして仕事を組み立てるのではなくて
アホでも完璧なアウトプットが出せるように仕組みを整える事が大切です。

そうすることで、あなたが悩んでいたきつい仕事は
誰でも同じクオリティのアウトプットが出せるようになるので
あなたが必死になって仕事をする必要が無くなります。

 

 

作業をマニュアル化して、自動化します。

そうすることで、皆の持ち時間が増えるので、
上手に作業を分担する余裕が生まれるようになります。

 

マニュアル作成も、実は代行業者があるんです。
便利な世の中になりました。

 

その仕事は、あなたが手をかけないといけませんか?

ここまで散々外注化について話をしてきましたが、なんで外注化と言っているかと言うと

一生懸命頑張っているあなたは、実務としての作業をこなすよりも、ネジメントして仕事を終わらせることに向いているからです。

 

働き方改革や、業務効率化というキーワードで検索をかける人に真面目じゃない人はいません。
そして、どうにかして業務を効率化したいと考えていますが、人間一人でできる事は限られています。

 

それならば、あなたはあなたにしかできない仕事に専念して
そうじゃない仕事は誰か、自分より器用にこなしてくれる人に任せた方が効率が良いです。

参考記事はこちら

 

仕事が多いから混乱してしんどい。終わらない仕事でパニックになる前に

真面目で向上心の強いあなたのために、
今回は「外注する」という選択肢に特化した回答をしてみました。

仕事が多くて混乱する。
時間が足りず仕事が終わらないのでパニック。

こんな状態は異常です。
ぜひ色々な方法を試してみて
最高な答えを探してみてください。

 

<以下、おすすめ記事です>

ビジネスの常識。返信は早く。【ボールは抱えず、即レス】

感情が動くと、同時に気づきが生まれる。【よく笑い、よく怒ろう】

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.