軽い気持ちで転職や退職をするな。働き方を変えるのに必要な3つの考え

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、前の会社を去ってからもうすぐ半年。 どうもTOMOです。

 

この半年間で稼いだお金は2000円くらい。出ていくお金のほうが1000倍くらい多い状態。こりゃヤバいですわと若干の焦りを感じています。退職後2回目の後悔ですね。

 

 

で、ふらふらとブログを読み漁っていたら、「仕事を決める際に重要な3つの条件~即答できない人はヤバイ!」という記事に出会いました。

タイトルだけで惹きつけてきますね。これはずるい。真似したい。

 

会社を辞める、変える前に考えておくべき事

もともとはれでぃおさんの運営するコミュニティにおいて、転職祭りが起こっているとのことからスタートした質問だったようです。

サラリーマンをやっていると、「うちの会社、給料安いし残業多いし、転職したいな」とか、マイナスな気持ちが出てくることが多いですが、安易な気持ちで転職すると余計に辛かったり、もっと待遇が悪くなるのが普通です。

 

そんな中で、幸せなジョブチェンジをするために意識しておくべき事があるよというのが、この記事でした。

質問内容を引用します。

 

「仕事を決める際に、譲ってはいけない3つの条件は?」

 

さあ、考えてみてください。

 

この正解が即答できない人って、ヤバイです。

 

あなたも一度考えてみてください。

転職を考える時もそうだし、今の会社でそのまま働き続けるためにも必要な考えです。そして、もしあなたが起業を考えているのであれば、絶対に考えてほしい内容です。

 

 

TOMOが考えた答え

即答する事が大切とのことでしたので、私も5秒くらい考えて自分なりの答えを出してみました。

<TOMOの考えた答え>
  • やりたい事であるかどうか
  • それをしたらどんな素敵な未来が見えるのか
  • 人に胸を張って言える事かどうか

 

その仕事って、やりたい仕事ですか?

私が会社を辞めようと思ったのは、会社から私は、作業を言われたままにこなすロボットであることを求められたからです。

本当は仕事の仕組みを変える事でみんなが早く帰れたり、もっと難しい設計に着手してレベルアップするための時間を作りたかったのですがどうも上手く行かず。単純に私の仕事のスピードが遅かったから改善に費やすことができなかったっていうのもあるんですけどね。

でまあ、ある日海外に行ったときに、「中国語を勉強してみないかい?」というお誘いを受けたことがきっかけで退職を決意。今に至る。

 

会社を辞めたら自由な時間がたくさんできたんですが、時間があるからと言って何でもできるわけではないという事を知りました。やりたくない事にエネルギーって全然使えないんですよね。「頑張ろう」と思っても身体が動かないというか。

 

それを経験したからこそ言える事、転職や起業をしたとして、あなたはその仕事を心からやりたいと思っていますか?

NOという答えであれば、まだ大丈夫、引き返せます。嫌な事を無理やり続けたら、半年くらいで元気がなくなります。もう一度考えましょう。

 


 

その仕事をしたら、あなたにどんな素敵な未来が待っていますか?

例えば給料が良くなる。給料が上がったら贅沢ができる。贅沢な生活をするのが夢

これも素敵な未来ですよね。給料が上がれば使えるお金も増えるので、素敵な未来が簡単に描けます。

 

例えば自分の夢だった。中国に行って中国のガジェットを目で見たい。触りたい。良いやつ見つけたらみんなに紹介したい。

これも素敵です。少々所得が減ったとて、楽しいと思えるならば健康に勝るものはありません。

 

例えば実力がつく。将来自分でビジネスをしたいので、その基礎知識を身に付けたい。つながりを作りたい。

これも素敵ですよね。前向きな未来が明確にイメージできています。

 

だけどダメなもの。「何となく。」

これは人生を捨てに行っているのと同じです。今の会社に不満があるからやめるのであれば、最低でもその不満が解消できる場所を探すべきです。でないと現状よりも悪い環境になったときに何を糧に生きていけばいいのかわからなくなります。

 


 

その仕事は人に胸を張って言えますか?

例えば私の友人で、会社を辞めてパチプロになった人がいます。世間ではパチプロの印象は良くありません。

私はパチンコに詳しくないのでポジションを取れないのですが、世間の印象としてはこんな感じみたい。

パチプロの印象

  • マナーが悪く、空気が読めない
  • 「遊ぶ約束をしていたのに「ごめん、今出てて遅れる!」
  • 「ごめん、パチンコに負けたから金なくて遊べなくなったわ」
  • トーク内容がほぼパチンコ
  • 税金を払わない

まあ、印象は相当悪いですね。

 

で、じゃあその人、パチプロになりましたが、好きになった女性、一緒に仕事をしたい人などに言えますか?「私、パチプロです」って。

というわけで、せっかく私の友人なので、彼の能力を活かしたビジネスができないかなと相談に乗っています。

 

さてれでぃおさんの答えはどうだったでしょうか

【最も大切な1つ目】

お互いに尊敬しあえて、
信頼関係を構築できる人と一緒に働ける仕事か?

 

【次に大切な2つ目】

毎日の通勤が、苦痛な時間ではない仕事か?

 

【最後の3番目】

やっていて、恥ずかしいと感じない仕事か?

 

以上です。

まあまあ似ているところもあるけれど、ちょっと間違っていました。考えが足りなかったのかな。

 

答えに関する正しい解説はオリジナルの記事を読んでください。「仕事を決める際に重要な3つの条件~即答できない人はヤバイ!

 

どちらにせよ、目的無く会社を辞めるのはおススメしない

冒頭に戻りますが、会社を辞めたところで幸せは訪れません。

「忙しくて寝る暇もないから会社を辞めたい」と思って会社を辞めたとしても、幸せにはなりません。そこには怠惰な自分が待っています。

寝る事は幸せにはつながらないんだなと、自分が経験してみて感じました。

 

これから何をするにも選択がつきものです。

結婚、出産、転職、起業など

いろんな選択があります。しかも今までと違って責任が半端じゃないです。

 

何か物事を決定するときには、必ず、「何のため?何が変わる?迷惑をかけない?」というのを意識する事が大切です。

 

何となくで生きたら勿体ない。是非、素敵な未来を自分で選択しよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら


スポンサーリンク


スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.