中国で学ぶ新しい働き方

【保存版】中国語を話せるようになるためのロードマップ公開中【全部無料です】







退職翌月は給料が振り込まれません。【振り込まれるのは残業代だけ】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMOです。 2020年は予期せぬ日本待機でくすぶりましたが、その間に中国語能力を大きく伸ばしました。 今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・中国語×働き方の組み合わせ をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

退職翌月の給料の振り込みに関する記事です。

本記事のトピック
  • 退職翌月には給料が振り込まれない理由
  • 退職翌月に振り込まれるもの
  • 退職月に給料が振り込まれないのは労働基準法違反かも
  • 退職翌月からは、お金の使い方に慎重になろう

こんなテーマでお話ししていきます。

 

 

筆者のプロフィール

2018年12月に大手の機械系メーカーから退職し、ゆっくりとした人生の中休みを過ごしました。
有休消化中は不労所得がたくさんあって、合わせて70万円くらいの臨時のお小遣いをもらいました。

さらに当然退職翌月ももらえると思ってたので、年末までにすべて使い切り、次の給料日を待っていたら、お金が振り込まれておらず、焦りました。

 

退職翌月には給料が振り込まれない理由

 

退職後翌月は、ふつうの会社では給料は振り込まれません。
理由は、多くの会社の給料が「当月払い」だから。

 

  • 初任給は入社月にもらえる
  • 昇給すると、その月から給料が増える
  • 今月残業すると、来月振り込まれる

 

日本の多くの会社は、こんな感じの給与システムになっています。

 

つまり、「基本給は当月払い、残業代は翌月払い」
なので退職翌月は、給料が振り込まれません。

 

 

退職翌月に振り込まれるもの

退職翌月に給料が振り込まれない理由」でも書いたように、日本の多くの会社の給与体系が「基本給は当月払い、残業代は翌月払い」となっています。

なので退職翌月に振り込まれるのは、残業代だけです。
さらに多くの人が最後の一か月を有給消化で終えるので、退職翌月は何も振り込まれないという人も多いです。

 

▼ちなみに私も振り込まれませんでした。

 

退職日は12月31日でしたが、最後の出勤は10月の3周目くらいだったと思います。
したがって、残りの2か月は丸っと有給だったんですね。

 

当然残業なんてすることもないので、退職翌月は給料が振り込まれませんでした。

 

 

退職月に給料が振り込まれないのは労働基準法違反かも

退職月に給料が振り込まれないのは、労働基準法違反の可能性があります。

 

avatar

毎月25日が給料日。

今月の10日で退職したけど、給料日になっても振り込みされてない!なんで!

 

▼労働基準法には、「毎月1回以上、給料を支払う」というルールがあります。(参考:兵庫労働局

給料は毎月1回以上、決まった日に払退職翌月を支払わないといけないというルールが、労働基準法第24条に定められています。
したがって退職した月に給料が支払われない場合は、労働基準法違反の可能性があります。

自分の状況と照らし合わせてみて、「自分は悪くない」と思えば相談に行くと良いかもしれません。

 

退職翌月からは、お金の使い方に慎重になろう

会社を退職して有給消化に入ると、その分は不労所得のような感じで、給料として入ってきます。

「何にもしてないのにお金が入ってきた」と、ついつい飲みに行きたくなりますが、退職月の翌月からは不労所得も入ってこないので、そのままの金銭感覚でいると大変なことになります。

 

私の経験ですが、最後の出社日を終えてからは思いっきりお金を使って、年末までに給料+ボーナス分だけ遊びました。

当然、退職月(12月)も思いきりお金を使いました。

すると、退職翌月のクレジット請求額は15万円、退職翌々月のクレジット請求額は24万円に上り、年始早々合わせて39万円のクレジット支払いが待ち受けていました。

 

▼退職翌月のクレジット請求額

 

▼退職2か月後のクレジット請求額

2か月合わせておよそ40万円。
さらに他にもエクスプレスカードやらイオンカードやらセゾンカードやらでも各種支払いがあるので、これはさすがにまずい。

 

▼で、退職翌月の給料日が来ました。


たったの1円たりとも、振込されていませんでした。

 

この日を境に私は極貧生活をはじめ、実家住みだったこともあって月に5万円以下の支出で過ごしました。

幸い貯金が趣味だったので大問題にはなりませんでしたが、予想外なので焦りました。

 

不労所得が入るとつい使ってしまうので、お気をつけて!!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMOです。 2020年は予期せぬ日本待機でくすぶりましたが、その間に中国語能力を大きく伸ばしました。 今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・中国語×働き方の組み合わせ をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Try!TOMO , 2019 All Rights Reserved.