明日から仕事はじめ。連休明けの憂鬱な気分を乗り越えるために

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、TOMOです。

 

ほとんどの企業で

ゴールデンウィーク
お盆
年末年始
という三大連休があるかと思いますが

 

連休に入る前はとても気分が良く
連休が終わりに差しかかかると途端に憂鬱な気分になりますよね。

 

うん、わかります。私もそうです。

 

 

連休の最初の1日、2日あたりは
朝も割と早く起きれて、夜は夜更かしして
一日中遊んでいられるもんなんですが

 

いざ、連休が終わるころには朝も起きれず、

「明日朝早いから」とベッドに早めに入ってもウトウトすらできないですよね。

 

 

「こんな状態で明日から会社行っても大丈夫なのだろうか?」と心配になります。

 

 

でも大丈夫です。心配しないでください。

 

みんな同じくらい、元気が無いので、少しくらいさぼってもバレません。

 

 

堂々と明日を迎えてください。

 

連休明けの仕事、頑張れる気がしない【連休明けはみんな憂鬱です。】

連休明けの仕事は、みんな憂鬱です。頑張れるわけがありません。

とはいえ会社に行かないといけないし、徐々に身体を慣らしていかないと、いつまでたってもやる気は出てきません。

連休明けの初日は、会社に行ったら合格!それくらいの感覚で頑張って出社しましょう。

 

方法その① 仕事を絞る

そもそも、会社に行ったからと言って頑張る必要はないんです。

やらなきゃいけないと思っている仕事のうち、どれが本当にやらなきゃいけない仕事ですか?

絞りに絞って、1つか2つだけにフォーカスしましょう。

 

そして残りの仕事は週末にヒーヒー言いながらやるのが正解!まずは仕事を絞るところから始めましょう。
ウォーレン・バフェットの考え方を参考に、やらないことリストを作ると良いです。

 

初日の残業は絶対禁止ですよ。どうせ効率上がらないですから。

 

方法その② ハードルを極端に下げる

方法その①で絞ることを考えましたが、「どうしても頑張れる気がしない!」という場合
次の日に完成させることにして、
初日の目標をグッと下げるのも手です。

会社に行くことが仕事と割り切るのも手。
「せっかく来たから、明日終わらせる仕事をちょっとだけ進めるか」っていうくらいにしても良いんじゃないですか?

 

方法その③ 次の休みの事を考える

連休終わりの憂鬱なときに次の休みの事を考えるのは結構有効です。理由は、楽しいことを考えると幸せホルモンが分泌されるから。

実際に旅行に行くときよりも、旅行に行く計画を立てているときのほうが幸せホルモンが多く出るっていう話もあります。

やる気を出すためには幸せな気持ちになる事も大切なので、今週1週間を頑張った後に、どうやって遊ぼうか真剣に考えてみてください。

 

幸せホルモンについての話は、やる気を出すためには?の記事で、筋トレの副効果としてお話ししていますのでご参考に。

 

普段から筋トレしている人だったら、普通に起きて筋トレすれば頑張れるような気もしますね。

 

私はこの3日間、筋トレの量を増やして対応してきました。(でも今日はちょっと眠い。)

 

連休明けは会社を辞めたい人が続出

連休明けは会社を辞めたい人が続出します。それくらい憂鬱なんですね。

いわゆる、サザエさん症候群ですよね。毎週日曜日の18時のルーティーンを終えると「ああ、明日から仕事だ。」と憂鬱になります。

 

でも頑張る必要はないです。
世の中みんながそう。
英語では、
「ブルーマンデー症候群」と言います。
憂鬱な月曜日。
世界中みんな、休み明けはつらいんですねえ。

 

連休のあの楽しい思い出を考えると、会社を辞めたくなる気持ちもわかります。

 

でも、辛い連休明けを我慢するからこそ、連休を大いに楽しむことができるんです。

 

これは脳に対する刺激みたいなもんです。この連休明けを頑張ると、次の連休の楽しい計画が立てられますよ!

 

もし「どうしてもつらい!」と思ったら、こちらの記事も読んでみてください。

 

 

連休明けのつらいアレ【仕事の内容を忘れちゃう】

仕事を覚え始めたころ、連休を楽しんでいたら連休明けに起こるアレ

「何やるんだっけ?」と「これ、どうやるんだっけ?」

 

 

ド忘れってつらいですよね。

おススメの解決法は、自分で自分に引継ぎ資料を作っておくことです。

 

素敵な記事を見つけたのでそのままご紹介。そのうち私の言葉でアウトプットします。

休み中に1秒たりとも仕事のことなんて考えないためにやるべき事 私の戦闘力は53万マイクロです

 

 

連休明けにきつい思いをしないために連休中に仕事の事を考えるなんてナンセンスです。
さっくり忘れられるような準備を連休前にしておくと、最高ですね!!!

 

 

まずは初日、とりあえず会社に行くだけです。それだけで合格。頑張っていきましょう!

 

<以下、おすすめ記事です>

働き方改革時代。個人でできる働き方改革による生産性向上のステップ

業務時間削減が働き方改革ではない。仕事時間が少し減っても幸せは来ない

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.