成功する絶対の方法は、明確に目標を具体的な行動まで落とし込むこと

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、夢追い人のTOMOです。

 

つい数週間前まで、俺には夢がある!って思いっきり豪語していたんですが、時間があったので、「自分の夢って何なんだろう?」ってゆっくり考えてみました。

頭の中はもう、くっちゃくちゃに夢で埋め尽くされていたので、「これは相当なボリュームになるだろうな」と思っていたんですが、

ふたを開けたら何のことない、3つくらいの夢にまとまってしまいました。

 

夢に具体性がないアラサーに心から頑張れと応援してくれる人なんていないので、今日はちょっと、夢に具体性を持たせるという事をやっていきたいと思います。

 

 

成功する絶対の方法は、明確に目標を具体的な行動まで落とし込むこと

「俺には夢があるんだ、凄いんだ!」といくら言ったとしても、その夢に具体性が無かったら何も夢がない事と同じです。

 

具体性のない夢だと、叶ったかどうかの進捗もわからないし、「このまま進んで大丈夫だろうか」という軌道修正すらできません。

 

ブライアントレーシーという講演家、実業家、コンサルタントの権威、色んな肩書を持った凄い人がいます。

有名な本では「最強の営業」という本。

翻訳されているので若干ニュアンスが変わるかもしれませんが、超有名な本の一つです。

 

 

今回話題になったのは、目標を具体的に書くと成功する確率が上がるというお話。

ブライアントレーシーがまた別の本で話しています。

こいつですね。

 

「明確な目標と具体的な行動計画を紙に書きとめている人は3%にも満たない。」
「この3%の人は、目標を明記していない人と比べると、同じ期間で平均して10倍もの収入を上げている」
「目標と行動計画を紙に書けば、それらを達成する可能性が10倍にも跳ね上がる」

ブライアントレーシー「働きがいのある人生

この実験は、ハーバード大学の学生に向けて行ったもので、

あなたには目標がありますか?と聞いた10年後、回答で「明確な目標がある」と答えた3%の人は、それ以外の97%の10倍の年収を得ていたというお話です。

 

それからブライアントレーシーは、「目標を紙に書きなさい」「どうやって目標を達成できるかを考えていればいい」という趣旨の話をされているそうです。

確かに、目標に対する執着力が強ければ達成したくもなりますもんね。感覚的にも納得。

 

 

あなたの目標は何ですか?明確に紙に書いて、具体的な行動まで落とし込んでみましょう。

 

 

大目標から考えていきます。

 

あなたの価値観を、ワークを使って探ってみましょう。

 

以下の物から、「大切なもの」と思えるものを3つ選んでください。直感というよりも、一つずつ比較しながら検討していく感じです。

承認、名誉、成長、信頼、達成、金銭、自由、安心、貢献、挑戦、責任、感性、自立

 

私は、

1位:金銭 2位:挑戦 3位:名誉となりました。

 

3か月前にチェックしたのと若干結果が異なりました。

あの時は自由が欲しかった。今は挑戦したい気持ちが多いみたいです。

 

価値観の中で、重きを置いている3つが分かったので、それらを達成できたら相当幸せになるはず。

それぞれについて目標を考えてみます。

 

「金銭」に関する目標の立て方

 

<お金持ちのイメージ>
  • 好きな時に旅行に行ける
  • 美味しいものを食べられる
  • 便利グッズに囲まれている
  • お金をケチらずノリ良く支払いができる

こうなれば、金銭という目標を達成できます。

「年収○○万円が目標」と言っても、人生の豊かさとは比例しないので興味ないです。やりたいことができて老後の貯金ができればいい。

私の目標だと、別に年収が異次元じゃなくてもお金持ちの生活ができそう。

  • 好きな時に旅行に行ける=旅行先で仕事ができればいい
  • 美味しい物=お客様と一緒に食事ができればいい
  • 便利グッズ=ブログの影響力が上がれば商品提供が受けられるかもしれない
  • お金をケチらない=ほかで使わなければ余裕がある

 

お金持ちの生活をしたいと思ったら、今ある仕事を一生懸命頑張りつつ、人と関わる事を大事にしながらブログなどの情報発信をし続ければ達成できます。

毎日の気持ち次第でお金持ちの生活ができる事がわかりました。

 

 

「挑戦」に関する目標の立て方

 

<挑戦したい事柄>

中国で生活できる中国語力をつけたい(これができると以下の夢がかなう。マスト事項)

  • 展示会の商談でフリーの通訳という仕事をやりたい
  • 中国輸入の手伝いをしたい
  • 中国とパートナーになりたい日本の中小企業や個人のお手伝いをしたい

要するに、今勉強している中国語を使ってビジネスをやりたいんですよね。

中国関連のビジネスをする事で学んだ言葉を忘れずに済むので、一石二鳥です。

 

海外の展示会が最近凄く盛り上がっていて、先日行った台湾の展示会「TIMTOS」やら、世界四大工作機械見本市の「CIMT」では中国語が飛び交っています。会場が中国や台湾なので。

 

台湾の展示会では金型関係の機械が多かったので、金型の仕事が中国や台湾では多いのでしょう。そしたら、金型メーカーが中国のメーカーのサプライヤーになる事もできるはずですし、そのためには言葉が話せないといけない。そのお手伝いをしたら自分は機械が見れるし、お客様は仕事が手に入るし、いいことづくめですよね。

 

中国輸入のお手伝いもそうです。

安くてかわいいキャラクター物の商品が欲しいとか、スマホのバッテリーが欲しいとか、ドローンが欲しいとか、輸入のお手伝いをしたら触れられる商品が増えますし、ついでに自分も大ロット割で購入できるかもという下心。

 

中国とパートナーになりたい日本の中小企業、個人の方だと常駐で通訳を雇うのはコストが嵩むので、そこに対してお手伝いしたい。ついでに美味しい中華料理食べれたら最高ですよね。

 

仕事を一生懸命やれば信用がもらえます。その信用で下心分を買いたい。

 

「名誉」に関する目標の立て方

名誉ってあれですよね、「凄い」って言われる事。

発言が全て尊いみたいな感じ。

 

という事は、凄いことをやって、それを発言すりゃいいんですよね。

 

 

<名誉のためにやりたい事>
  • 会社を作って経営する
  • 人々の役に立つコンテンツを作る
  • 情報を発信する

こんな感じかなあ。

会社は、先ほどの中国語関係で一つ作りたいと思っています。個人で「通訳やってます」と言っても信用が無いので、法人でやったほうがお客様に安心してもらえるかなと思うので。

人々の役に立つコンテンツ。これが重要ですね。せっかく中国に行くので中国の情報を発信したいです。YouTubeの動画コンテンツを撮りまくっていっぱい発信しようと思っています。

また、中国や台湾の遊び方、ご飯、買い物についてのコンテンツを充実させられたらツアーも組めそうだし、それくらい実現したら箔がつくのでセミナー講師とかもできそうだなと思います。

語り目な本を出版して、知名度も狙えます。これが名誉。

 

 

人生の大目標が明確になったので、各目標について具体的な行動を考えてみます

人生の大目標が決まったので、あとは小さい目標、具体的な行動まで分解していきます。

 

とはいえ私の目先のマスト事項は中国語なので、中国語を使った楽しみ方、起業について目標を立てます。

 

2021年:中国語を使ったビジネスを作る

  • 展示会の商談での通訳(「電話一本でブースまで行きます」がキャッチフレーズ)
  • 輸入ビジネスの仕入れのお手伝い(中国語での交渉を通訳します)

言葉と行動力だけあれば仕事ができるので、これを仕事にします。中国語を話せることと、お客様を連れていくお店、面白い遊び方を開拓する事が必要になります。

具体的な行動:中国語の勉強、とにかく遊びまくる

 

 

2025年までに:コンテンツを充実させる

上の仕事を続けていると、色んなところに出張できます。そこで新しく見たもの、面白い物、色んなものをコンテンツとして残して発信していきます。

きっと参考になる人もいるはず。楽しかったことは自分にとどめずみんなでシェアが今の時代のスタンダード!

具体的な行動:何かしたら動画、写真を撮影。10点のクオリティでもいいからとにかくアップロード

 

日本に帰ってきてから

  • 会社を作る
  • 中国から仕事を持ってくる
  • さらにコンテンツを充実させる

 

会社を作って、輸入ビジネスのお手伝いを拡大します。

中国で流行っている商品、コンテンツを参考に、日本でビジネスをします

遊び方、働き方のコンテンツをたくさん作って、幅広い人たちを喜ばせたい

具体的な行動:中国関係の会社を作る。コンテンツを作る。参考にしたものはすぐに形にする

 

もっと細かく分解すると日が暮れそうなのでこの辺まで。

 

自分の目標を具体的に紙に書いて明確に可視化してみると、実はスカスカな事がよくある

自分の頭のキャパシティを過大評価するのは良くないですね。

悩みもそうだし、仕事もそうだし、夢もそう。

頭の中だけで考えても何も答えが出てきません。ただパニックになるだけ。

私の仕事関係の記事でよく読まれているものがあります。

 

言っていることは、とにかく紙にかけという事。それだけで相当スッキリします。

 

同様に夢も紙に書いてみると、まだまだ考える余地がある事に気づかされます。でも思ったことは、自分の夢っていうのは、数年間中国で本気になって遊んでくるだけで達成できそうだなという事。本当は台湾でもよかったんだけど、成長性とかキャッシュレスとか見てると中国のほうが楽しそうだよね。つらいのは最初だけ。とにかく頑張ろう。

 

 

自分としっかり向き合うために、マインドセットという学問?を勉強するのが結構おススメです。塾に入る必要はないけれど、私のまとめ記事か教材かどちらかを見ておくと考え方が好転します。

就職活動、転職活動、起業、人生に迷ったとき、そういう時に勉強しよう、マインドセット。

リンクはこちらです。カテゴリ:マインドセット

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.