中国語コーチングのオススメの選び方は【先生の雰囲気と、提案内容】

WRITER
 




<最短で中国語を勉強したい人必見>

中国語にも、ライザップやPROGRITのように、「コーチング」があります。あなたの中国語にコミットする、最強のパートナーです。

中国語を最速で勉強する方法は「短期間で一気に自習すること」

中国語を短期間で習得できる裏技は存在しません。地道な努力の積み重ねです。地道な努力を積み重ねる時、伴走者がいると、本当に心強いです。

 

現在はSTAY HOME応援ということで、受講料が半額になります。(参考:PRタイムズ

他に半額キャンペーンをやってるところは見たことないので、今はMUTが断トツでお得です。




<最短で中国語を勉強したい人必見>

中国語にも、ライザップやPROGRITのように、「コーチング」があります。あなたの中国語にコミットする、最強のパートナーです。

中国語を最速で勉強する方法は「短期間で一気に自習すること」

中国語を短期間で習得できる裏技は存在しません。地道な努力の積み重ねです。地道な努力を積み重ねる時、伴走者がいると、本当に心強いです。

 

 

現在はSTAY HOME応援ということで、受講料が半額になります。(参考:PRタイムズ

他に半額キャンペーンをやってるところは見たことないので、今はMUTが断トツでお得です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、TOMOです。

今日は中国語コーチングのオススメを紹介します。

 

avatar

中国語コーチングの数が多すぎて悩む

avatar

中国語コーチングのオススメが知りたい

そうなんです、中国語コーチングって、実は結構あるんですよね。

  • 大手の中国語コーチング
  • 個人でやってる中国語コーチング
  • 中国語スクールが提供するコーチングプラン
  • 英会話から派生した中国語コーチング

なんか色々ありますね。すべてを一度体験してから、、、とやるととてつもなく時間がかかるし、中には無料体験を用意していないところもあるので、私の感想ベースで、オススメの中国語コーチングを紹介していきます。

 

今回紹介する中国語コーチングは全て無料カウンセリングをやっているところです。

本来は「無料のところは全部体験すべし!」ですが、カウンセリングを受ける順番もコツが要るなあと感じたので、それも踏まえながら紹介してきます。

 

中国語コーチングで一番最初にオススメするのは、MUT(ムート)

中国語コーチングで一番最初にカウンセリングを受ける事をおススメするのが、MUT(ムート)です。

中国系の資本が入った中国語コーチングです。塾で言うと、ハオ中国語アカデミーイーチャイナアカデミーも中国資本が入っていますが、やはり現地資本が入っていると教育に力が入っているなという印象です。

 

2019年の8月くらい?に誕生して、最近ではGoogleの広告もバンバン打ってるので、売り込みの本気度がうかがえます。

PROGRITも超大量に広告を打って知名度アップしましたが、まさにこれからそうなっていくであろう中国語コーチングサービスです。

MUT(ムート)の中国語コーチングの感想

MUTの中国語コーチングの特徴は、

MUTの中国語コーチングのポイント

  • 週二回のカウンセリング
  • 学びたい地方のコーチを付けてくれる
  • 日常の中国語の使い方を学べる

の3つです。

特に推しているのが週二回のカウンセリングで、「モチベーションが下がる前にもう一度高められる」のが強みです。

体験では会話教室に近い授業をして貰いましたが、中々骨のあるテーマでの勉強を提案してもらい、やりがいはありそうでした。

飽きる前に課題の内容を調整してもらえるので、初めて中国語を勉強する人や、中国語コーチングにデビューする人におすすめです。

 

ちなみにMUT(ムート)の名前の由来は「勇気」という意味のドイツ語です。

 

中国語コーチング二番目のおススメが、PRESENCE(プレゼンス)

二番目に受けるべきとしておすすめする中国語コーチングは、PRESENCE(プレゼンス)です。

先生は現状一人だけ。ですがその先生が情熱的で、「あなたはめちゃくちゃ伸びる」と思い切り期待してくれた唯一の中国語コーチングです。

先生が「あなたは2か月でHSK6級まで手が届く可能性がある」というのはかなりの期待で、先生がそれを言ってしまうと、先生もコミットしなくてはいけません。2か月間途中で逃げることもできないので、お互いに全力で勉強ができます。

PRESENCE(プレゼンス)中国語コーチングの感想【中国語は、教えない】

先生自身「私は超スパルタです」と言っていますが、短期間で相当な伸びを目指すので宿題はかなり多いはずです。時間を延長してでも「理解するまで」セッションを続けますと先生も言っており、本気度がうかがえます。

 

PRESENCE(プレゼンス)中国語コーチングとしては提供していませんが、先生独自のサービスで「クラス会」を開催します。

個人的にすごく気になるポイントで、他の学習者との繋がりを、オフラインの場で持つことができます。

PRESENCE(プレゼンス)の受講者は経営者や会社の上層部の人が多く、「中国語」という共通点を持ちながら業界を超えた繋がりを持つことができます。料金も若干安く、中国語以外にも得られる資産が大きいので、一押しです。

 

中国語コーチングで、3番目にオススメするのは、the courage(カレッジ)

中国語コーチングで一番有名な、伊地知先生が主催しているコーチングです。

伊地知先生は、中国語コーチングの生みの親です。

the courageは英語で「勇気」を意味します。

 

元々PRESENCEで中国語コーチングのサービスを立ち上げた人ですが、「中国語を本気で勉強する勇気を授けたい」という強い気持ちでPRESENCEから独立、the courageを新たに立ち上げました。

 

「70点のコーチングの量産じゃ意味がない」という信念があり、「もし大量に受講希望があったら、お断りすることもある」事から、コーチングに対する向き合い方を強く感じました。

伊地知先生はTwitterやnoteの他にもYouTubeやInstagramなど、かなりの媒体で中国語コーチングを紹介しています。

しかも、メソッドは無料公開。「自分だけにしか提供できない価値を」という意気込みを感じます。

 

the courage中国語コーチングの特徴と感想

私の中国語の目標はあくまで「コミュニケーションをとれる事」なのでHSKは要らないんじゃないかなーと思っていました。

the courageは唯一私に「HSK」を掲げない提案をしてくれました。

 

HSKは100%合格させるために、それ専門のカリキュラムを組みますが、HSKで求められている能力って、「会話能力、発音」は無いんですよね。

「会話にコミットするなら、中国語脳を鍛えるためのトレーニングをしたほうが良い」と、メソッドや教材を紹介してくれました。

 

 

入る、入らないにかかわらず、伊地知先生は中国語の恩師となりうる存在なので是非お話する事をおススメします。

 

 

なぜ3番目にオススメしたかというと、それは、伊地知先生は「中国語コーチングの生みの親」だからです。

せっかくお話するなら突っ込んだ話をしたいですよね。

  • 中国語コーチングを受ける目的
  • 中国語コーチングの目標
  • 中国語コーチングにかける思い

先にいくつか中国語コーチングのカウンセリングを受けて、あなたの中国語コーチングのイメージなどを固めておくと、かなり深い話をして貰えます。

そして、「AとBどちらに入会するか悩んでる」というと、本当に親身に相談に乗ってくれました。私の背中を押してくださった伊地知先生は、本当に感謝しています。

 

中国語コーチング4番目にオススメなのが、PaoChai(パオチャイ)

PaoChai中国語コーチングでは、カリキュラムがかなり細かく設定されています。

今日は「Unit1と2」明日は「Unit3と4」みたいに、毎日の進捗についてかなり細かく管理してくれます。

 

逆に言うと自分でスケジュールを組むことなく、ひたすらタスクをこなしていくだけでOKなので、「面倒くさい事は考えたくない」と思う人におすすめです。

特に忙しいサラリーマン、主婦の方にとっては「スケジュールを考える」のが負担になるので、それを一任できるのは強いですね。

 

 

PaoChai(パオチャイ)の中国語コーチングの体験レッスンの特徴と感想

中国語を独学するためのかなり詳しいカリキュラムページが準備されていて、それに沿って勉強していきます。

「自分で力を獲得していくための勉強順番」を提唱しているのが特徴で、「RPGのように、一つずつ順番に成長していきたい」というタイプの人に向いています。

 

無料カウンセリングの後に無料発音テストもやってくれるので、会話練習をしたい人にはオススメのサービスです。

 

 

中国語コーチングのオススメの選び方

中国語コーチングが提供するサービス内容は、ぶっちゃけどこも同じです。

さらに料金も似たようなもんです。

 

何が違うかというと、それは「先生」です。

 

人柄、熱意、あなたに対するコミット…

 

しかし、あなたの中国語の目標が明確じゃないと、コーチングの内容もブレます。

必要なのは、「このために中国語が必要なんだ」という目標です。

 

「HSK6級に受かりたい」でも良いですが、それは何のためなのか。深く考えてみるとHSKの受検自体は必要なかったりします。

 

私の場合は「中国のニュースを早く知りたい」とか「中国人と会話したい」という理由の方が強いので、実はHSKは副産物でした。

 

先生も短期間で目標を叶えるお手伝いをしてくれます。
一日も早く目標をクリアして、また次の目標に向けてコミットすれば、すべて達成できるはず。

あれもこれも手を出して挫折するのではなく、一つずつクリアしていきたいですね。

 

この記事を読んだらやる事

①:MUTの無料カウンセリングを申し込む

②:PRESENCEの無料カウンセリングを申し込む

③:the courageの無料カウンセリングを申し込む

④:PaoChaiの無料カウンセリングを申し込む

⑤:気に入った先生が見つかったら入会を申し込む。

それでも決まらなければ…相談してください。受講者目線で相談に乗れます。

 

ここまでできる行動力があれば、あなたの中国語も間違いなく伸びます。普通こんなにできる人はいないので。

ぜひ、頑張ってくださいね。

 

<Twitterやってます。>

@try_to921moをフォローして、気軽にリプ、DMください。中国語学習の相談や雑談など、なんでもOKです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2020 All Rights Reserved.