ゴールデンウィークこそ「どこも行かない」選択肢。【時間を大切に】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、TOMOです。
今日は、「ゴールデンウィークの過ごし方」というテーマでお話します。

 

2020年のゴールデンウィークも、長いです。
人によってはMAX16日間の休みになります。

 

しかしゴールデンウィークは混み合います。
値段も上がるし混むし、
時間当たりのコスパが最悪です。

 

 

実は、最近は「ゴールデンウィークにどこも行かない」という選択をする人が増えています。

合理的な人も増えましたね。

 

大切な考え方は
「他所は他所、うちはうち。」
です。

 

皆と同じように動くから、満足度が下がるので
皆と違う動きをしたら満足度が最高に上がります。

 

もしまだ予定を決めていない人がいれば
参考になると良いなと思います。

 

結論は、ゴールデンウィークをずらして旅行に行けばいいじゃん。そっちの方が楽しいよ。です。

 

2020年のゴールデンウィークは「どこも行かない」が正解

例年当てはまる事ですが、特に2020年は

「ゴールデンウィークにどこも行かない」

が正解です。

 

理由は、
連休が長く、みんな旅行に出るから
です。

 

今年は特に、
新型コロナウィルスが流行したので
理由が無ければ人の多い場所に行かないのが賢明です。

 

ゴールデンウィークにあえて「どこにも行かない」選択をする理由は
他にもあります。
いくつか紹介しますね。

 

ゴールデンウィークは、普段できない事に集中

ゴールデンウィークは盆、正月と並んで
「まとまって長い時間集中できる」
最高の休みです。

 

旅行に行くなら2泊や3泊が多いと思いますが、
それくらいの旅行なら、普段の週末に行っても良いですよね。

 

せっかく長い時間を集中できるなら、
そんなときじゃないとできない事をするのが良いんじゃないですかね。

 

 

例えば家の模様替え

短時間でパパっとこなすと
後で気に要らないなど、モヤモヤが残ります。

模様替えして、「あーでもない、こーでもない」
なんて出来るのは、時間が無限にある長期連休だけですよ。

 

例えば勉強

5分10分のすき間時間を見つけて作業できる人もいれば、
丸っと数時間無いと作業に取り掛かれない人もいます。

私も後者の人ですが、
こういうまとまった時間があるからこそ
思い切り勉強に集中することができます。

たった1回の連休で、大きく成長できるチャンスです。
こんなもん、やるしかないですよね。

 

例えば思い切り休む

普段一生懸命頑張っているサラリーマンや学生の方は
こういうまとまった休みくらいは休みたいですよね。

思い切り休んで、ダラダラして、
たまに息抜きがてら散歩したり友達と遊んだり
思い切りリフレッシュするのも素敵な過ごし方ですよね。

時間がたくさんあるからこそ、
罪悪感なしに飽きるまでダラダラする事ができます。

 

 

私は道半ばの人なので、
まだ休憩とかリフレッシュとかの段階じゃありません。

という訳で、今年は中国語の勉強と情報発信の勉強だけで連休を過ごす予定です。

現在、初心者から中国語を話せるようになるロードマップを作成しています。
応援がてら、記事を読んでもらえると嬉しいです。

▶中国語勉強のロードマップ

 

ゴールデンウィークに出かけると、満足度が低い

 

もう一つ、ゴールデンウィークにどこも行かない選択肢を選ぶ大きな理由が
「ゴールデンウィークに出かけると、満足度が低い」

 

ゴールデンウィークはやたら料金が高いし、
電車も道路も混むし、
人が多いから並びます。

身動きも自由に取れないので、
ゴールデンウィークに出かけると、満足度が下がります。

 

例えば閑散期にUSJに行くと
15分くらい並べば次のアトラクションに乗れたりします。

 

あえてゴールデンウィークに行けば
新幹線運賃は高いし、ホテルは高いし、アトラクションは並ぶし

お金を払うだけの価値はそこにはありません。

 

ゴールデンウィークに余暇を楽しもうとすると
時間に対する単価が高くなります。

 

ゴールデンウィークにどこも行かない人が増えた

 

日本も合理的な人が増えたのか、
ゴールデンウィークこそどこにも行かない人が増えました。

 

毎回連休のたびに映し出される渋滞情報や
新幹線の乗車率のニュースを見ていたら
出かけようと思う人が減るのも分かりますよね。

ゴールデンウィークにどこも行かない人が過半数を超えたという記事もあります。

(参考:しらべぇ

 

10年くらい前までは
「旅行に行かないとかありえない」
という感じでしたが、時代も変わりましたね。

 

ゴールデンウィークこそ、どこも行かないで家族と向き合う

ゴールデンウィークだからこそ、できることがあります。
それは、じっくりと向き合う事。

 

例えばお子さんのいる家庭。
お父さんが仕事をし、お母さんが子育てをする家庭が多いですよね。

お父さんは仕事が夜遅くまで続き、
子供と遊んであげられない。

お母さんとも中々会話の時間が取れない。

ゴールデンウィークこそ、家族と大切な時間を過ごすチャンスです。

 

思い切り家族と向き合うと

  • 日常でお父さんに何を求めているのか
  • 何をしたらみんなで楽しめるのか
  • 子供がどれくらい成長したのか
こんなことが、共有できたりします。

特に女性は、
こんな時くらいしか旦那さんに言いたい事を伝えられないので
思い切り向き合って、しっかりと意見をぶつけましょう。

 

「旦那さんが普段何も手伝ってくれない」のは
実は「何をしたらいいか分からない」からだったりします。

やってもらえると嬉しい事を伝えると
喜んで手伝ってくれますよ。

だってあなたと一緒に過ごす時間が欲しくて結婚したのですから。

 

 

普段ゆっくり話せないパートナーや子供と、とことん向き合う

 

一度のタイミングで大きく変わるチャンスは
ゴールデンウィークみたいに長い休みじゃないと中々訪れません。

 

ゴールデンウィークは普段ゆっくり話せないパートナーと、
落ち着いてお話する良いチャンスです。

 

普段なかなか一緒に遊んであげられない子供と
思いっきり遊んであげたり絵本を読んであげたり

中々子育てについて相談できないパートナーと
今悩んでいることを一緒に解決できるように対話したり

 

時間があるときじゃないと中々難しいですよね。
ゆっくり時間をかけてやりたい事こそ、連休の時間を活かしてとことん向き合いましょう。

 

旅行に行くと、家族よりも目的地のことで頭が一杯

 

ゴールデンウィークにどこも行かないのがおススメなのは、もう一つ理由があります。

ゴールデンウィーク=旅行というイメージですが
一番大切なのは、家族としっかり向き合う時間です。

 

ゴールデンウィークにどこも行かないのが良い理由はここにあって、
旅行に行くと、家族よりも目的地の事で頭がいっぱいです。

 

となると、「誰と楽しむか」は後回しになりがちですよね。
その旅行、家族と行く意味はありますか?

 

実は家や近所こそ、穴場スポット

 

こうやって、大人気のテーマパークや移動の電車、道路、飛行機
全ての場所が、混みあいます。

 

遠出すると時間が掛かるし高いし、良いことが無い。

 

とても良い場所があります。
それは、家や近所です。

 

家であれば混むこともないし、
子供ともゆっくり過ごすことができます

 

何をして過ごしたらいいのか?については下の方で解説していますが、ざっくりいうと

  • 数時間単位で集中が必要な事
  • 複数人でまとまった時間を取ってするべき事
  • 時間を贅沢に使う事

こんな感じの内容です。

 

ゴールデンウィークにどこにも行かないのは悪い事?

「ゴールデンウィークにはどこかに行かなきゃいけない」

何となく、そんな感じの強迫感がありますよね。

  • 学校に行けば、「GWどこ行った?」という会話があったり
  • 会社に行けばお土産の嵐。
  • 保護者の集まりでは、GWに行った場所のマウント合戦

良いですか、他人は他人、自分は自分です。
強迫観念から無理やり旅行に行っても、楽しくないですよ。

誰のために旅行に行くのか、よーく考えてみてください。

 

結論を言えば、
ゴールデンウィークにどこも行かないのも、正解です。

 

どこに行ったかよりも、
何をしたのかの方がよっぽど大切です。

 

海外旅行=凄い。遠い=凄いという風潮

 

ゴールデンウィークと言えば海外旅行ですね。

昔は国内旅行でも十分凄いと思っていましたが
いまは距離が遠ければ遠いほど凄いという風潮があります。

 

この強迫観念から、
「ゴールデンウィークは海外に行かなきゃいけない」
と思ってしまいがちです。

 

遠い海外に旅行に行くのも確かに刺激的だし楽しいですが、
少し工夫をすれば、同じ距離でも半額くらいで行けたりしますよね。

 

わざわざゴールデンウィークに遠くに行かなくてもいいんじゃないかな。

 

長期休み=旅行に行かなければいけない風潮

 

もうひとつ、長期休みだから旅行に行かなくてはいけない風潮もありますね。

 

でも、
わざわざみんなと同じタイミングで外に出て
通常よりも割高な交通機関を使って
通常よりも不快な旅行に行く。

冷静に考えたらそんな必要ないですよね。

時期を考えて出発すればもっと快適になるはずです。

 

旅行に行けない=お金に余裕がないというレッテル

 

旅行に行けない=お金に余裕がないというレッテルもありますかね。

もう少し時代が進むと、
ゴールデンウィークに旅行に行く人=想像力が足りない
っていうレッテルに変わるんじゃないかなと思います。

 

今の若い人たちを見てると、
物凄く合理的に物事を考えています。

コスパ、時間対効果を非常に気にしています。

そこにお金や時間を使うくらいなら
将来好きなタイミングで旅行に行ける仕事をするための
学びや気づきのためにお金と時間を使いたいと思う人も今後増えていきます。

 

ゴールデンウィークにどこも行かないのは子供にとってかわいそう?

 

「ゴールデンウィークにどこも行かないのは、子供がかわいそうだ」

たぶんこんな反論が来るんじゃないかなと思います。
それに関しては、こう反論したい。

 

ゴールデンウィークにしか旅行に行けない家庭なら、
それこそ子供がかわいそうだ。

 

私たち大人は、
子供がしたいというタイミングでさせてあげ
子供が行きたいというタイミングで行かせてあげる。

そんな家庭を目指すべきなんじゃないかなと思います。

 

子供が自由に「あそこいきたい」って言えるように
日ごろからコミュニケーションを取っていれば
何にも可哀相な事はありません。

 

そして子供は、旅行よりもお父さんとお母さんと一緒に走り回るほうが好きなんじゃないですかね。

 

旅行に行かないと子供が不幸だって、いったい誰が考えたんでしょうか。

 

どこも行かないゴールデンウィークは楽しい

結論に入ろうと思います。

どこにも行かないゴールデンウィークは、楽しいですよ。

かくいう私も、ゴールデンウィークだからと旅行したことはありませんでした。

 

元々旅行が好きじゃないのもありますが、
旅行に行きたいと思えば週末に行けばいいし、
ゴールデンウィークはむしろ、習い事に使っていました。

合宿、練習、試合で、10年間くらいゴールデンウィークは野球漬けでした。

 

旅行にはいかなかったけど、楽しかったですよ。

「どこに行くか」よりも「何をするか」の方がよっぽど大切です。

 

ゴールデンウィークの思い出は?と聞かれたときに

「ハワイに行った」
と答えても、突っ込んで聞かれたら
「実は楽しい思い出は無かった」
なんてことも多いです。

 

逆に、「バーベキューしたよ」
って答えなら、突っ込んで聞かれても
いくらでも思い出が出てきますよね。

 

どっちが幸せなゴールデンウィークだったんでしょうか。

 

ゴールデンウィークにあえてどこも行かずに、
近場で思いっきり遊ぶっていうのも
大きな思い出になると思います。

 

遠くに行くまでの待ち時間や移動時間が思い出に残る事は、絶対にない。
ましてやテンション上がって騒いで叱られるくらいなら、
旅行なんて行きたくない。

 

どこも行かないゴールデンウィークの遊び方(家族向け)

 

どこも行かないで楽しめるゴールデンウィークの過ごし方(家族編)です。

普段お父さんが仕事で、
お母さんは子供の世話で忙しい家庭の場合

ゴールデンウィークは普段できない事がたくさんありあります。

 

  • 大掃除
  • 部屋の模様替え
  • 家具の組み立て
  • 大きい物の洗濯
  • ガーデニングやデコレーション

 

やりたくてもできなかった事が一気に片付くのでとても気持ちいいですね。

 

 

  • 子供と一緒にゲーム
  • 一緒にDVD鑑賞
  • 目いっぱい絵本を読んであげる
  • ひたすらに走り回る
  • 色んな公園に行く
  • お弁当をもってピクニック
普段なかなか時間を取ってあげられない事を
子供と一緒に遊んであげると、子供も楽しいですね。

いつもと違うだけで子供は嬉しいので、
普段禁止している夜更かしを緩和してあげるのも良いですね。

 

 

  • 家族で料理を作ってパーティーする
  • 仲のいい友達とバーベキューをする
近場でできる特別感+子供も混ざれて楽しいです。

 

どこも行かないゴールデンウィークの遊び方(学生向け)

 

学生と言えば勉強が本分ですが
連休だからこそ、普段と違う事を勉強できます。

 

  • 機械工学を勉強している人がプログラムを勉強したり
  • 語学を勉強している人がブログに挑戦したり
  • 経営を勉強している人がマーケティングを勉強したり
スタートにちょっと時間が掛かる事も
連休にギュッと詰め込めば、良い感じのスタートが切れます。

 

自分の将来の夢を考えるうえで
こういう、時間が余ったタイミングって有意義です。

 

どこも行かないゴールデンウィークの遊び方(独身会社員向け)

 

独身の会社員はとにかく、自由に時間を使いましょう。

 

  • 超ダラダラしたり
  • 副業の作業を加速したり
  • 仕事のスキルを身につけたり

私が日本でサラリーマンをやっていた4年間は、

 

  • 簿記の勉強、英語の勉強
  • 品質管理の勉強
  • 副業の作業(主に勉強)
  • 副業の作業(県外遠征)
って感じで時間を使っていました。

その時の知識が今生きているわけではないですが
大切な考え方を勉強できたかなと思っています。

 

将来のために旅行を我慢するんじゃなくて
せっかくの旅行を最大限楽しむために、旅行の時期をずらすっていうのが正しい在り方かなと思います。

普段一生懸命やっているなら
別に1週間くらい休みとってもいいでしょ。
前もって宣言しておくっていうのが休みを取るコツですよ。

 

ではでは、たのしいゴールデンウィークを。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2020 All Rights Reserved.