台湾での格安ホテルの探し方、饒河街夜市と五分市場を回った感想

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、TOMOです。

先日中国の会社への就職が決まりまして、少しホッとしています。
緊張やら言語の心配、衣食の心配もありますが、
周りの人が相当な友好ムードで接してくれているので何とかなりそうです。

 

さて、やるべきことを終わらせてホッとしていますが、
せっかく海外に来たならゆっくりしたい!
という事で今回は台北に一人旅行をしてきました。

 

最近有名なagodaというサービスを利用して宿泊施設を予約しました。
多分、トリバゴと違って民泊みたいな施設も取り扱ってるのかな?
まさかこれがホテル?という場所もありましたが、そういう所が安くて結構穴場だったりするのが面白い。

バナー貼っときます。

 

台湾での格安ホテルの探し方、饒河街夜市と五分市場を回った

今回泊まったホテルはこちらです。

 

リチェンジホテル台北というところです。

台北駅(Taipei Main Station)からあるいて5~10分くらいのところにあります。

 

場所が非常にわかりづらくて大変ですが、角っ子に消防車がある場所で曲がって、
セブンイレブンを確認、その後華美大飯店という看板を探すのが一番簡単でした。
同じ建物内にリチェンジホテルが入っていて、1F奥に行くと華美大飯店、
2Fに行くとリチェンジホテルのフロントがあります。

 

ここに入って

 

受付は2階。

 

宿泊にかかった費用は4000円くらいだったと思います。超安い!
なので中は綺麗じゃないんだろうなと覚悟して入ったらなんと。

 

きれい

 

超綺麗!

部屋はめちゃくちゃ狭いです。中国で宿泊したホテルのトイレくらいの広さ。だけどちょっと寝るだけなら十分な広さだし、これは素敵です。

 

饒河街夜市と五分市場を回ったら広くて迷子になった

台湾に来たら絶対に行かないといけないのが夜市ですよね。
夜は夜市に行くかクラブに行くかだと思いますが、
私はクラブの過ごし方がよくわからないので夜市で歩き回る方を選択しました。

 

台北の近くで有名な夜市は、饒河街(ぎょうかがい、ラオ ハー ジエ)です。
胡椒餅と臭豆腐が有名らしい。胡椒餅は色んな屋台で売っているので買いやすいですが、
結構高い。200円弱します。まあでも、味のクオリティを考えると安いかもしれないですが。

 

胡椒餅を上手に食べるコツは、肉と野菜を一口の中に半々ずつ入れる事です。
分けて詰められているので、どちらか一方を多く食べてしまう事が多いでしょう。
ですが、味がしっかりついているのは肉の方なので、
肉と野菜のバランスをしっかりとらないと、肉だけ食べると味が濃いです。

 

 



そして忘れちゃいけないのが五分埔服飾広場(ウーフェン)です。

台湾最大の服飾マーケットらしいです。

饒河街夜市とは松山駅を挟んで反対側に位置しています。
ユニクロやら大阪王将やらが入った商業施設の近くにあります。

 

こんな感じで服の卸売りみたいなことをしています。
もちろん、1枚当たりで買う事もできるし、複数購入する事で割引もできます。

 

 

商店街ほとんどすべてが服屋さん。
たまに屋台で食べ物を売っているくらいのイメージです。

 

私は次の日に着る服を買うためにここまで来たんですが、
男性向けのお店が非常に少なく、体感では15~20店舗中、男性用は1~2店舗くらい。

 

男性向けのお店はほとんどありません。
しかも格好いいやつは安くないし、(400~500元くらい)
特に質が良いというわけでもないので、値段相応な感じでした。

 

最大の服飾マーケットというくらいなので、
良い服くらいはあるはず!と思って根気よく4時間歩き回った結果
、迷子になりました。

 

「駅はどこ?」と人に聞いても発音が悪くて伝わらない。
中国語は発音が大事。本当に伝わらない。つらい。

 

SupremeのTシャツやらバッグやらが一部お店で売っていましたので、
気になる方はそれを目的に行くと面白いかも。

 

男性のみで行く場合はそれ以外はあまり見どころが無いので
饒河街夜市だけ行くっていうのも選択肢の一つでしょう。
女性は服の量に圧倒されて楽しいと思いますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら


スポンサーリンク


スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.