思い立ったら何でも全力でトライするよ

スポーツ、ランニング、通勤中におススメ! 5000円以下のワイヤレスイヤホンを買ったよ!

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

こんにちは、TOMOです。

 

今回は、めっちゃいい感じのイヤホン買ったよ!というご紹介です。

最近3.5㎜ジャックがついていないスマホも多いし、
「時代の流れ的にワイヤレスイヤホンを買うべきかな?」と思ったので、
できる限り安く、カッコよく、便利そうなイヤホンを探しました。

せっかくワイヤレスイヤホンを買うなら、スポーツとかランニングとか、色んな場面で使えると良いなっていう考えで
なんとか一つに絞りました。

使った感じめちゃくちゃよかったので、こいつはおススメするよ!っていう内容です。

 

ワイヤレスイヤホン選びに没頭、候補がたくさんありすぎて困る!

 

ワイヤレスイヤホンって、もうすでに物凄い数の種類が出てきて
もう一人で良いものを見つけるなんて不可能です。

試しにグーグルで「ワイヤレスイヤホン」と調べたら、

2800万件の検索結果が出てきました!

コレ一個一個調べていくと、それだけで1週間以上かかってしまいそうなので
別の方法を模索します。

 

 

スポーツ、ランニング、通勤中、様々なシーンで使えるワイヤレスイヤホンが良いよね

(Amazonより引用)

従来、イヤホンと言えばipodについてくる白くて長い有線式のイヤホンが主流でした。
腕にipodやiphoneを巻き付けて、そこからイヤホンを出してランニングしている人がちらほらいましたよね。

時代も移り変わり、今はワイヤレス式のイヤホンが主流になりました。

 

通勤シーンでも、電車の中でairpodsを使っているサラリーマンが急増しました。
みんな、おしゃれな流行り物が大好きです。

 

私も、もともとはワイヤレスのヘッドホンを重宝していたのですが、ヘッドホンは遮音性が高くてめちゃ便利な反面
電車を乗り過ごすとか、そもそもの重量のせいで肩こりになるという欠点がありました。
そのため、同じシーンでワイヤレスイヤホンを使う+せっかくならその他のシーンで使えるイヤホンを探しています。

 

賑やかなファミレスでの使用、電車、ランニング中この3つで使えてかつ安いイヤホンが正義!

 

まずはワイヤレスイヤホンをグーグルで調べてみよう。

まず、ワイヤレスイヤホンを探しているので「ワイヤレスイヤホン」と検索します。

検索結果が2800万という途方もない数字になりました。

次に、使うシーンを限定して再度検索に励みます。

数がだいぶ減って、126万件まで絞れました。

次に、いくらまで出せる?っていう予算を打ち込んでさらに絞ってみます。

「5000円以下」っていうキーワードを追加すると、21万件まで絞れました。

 

まだまだキーワードで絞れそうですが、今回求めているのはこれくらいなのと
必要以上に絞ると何となく気に入りそうなやつを排除してしまうのが怖いので、ここから絞ります。

 

Googleで検索して出てくる商品っていうのは、大々的に広告を打っている大手メーカーの商品か
もしくはアフィリエイターの方々が紹介したい商品がメインになるので
Googleの検索結果だけを信じて商品を選ぶと、「実は他にも選択肢があった」っていう事になりかねないので
次にAmazonで検索をかけます。

 

まずGoogleで検索したのは、
「今流行りのデザインはどんな感じなんだろう?」っていうのと
「自分が好みのデザインはどんな感じなんだろう?」っていうのを
手っ取り早く知るためです。

 

一生懸命自分の好きなデザインの商品を選んだとしても、
それが一昔前の流行りで周りからいじられるのは、、、どうしても悔しいですからね。

 

さて、検索で種類を絞ったので、
グーグルの便利な広告機能を活用していきましょう。

googleで検索すると、こういう広告が一番最初に出てきて購買意欲をそそってきますよね。
大体、自分の欲しい商品とマッチしたものが出てくるはずなんです。そう、AIでね(真偽のほどは定かではないですが)

 

で、この広告をまずザーッと眺めましょう。
このボタンをクリックします。

 

何となくおしゃれそうな強者たちが並んでいますね。こういう形のイヤホンが今は流行していそうです。
欲しい形状が何となく決まるまで、眺め続けましょう。

ちなみに、このままバチピタで欲しい商品が見つかったら各ECサイトで購入もできますが

商品の保証関係が心配なのと、おしゃれな類似品を探すために私はAmazonで検索しなおします。

 

良いワイヤレスイヤホンの候補が決まったら、Amazonで検索してみる

 

さっき検索した商品に似ている商品を早速見つけました。

ここで、「スポンサープロダクト」と書いてある商品はまあ、広告を出して検索順位を上げているよっていう感じ?
Googleでも検索結果に広告が上位表示されているので同じイメージかと。

 

で、スポンサープロダクトって割とメーカーがそのまま売っているイメージが多いので
私は良い商品が安く買えるイメージを持っています。
中国製の商品とかはスポンサープロダクトをあえて買ったりしています。

 

 

見つけたお前に決めた!カッコよくて便利そうなワイヤレスイヤホンを一つ選びました。

私は結局、パソノミというメーカーのワイヤレスイヤホンを買いました。

メーカーが直接販売している商品で

  • 防水
  • ノイズキャンセリング付き
  • 左右独立して使用可能(バッテリー持ちを気にするなら片方ずつ使える)
  • 軽量、コンパクト
  • 充電器機能付きケース付属
  • デザインがかっこいい

っていう理由から選びました。

 

 

 

ワイヤレスイヤホンが届いたよ。

まずは外箱から。表面はこんな感じ。最近の中国製商品ってパッケージが物凄くかっこいいですよね。

裏面はこんな感じ。なんて書いてあるか読めないのと、日本語で書いてあっても大して読まないのでスルーします

箱を開けるとこんな感じ。使用するだけならこのセットだけで十分使用可能ですが、この下にもまだまだたくさんの付属品が入ってます。

 

箱を全部開けると付属品がこんなにたくさん!個人的に助かったのは何と、日本語の説明書がついていました!
あとは耳のパッドが大小いくつかついていて、自分の耳に合わせることができますよ。

これが日本語対応の取扱説明書です。完全に日本人向けに作られているので安心できますね。

 

ちょっとしたおまけについてのチラシが入っていました。レビューを書いたら素敵な商品プレゼントっていうものみたいです。私もレビューを見て買ったので、商品のレビューって大切ですね。

 

本体はこんな感じ。上下にイヤホンが収まっていて、同時に充電もしてくれるやつです。

正面はこんな感じ。シンプルで非常にかっこいいと思います。

 

まとめ

今回はおしゃれなワイヤレスイヤホンを買ったので、これからは通勤、スポーツ、ランニング中
さらに防水もついているのでお風呂でも使用してみようかと思います。

使ってみた感じ、電池の持ちは3時間~6時間くらい。
まあ一日中音楽を聴き続けることはないので問題なしです。
長く聴きたい場合はいったん休憩をはさんで充電すれば、何とかなります。

付属の充電機能付きケースがカッコよくて便利なので、個人的には気に入っています。
あと、地味にうれしかったのがジャストサイズのきんちゃく袋。収納袋がないと本体に傷がついてしまうので
とっても便利だなって思いました。

 

 

 

 

良かったら参考にしてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2018 All Rights Reserved.