思い立ったら何でも全力でトライするよ

サラリーマンの敵、腰痛。筋トレ無しで緩和できないか。キーワードは、「骨盤を立てる」と、「歩く」

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

こんにちは、TOMOです。

 

 

社会人になると、腰、痛くないですか?
私は高校生の時から腰痛持ちだったんですが
大人になってPC作業が大幅に増えたために
さらに腰が痛くなってしまって困っています。

 

そのため、毎週1~2回、整体院に通って身体のメンテナンス方法について勉強しています。
半年くらい通い続けた結果、ようやく施術だけでなく内容まで教えてもらえるようになったので
教えていただいた内容をアウトプットします。

 

 

TOMOの腰痛具合のご紹介

 

高校2年生のころ、急に腰が痛くなり始めました。
当時はまだ部活で野球をやっていたため筋力は問題なく
痛いといっても我慢できる程度の痛みでした。

 

 

 

大学生になって、ボウリングにはまりました。
よくいる大学生ですよね。
週に2~3回、いろいろなセンターに通い、
練習やら大会やら、友人と勝負をしたり
物凄くのめりこみました。

 

が、ある時
ラックからボールを持ち上げた瞬間「グキッ」
軽いぎっくり腰を初体験。歩けなくなりました。

 

 

 

その前から整体やら鍼やらいろいろ通ってはいましたが、
整体では施術前の脚の長さの左右差と施術後の脚の長さの左右差を比べて
「効果あったね」と言われて終わりだったり
鍼では痛みのある箇所の筋肉をほぐしてもらって終わりだったり
とても恒久的に効果のある治療院に出会えませんでした。

 

病院に行ったら原因不明だけどとりあえずつける名前で有名な
「坐骨神経痛」と命名してもらい
「ヘルニア」ではないから周りから甘え呼ばわりされる始末。
痛いのに痛いと言ってはいけない空気が辛かったので
プロの力を借りながら自力で治すことを決意しました。

 

今まで腰痛が辛くて下を向いていました。
腰痛が治れば前を見て歩けます。
元気であれば同年代の人よりも運動量が増えます。
見た目も中身も元気になれる気がしませんか?
私はそんな気がしています。

 

腰痛の原因のひとつに姿勢の悪さがある

基本的にどこに行っても、
「姿勢が悪いから腰が痛くなる」とご指摘を受けます。

 

姿勢が悪いというのは、腰に負担のかかる座り方、立ち方をしているという事。
勉強していて頻出する悪い姿勢は
「猫背」と「反り腰」です。

 

猫背

 

「背中が丸まっているよ。」と指摘を受けて自分が猫背であることを認識する人も多いのではないでしょうか。

猫背の人の背骨の状態を難しい言葉で説明すると以下になります。

猫背の医学的表現

脊椎は本来、まっすぐな円柱状の形態をとってはおらず、生理的な弯曲を持っている。頚椎は前弯(脊椎は正確な円柱よりも前方にはみ出している、前方が弧で後方が弦のカーブ)、胸椎は後彎(脊椎は正確な円柱よりも後方にはみ出している、前方が弦で後方が弧のカーブ)、腰椎は再び前弯し、仙骨は後弯に相当するカーブを持っている(仙骨だけは成人では骨性に結合してひとつの骨になっているため、可動性がない)。『猫背』はこのうち、胸椎の後弯が生理的な範囲よりも大きく曲がったものであり、円背ともよばれる。

wikipedia 「猫背」より引用

 

肩甲骨の間あたりの背骨が大きく曲がっていて、自信なさそうにしている人の姿勢が猫背です。

頭が重いので、長い間頭が中心より前側にあると、猫背になりやすいと言われています。

 

反り腰

高校生の歩き方で多い「ペンギン歩き」。足をあまり上げずにカツカツと靴を鳴らして歩くことが多いですよね。
女性のお洒落の定番、ヒールの高い靴。
あとは近年の座りっぱなしによる下半身の運動不足。(というより歩くことの不足)
姿勢を正そうとして、腰を反る。

これらが原因で骨盤が前傾してしまっている状態を「反り腰」と言います。

 

床など、硬い場所にあおむけになって寝ころび、腰と地面の間に手が余裕で入る状態、
これが反り腰です。
普通は手が入るか入らないかくらいなのですが、腰が反っているせいでスカスカになります。

 

骨盤を立てることで、腰痛解消ができるらしい

 

正しい座り方をすると腰の痛みが和らぎます。
クッションを使うと腰の痛みが和らぐ気がしませんか?

 

実は、お尻の下にクッションを敷くと「骨盤が立って」座る姿勢が楽になります。
この姿勢をずっとキープできれば、腰痛もだいぶ楽になるんですけど。

 

 

骨盤を立てるためのグッズを手に入れよう

やっと見つけました。

半年くらいずーっと探し続けていた、骨盤を立てるためのクッションです。

 

 

画像引用:Amazon.co.jp

 

このクッションはお相撲さんの股割りをヒントに作られました。
骨盤が立つことで、開脚の動作がしやすくなるので
ストレッチが簡単にできるようになります。

 

ストレッチというよりも、「骨盤を立てる」ために私は必要です。
とても欲しい。

 

もう腰痛にならないために。骨盤を立てるための筋肉を整えよう

<猫背の人におススメの体操>

 

  1. 四つん這いになります。
  2. 猫のように背中を丸めます。
  3. 犬の様に姿勢を正します。
  4. 1~3を繰り返します。

犬になるときは肩甲骨を近づけるようにするのがポイントです。

 

この体操をすることで肩甲骨も動くので、
肩こりの人にもおすすめです。

 

 

 

<反り腰の人におススメの体操>

小さい子供が膝を抱えて前後にユラユラ動く動きを真似します。
腰の前弯がひどくなっているところを緩和させるイメージで行います。

ゆりかご体操

ゆりかご体操 「体育座り」をして両手をひざの上に置く。体全体を後ろ側に倒し、肩甲骨(けんこうこつ)が床に着きそうになる手前で戻り、今度は足裏が床に着きそうになる直前で戻り、前後に揺れる。ゆっくりと5回往復する。

引用  ぽっこり腹や腰痛の原因にも 「反り腰」を改善 ゆがみリセット学 :NIKKEI STYLE

 

 

<姿勢を整える筋肉を鍛える>

姿勢が悪いのは、姿勢を保つための筋肉が弱っているからです。
ただし、筋肉を鍛えようと思ってもこれ以上筋トレのメニューを増やすのは面倒くさいですよね。

 

なので、姿勢を正すこと、そしてそのままの状態をキープして、歩くことを大切にしましょう。
日常生活で歩かないことというのは中々ありませんね。

普段何気なくしている、「歩く」という動作を姿勢を正す時間に充ててしまえば
わざわざ時間を取って筋トレしなくてもOKです。

 

 

正しい姿勢とは、耳、腰、膝、くるぶしが一直線であることを言います。この状態をキープし続ける訓練を
思いついたときに行うようにすれば、筋肉が鍛えられます。

インナーマッスルなので、鍛えるのが難しいというのと、
日常生活に組み込むだけで、わざわざ時間をとる必要もないので
今回は筋トレではなくて姿勢で筋肉を鍛えるという方法をとります。

 

 

正しい姿勢と言えば、先日近くのショッピングモールでものすごく気持ちいいソファーを見つけました。

これです。

 

座った感触だと、腰が解放されたような感じ?
重い腰がふっと軽くなったような気がしました。

 

商品説明を見てみると、
「立腰姿勢」と書いてあるじゃないですか。
改めて 、骨盤が立つようにするのが正解なんだなと実感。

 

ただ、値段が高いのが難点。
価格が4万円くらいするんですよね。

これが座椅子タイプ

 

そして、ソファータイプは5万円くらい。

ソファータイプは青色もあってお洒落なんですよね。

 

これに座って、背の低い机を横において、映画を観るなんてできたら最高だなーと思っています。

 

 

さらに高くて、5万円~6万円くらいですが、面白グッズもありました。
こちらは、ダイニングテーブルとか、椅子で生活する人用の、強制的に骨盤を立ててくれる椅子です。

大人も子供も使えるやつだそうで。

ソファタイプだと休憩時にしか使えないですが、こちらであればダイニングテーブルで使用できるので
ご飯食べても良いし、勉強しても良いし、パソコンしても良いし、汎用性が高いなと感じていて、
こっちを買おうかとも悩んでいます

今のところこの高い方かな!

 

まとめ

 

腰痛に対しては、骨盤を立てることで軽減できるっぽいことを
整体師さんから教えてもらいました。

 

骨盤を立てることで腰回りの可動域が広がり、
凝り固まっていた筋肉が生き生きとし始める。
その結果、腰痛が楽になるんだろうと予想しています。

 

 

私も最近腰が痛くなってきたので、
歩くときは気を付けること、座るときも姿勢を気を付けること
あとは、はやく椅子を買いたいなと思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.