思い立ったら何でも全力でトライするよ

Huaweiの代わりのスマホをお探しのあなたに。UMIDIGIがおススメ。

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

こんにちは、TOMOです。

 

今月に入って本格的にHuaweiへの対応が始まりましたね。
Huaweiショックとも呼ばれているこの事件、事の発端は覚えていますか?

 

余計な部品が入っていた」という発言です。これに対してメーカー側は否定。(そりゃそうですよね)

 

代わりを探す前に勉強しよう。Huaweiの問題は、どのようにして起きたのか?

Huaweiに対する圧力や制裁は、「スパイウェアのような物がついている」という
いわば言いがかりのような物から始まりました。

 



 

Huaweiだけが情報を取っているのか?代わりのスマホを選べば問題ないのか?

情報を探してみた結果わかったことは、
「技術改善のために情報を送信する」という機能について問題視されているようです。
よく、「ユーザーエクスペリエンス向上の為に、情報を送信しますか?」と出たりするやつですね。
各社当然の様に、私たちの行動をビッグデータとして蓄積しているので、
今更大騒ぎする事でもないです。

 

私が個人的に頭のいい人が多いと思っているTwitterやらNewsPicksでは、
「そりゃ海外の情報端末なんだから、アメリカも中国も韓国も入れてるでしょ」
と言ったコメントをいくつか見かけました。

 



 

高度な情報社会だからこそ、情報を集めるために各社色々な施策を打ってきます。
GoogleもAmazonも、FacebookもAppleもです。

 

自分の現在位置から近いお店を紹介してもらったり、
「これはいかがですか?」というリコメンドだったり、
やけに魅力的な広告が出てきたり・・・。

便利な機能は大体、私たちの行動を解析しているから便利な機能でいられます。

 

どこの会社もプラットフォームを取りたがるのは、この「情報」が欲しいからなんですよね。
便利な機能をリリースするためには欠かせない貴重な財産ですし、
お客様が全て自社のプラットフォーム上で購買行動をしてくれるなら、
お客様一人当たりの価値がどんどん上がっていきます。

 

Googleがマップ上で食べログ的な機能を網羅していたり、
検索画面上でAmazonやYahoo!ショッピングのストアを表示してくれるのは
そういう理由があるんですね。

 

ではなぜ、Huaweiだけが制裁対象になっているのか?

中国は国家全体で発展していこうという考え方の国なので、
「国の発展に有用な情報があって、国がその情報を欲しいと言ったら、会社は提供してください」
という決まりがあります。(参考:時事通信社

 

この法律があるために、
「もしかしたら国家機密に関することや、企業の重要な情報を意図的に抜こうとしているのではないか?」
という心配が出てくるので、先手を打って規制を始めたようです。

 

今後5Gの技術において、ほとんどHuawei独占で設備を入れようとしていたので、
独占にしておくと依存から抜けられなくなるので、
大問題にして無理やりに競争を促したという感じです。

 

これからは急成長した企業に対して、情報戦をぶつけるような戦い方が増えてくると思います。
過去にも中国ではZTEという会社がイランや北朝鮮に通信機器を販売したとして制裁を受けています。(参考:REUTERS

 

売れるためにブラック、グレーなことをやると、大きくなってきたときに一気に潰されます。できる限り綺麗な商売をしたいですね。

 

Huawei使用を各キャリアが取りやめ。使っちゃいけないの?

Huaweiスマホをご利用の皆様、androidのアップデートはどうなるの?とか心配事が多いですね。

結論を言えば、我々のような善意のスマホユーザーに対して
使用禁止」というお触れは出ていませんし、
現状はサポート側も応援してくれていますので、あまり気にしなくても良いでしょう。
(参考:engadget日本版

 

もし、OSのアップデートがなくなってしまった場合でも、しばらくは快適に今のまま使えます。

私はついこないだまでandroid4.1かなんかを使っていましたが、
最新の高機能アプリがインストールできないだけで日常生活に支障はありませんでしたよ。

 

しばらくは最新OSに近い状態で使用できるはずなので、あと1年くらいは大丈夫でしょう。

 

もし、「通信したらダメだよ」というルールが新たにできてしまった場合、その時は買い替えを要する事になるでしょう。

 

現状、発売済みのHuaweiを使っている善意のユーザーに対してはGoogleも、
「善意のユーザーにはサポートしたい」とコメントしているようなので、
急いで買い替える必要はないでしょうし、
Huaweiも独自OSを開発しているので、間に合わせて新OSを入れる事ができるようになるでしょう。Huaweiは強いです。

 

そしてHuaweiはAndroidの代わりに超高速で動作するOSを完成させた。

Huaweiが独自に作り出したOS、その名も「鴻蒙(HongMeng)OS」

Linuxベースで作られているOSなんだそうです。

元々中国のスマホはAndroidのOSをそのまま入れていないので、元々知見はあったのでしょう。
2~3年前くらいから開発していたものなので、最初から完成度は高いんじゃないか?
と予想しています。恐らくアプリの完全互換とかやってくると思う。
そして、Androidよりも高速処理ができるという情報が出てきましたね。(参考:ヒマつぶ情報局

 

参考動画です。大好きなカズヒロさんの動画。

 

 

Huaweiが心配なので、代わりに他のスマホに替えようと考えている方へ

自分の個人情報や発言情報を、堂々と「収集、利用しています」と宣言されたらいい気分がしない方も多いでしょう。
そうなると、対抗手段としたら別のスマホを購入するという方向に落ち着きますね。

 

現状、こういう問題はHuawei以外には起きていませんので、
安くて高性能のスマホをお求めの方は今まで通り中華スマホを使用しても大丈夫です。

 

私も先日UMIDIGIという中華スマホメーカーの商品を購入しました。
使い勝手は非常に良いし、カメラ性能もめちゃくちゃ悪いわけではないです。

 

2万円前半で買えるので、「取り急ぎ」という方にもおすすめです。満足度は高い。

 

カメラの画質を重視される方、だけどiPhoneやgalaxyは高くて買えない!という時はXiaomiがおススメ。これから伸びてきますよ。

 

 

最後に。Huaweiに限らず、どこのメーカーも情報は収集している。
代わりを探すんじゃなくて、どういう素敵な未来があるのか考えてみよう

最後に、Huaweiに限らず、ほとんど全ての会社が情報は収集しています。
今後の素敵な未来の予想としては、こんなのがあるかな?って考えてみました。

 

日本でUberが流行る頃には、グーグルマップでそれができるようになっているんじゃないかな?
と予想しています。
LINEが先か、Googleが先かという感じでしょう。
LINE Taxiをリリースした実績があるので、現状はLINEのほうが進んでいるかな?という感じ。
LINE ClovaのスキルでJapan Taxiと協業しているのも強み。(参考:LINE公式サイト

タクシー業界の猛反発もあるので、ますます競争or共存で、言い合いが激化しそうですね

 

 

 

最後に、スマホのコスパの高い使い方を紹介します。
YouTubeを見る時の広告を何とかしたい時、現時点では無料で広告をスキップする機能があります。

気になる方はこちらの参考記事をどうぞ。

最近多くなったよね。YouTubeで表示される広告を無料で消す方法

iPhone、AndroidのYouTubeの広告を非表示に!消す方法を教えます

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.