思い立ったら何でも全力でトライするよ

勉強だけ頑張っても成果が出ない。成長しない原因は「実践しないから」

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

 

こんにちは、勉強コーディネーターのTOMOです。

勉強が苦手な人がいます。

親は心配します。「この子、頭良くないんじゃないかしら?」

先生は見放します。「この子にセンスは無いな」

 

でもね、そんな事ないんです。大丈夫です。全く問題ありません。

子供たちは優秀です。そして、あなたも等しく優秀です。

成功している道を示してあげるのが親、先生の役割ですが、子供がだんだんと大人になっていくと、自分と違う道を歩み始めます。

その時に、いかにして、自分で正解だと思う方向に全力ベットできるか。

この力があれば、勉強なんて簡単になります。大人は子供たちに、自分で正解を探るための方法を示してあげましょう。

 

 

 

成功しない、成長しない、結果が出ない、そういう人って、全て共通項があります。

ちなみに勉強に限らず、ビジネス、スポーツ、恋愛、何でも当てはまります。

<よくいる成功しないパターンの人の特徴>
  1. 失敗を恐れる
  2. 勉強ばかりしている
  3. 継続できない

 

これらに逆張りすれば、おのずといい結果が近づいてきます。

 

今回は、将来の子供たちに夢を見させてあげるべき存在である、私たちが正しい勉強の仕方というものを学んでいきましょう。

 

勉強だけ頑張っても成果が出ない。成長しない原因は「実践しないから」

 

ネットを見てたら見つけました。素敵な記事です。「いつまで失敗を恐れて練習や勉強してるの?本番に挑まなきゃうまくはできない」から引用します。

本番に挑んではじめてわかることが
たくさんある。
机上の勉強や練習では
決してわからないことに気づける。
自分が何が足りないかがわかる。
何を勉強し、何を練習すべきかがわかる。

失敗を極端に恐れるがあまり、勉強ばかりを繰り返す。

机上の勉強だけではわからない、本番独特の緊張感、戦略などというものは、本番でしかわからない。

 

本当に必要な勉強の仕方っていうのは、ちょっと勉強したらすぐ実践して、「何が足りなかったのか」をもう一度考えてまた勉強するという方法です。

 

本番を経験して初めて、自分に足りないものがわかるようになります。

逆に言えば本番を経験していない勉強というのは、薄っぺらい表面上の知識でしかないんです。

 

是非、実践する環境を整えましょう。

 

勉強だけ頑張っていても成果が出ないのは、実践を続けない事も原因。継続が物を言う世界です

短期間ですべての結果を手に入れようという欲張りさんがいます。

お金が無くなったときにこっそり人の家に入り込む悪い人の様に、短期間で得られた努力では短期間で吐き出される程度の結果しか得られません。

残念なことに、これが真理なんです。

 

私たちは常に努力する事が求められています。でも、意志が弱いから続かない。

もし、あなたが他よりも抜きんでたいと少しでも思うなら、3か月間だけ一生懸命、継続だけしてみてください。

この、継続が難しいんです。続く人はきっと、5%もいません。続けられれば、それだけで勝手に5%の選ばれた人間になる事も可能です。

 

私がフォローしている、「わだっし―さん」、たびたび当ブログでも登場していますが、


継続だけすれば結果は出るようになるよ。それをもっと続ければ上位5%に入る事もできるはずとおっしゃっています。

 

 


プログラムを例に、集中と、継続の大切さを語っています。「これをやる」って決めたらそれを期日までにきちっとやる。それだけで何かいい結果が得られます。

 

 

例えば本を1日1ページだけ読むとしましょう。

1年で365ページ。

3年で1000ページ超えられます。

1000ページの本を読了したあなたが、していなかった場合のあなたに知識で負ける事は100%ありません。

「あの頃は凄かった」という前に、今の自分を磨く努力をしてみましょう。いつの間にか、「今が一番楽しい」に変わります。

 

 

勉強だけ頑張っていても成果が出ないのはわかったんだから、早めに失敗しちゃおう。実践してみる

勉強して、知識を詰め込むことをしすぎると、引き出すことが難しくなります。

 

失敗するのが怖いから勉強を頑張るのは確かに大切なんですけど、勉強をした知識を入れる箱を大きくすることも非常に重要です。

これをマインドセットと言います。

 

勉強した知識を自由自在に引き出すためには、大き目な箱に余裕をもって収納してあげる事が大切。

今は「失敗が怖い」という箱に入っていますが、「成長したい」という箱に入れ替える事で調子が良くなります。

 

勉強を1か月頑張ったら、その知識だけを使って1週間くらいアウトプットし続けてみるのも、箱を大きくする方法の一つです。

失敗を恐れずに、むしろ足りないものを知るために、勇気をもってチャレンジ!!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.