USB PD対応モバイルバッテリー【スマホもPCもUSB-Cで充電する時代】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、TOMOです。
私のお供はパソコンです。
スマホを使用する時間のリアルに5倍くらいはパソコンを使っています。

 

今は自宅で生活しているので困る事はありませんが
今後は出張やら、旅行やら、リモートワークやらで
電源のない場所でパソコンを使うと、どうしても困るのが充電。

 

UBookを買って、外で作業ができるようになったんですが
充電が心もとなくて、図書館ではなくマックやスタバなど
電源のある所に行動を制限されています。

 

これから中国に行きます。
そして、日本に帰ってきてからもきっと、
自宅やオフィスじゃないところで仕事をします。
旅のお供に、モバイルバッテリーを探すことにしました。

 

USB PD対応のモバイルバッテリーが必須。

今年、久しぶりにパソコンを買いました。
その名もCHUWI UBookです。

今時のパソコンはUSBで充電できるようになっていて、
専用のACアダプタを持ち歩く必要が無くなりました。

 

UBookも例にもれず、USBで充電できます。
ただし、必要な電力が24Wですので、
一般的な充電器、モバイルバッテリーでは充電ができません。

 

そこで必要なのが、USB PDという規格に対応した充電器です。 USB-Cで充電するための規格だと思っておけばOKです。

 

近年は据え置き型のPC(デスクトップパソコン)よりも
ノートパソコン、タブレットなどが人気です。
出先でもPC作業ができるのが強みです。

せっかく外で作業をしているのに、充電が切れたら話になりません。
そしてスマホの充電器は持っているのにPCは充電できないのは勿体ない。

 

ということで、スマホの充電もPCの充電もできる
モバイルバッテリーが、これからの時代必須アイテムです。

 

パソコンの充電器のオススメをコメントでいただいた。

UBookの記事では、たくさんの読者の方に支えられて
様々な情報をお届けすることができました。

 

コメント欄では皆さんが実験した結果を教えてくれたので
パソコンの充電についても詳しくなりました。

 

私の中で出た一つの答えが

  • USB PD対応のモバイルバッテリーと充電器
  • USB PD対応の充電ケーブル(3A対応ならOK)
  • PD充電45W以上

こんな充電器、モバイルバッテリーがあると安心して作業ができそうです。

 

 

USB PD対応のモバイルバッテリーはこれを買う事にした

残念ながら、まだAnkerからプラグ付きのモバイルバッテリーが出ないので
仕方なく、モバイルバッテリー専用機を買います。

USB PD対応じゃないと私のパソコンの充電ができないので
それだけ注意。
今回は比較的安いやつにしておきます。

 

購入するのはこれ

 

今時は中国メーカーの製品に頼るしかないので
質に関しては気にしない。

ただし、最近の中国のメーカーは返品保証がしっかりしているところが多いので
不良品だったらすぐ連絡すればOKです。

 

返品保証の評判がいい+値段が一番安い+45WのPD充電に対応しているので、
これを買います。

 

先日、ひろさん(@HiroM0313)には大変お世話になったので
そのリンクからAmazonに飛んで購入しました。あの時はありがとうございました。
(9月終わりくらいに購入されてるやつが、たぶん私の売り上げです。)

 

USB PD対応のモバイルバッテリーを使用した感想【2種類のUSB-Cケーブル付属】

まだポチったばかりなので、
商品が手元にありません。

届き次第、開封と使用感レビューを書きます。
少々お待ちください。

到着したのでレビューを書きます。

Amazonより、商品が到着しました。
先日、「Amazonを語るフィッシング詐欺」に引っかかってクレジットカードを止めたので、代金が清算されないトラブルもありましたが、無事に商品を受け取れました。

 

中には同じ日に注文したPD充電対応のUSB-Cモバイルバッテリーと、水圧の強い格安シャワーヘッドが入っていました。

 

外箱にはしっかり、45WのPD充電ができる旨が記載されているので一安心。

 

Amazonあるあるな「商品開封済み」もなく、まごう事なき新品でした。

 

裏面を見ると、Type-CのOutputのところに20V2.25Aと書いてあります。

 

箱を開けると中身はこんな感じ。

内容物は

  • 本体
  • 説明書
  • USB-C~USB-Cケーブル(PD対応)
  • USB-A~MicroUSB or USB-Cケーブル

付属品もばっちり。ケーブルが入っているのが助かりますね。

ちなみにUSB-A~USB-Cで充電すると、12V / 1.5Aなので、18Wしか出力できません。(QC3.0 は対応)

 

とはいえこのケーブルは助かるなあ。
まだMicroUSBの機器もたくさんあるので、まとめて使えます。

 

説明書は、日本語に対応しています。
細かく日本語の説明が書いてるので超助かる。
充電の残量を確認する方法が分からず、説明書に助けられました。

到着時、充電はゼロでした。
なので、充電をします。

充電器は、UMIDIGI F1 Playに付属していたもの(18W出力)を使用しています。
出力不足ではありますが、まあ一応充電できるので、しばらく待ちます。

 

で、PCを充電してみました。

一応、充電のランプがついています。
充電も少しされました。

 

 

 

モバイルバッテリーを全部使いきったら、39%から83%まで充電できました。

 

<以下、おすすめ記事です>

水圧の強いシャワーで快適な旅をしよう。【格安節水シャワーヘッド】

パソコンのSkypeやLINEでテレビ電話がしたい。ウェブカメラの選び方

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めたり、海外の会社に就職したり、新しいことがたくさんありました。今後も引き続き挑戦し続ける人になります。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! ブログでは ・働き方改革コラム ・中国語勉強コラム ・ガジェット紹介 をメインに、考えている事などを発信しています。 Twitterでは、日常的に考えている事を発信したり、後はフォロワーさんとの絡みに使ったりしています。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.