思い立ったら何でも全力でトライするよ

驚異の視力回復法。自力でも目が良くなるトレーニングを自宅で試そう

WRITER
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。

 

こんにちは、TOMOです。
自宅でできる視力回復法について、現在研究中です。
前回1か月間に及ぶ視力回復トレーニングに挑戦してみましたが
結果微差で視力が上がっていたので
もう少し継続と言う結論になりました。

 

今回、また誇大広告じゃないの!?って感じのタイトルの本を見つけたので
購入しました。

 

<購入した本はこちら>

いつまでたっても、こういう胡散臭い本は試さざるを得ないというか
つい気になっちゃうんですよね。

 

「驚異の視力回復法」っていう本を買ったので、自力で目が良くなるトレーニングを自宅で試そう

インターネットで視力回復について検索してみると
「絶対目が良くなる」とか、「誰でもできる簡単な」とか
耳障りの良い言葉ばっかり並んでいますが
「実践記」っていうのは見つかりません。

 

本当に簡単だったり、本当に目が良くなるなら
誰か試していてもよさそうだし、
もし目が良くならなくても、誰かが記事を書いていると思いますが

もしかして、誰も試したことないんじゃないの!?

という疑いの目を持ちながら、

だったら、自分がやれば良いじゃん!

ということで、今回も1か月間のガチ企画をやっていきます。

 

「驚異の視力回復法」が到着。どんな本なのかを紹介します。

「驚異の視力回復法」と言う本は、定価600円くらいで売っている
小さい本です。名前が凄いのとお手頃なので実践に選びました。

で、キャッチコピーが

「2週間で視力0.2が1.5まで向上!」

らしいです。
たぶん、私の視力は0.03とかそれくらいだと思うので、
同じ比率で行けば0.1くらいまでに回復するかもしれませんね。
希望がたくさんです。

 

ネットで買った本が到着。本当に「驚異の視力回復法」って書いてあった。

この本のコンセプトは、「脳」を刺激して目を良くするというものみたいです。
しかも1日たったの3分で済むみたい。
これは継続が苦手な人でも、ちょっとスマホ見る代わりとか、トイレ中とかに実践できそうですね。
(中身読んだら全然そんな事なかったです)

 

効果があると書いてある目のトラブル

2週間で視力が0.2→1.5まで回復するというので
間違いなく近視には効果があるっていう事なのでしょう。

近視のほかにも乱視、老眼、白内障、緑内障にまで効果があるんだそう。

 

私は現在、緑内障の疑いがあるといわれていますので
これはちょっと救いの一冊になるかもしれませんが、
「視神経が減っていたり」、「乳頭の露出が多い」という
緑内障の状況に対してどのようなアプローチで効果があるのかはさっぱり想像もつきません。

 

自力で視力回復に挑戦する本、「驚異の視力回復法」の著者の紹介。

早稲田大学の政経学部の卒業、なぜかその後視力回復法を研究
「脳を刺激したら目が良くなる」というトレーニングと出会って
日本にトレーニング法を持ち帰ってきました。

メディアでも多数取り上げられて、注目を浴びています。
視力回復に関する本を多数執筆されている、視力回復の専門家です。

 

ビジョン・フィットネスセンターっていうのは何だろうな?

「ビジョン・フィットネスセンター」と検索しても、HPは出てきませんでした。
もしかしたら本を出版した後、ビジョン・フィットネスセンターが法人化して「ビジョンサロン」っていう名前になったのかもしれないですね。

 

自力で視力回復に挑戦する。脳を鍛えれば視力アップできるらしい

物を見るという現象は、「目に映ったもの」を「脳で処理する」という作業で起きています。
長い間近視で困っていた人は脳が衰えるのか、視力回復トレーニングをしても目が良くならないことがあります。
「脳内視力回復法」というものを使って、目と同時に脳を鍛えてやると、
どんな悪い視力も劇的に回復するんだそうです。

 

中川メソッドって凄いですね。
アメリカに行って研究してきたというんだから期待大ですね。

自宅で視力回復トレーニングを試したい。今後の予定について

自宅で視力回復トレーニングをやります。
基本的にこの本を読んでトレーニングをやっていきますが、
本を読んでみると、やる事がたくさん書いてあります。

全部やる必要があるのか、かいつまんでやっていいのか判断がつかないですが、
「自宅で視力回復トレーニングを行う」という目的に対して
どうしても実現不可能なトレーニングも多く掲載されています。
Aコース、Bコース、Cコースに分かれていて、

 

  • 目の動きをよくする体操
  • 両目をバランスよく使う訓練
  • 視力を上げるトレーニング

と言う風に分かれています。
同じ目的の体操から一つずつ選んで
1日5~10分を目安に実践していこうと思います。

 

 

以下、おすすめ記事です。

視力回復は本当に可能なのか?自力で本を使って一か月挑戦してみた

この記事を書いている人 - WRITER -
TOMO
TOMOです。 2019年は会社を辞めて、 新しいことにひたすら挑戦し続ける年にします。 楽しそうなことには何でもチャレンジ! サラリーマンとしての知見 大好きな健康情報 筋トレ、野球関係 近々投資関係も勉強して記事化します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


        

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOMOが実践!THE 働き方改革+ , 2019 All Rights Reserved.